転職で年収交渉をするなら、転職エージェントが必須な理由

転職をするにあたって、できれば今より給与をアップしたいと思う方は多いのではないでしょうか。ですが年収交渉はデリケートな問題とあって、自分から言い出しにくい上に、失敗すると面接結果を左右しかねないことも。

そんな時に必須なのが転職エージェントです。今回は転職時の年収交渉に、なぜ転職エージェントが必須なのか、その理由をいくつか説明していきたいと思います。

年収交渉に転職エージェントを活用すべき理由

 将来のキャリア像を整理する

理由その1.直接応募の場合、交渉のタイミングがない

転職サイトを利用して企業に直接応募した場合、年収の条件交渉をするタイミングはほぼありません。

面接官側から給与の話を振ってくれる企業も4割ほどありますが、6割の企業は、そもそも年収交渉を受け付けていないか、応募者から話を振られない限り応じることはありません。

その4割の企業も、希望の年収を聞くことはあっても、希望を聞いただけで交渉にならないことがほとんどです。

自力で年収交渉をした場合、仮に交渉の話を切り出せたとしても、タイミングが悪かったり、年収交渉に固執しすぎたりすると、企業側からの印象が悪くなるというデメリットもあります。

しかし、転職エージェントを利用した場合であれば、応募者に変わって、キャリアコンサルタントが企業と年収交渉をしてくれるので、交渉のタイミングを気にすることなく、面接に集中することが出来るのです。

理由その2.転職エージェントは転職のプロだから

転職エージェントを利用すると、利用者一人に対し一人専属のキャリアコンサルタントが担当に付きます。

キャリアコンサルタントは利用者との面談の後、面接練習や企業ごとの面接対策、面接日程の調整などを行ってくれます。この時、転職エージェントのサービスで、コンサルタントに年収交渉をお任せすることが出来ます。

もし受けたい企業の給与が自分の希望とかけ離れていた場合、コンサルタントに給与交渉が出来ないか直接相談してみましょう。

転職エージェントでは面接が終了した後に、コンサルタントが面接した企業の人事部とやり取りを行っています。その時にコンサルタントは採用の可否と給与増の可能性があるかを知ることが出来るので、応募者にはできないタイミングで年収交渉を行ってくれるのです。

コンサルタントは多くの応募者を転職させてきた、転職のプロです。なので、年収交渉をプロにお任せしている間に、自分は面接練習や企業対策が出来る、といった利点もあるのです。

理由その3 転職エージェント側にもメリットがあるから

キャリアコンサルタントは応募者が採用されると、採用した企業から、その応募者の年収の3割程度を報酬として受け取ることが出来ます。

ですので、コンサルタントは応募者が可能な限り高い年収で採用してもらえるように、全力で交渉してくれます。

それは利用する応募者の為でもあり、またコンサルタント自信の評価や給与の為にもなり、コンサルタントが在籍する転職エージェントの利益の為にもなります。

そのため、応募者が少しでも希望に合った高い年収で採用されるように、コンサルタント側も全力でフォローしてくれるといったメリットがあるのです。

年収が必ず上がるとは言えませんが、年収交渉のプロに任せることで、希望に近い年収で採用される確率が上がるのは間違いないでしょう。

まとめ

働く上で年収はとても重要です。特に転職となると、前より多くの年収を望むのは当然のことだと思います。

いざ、自分で面接の時に切り出すとなると、どのタイミングで言ったらいいのか、言ったことで不採用になってしまうのではないか、などと考えてしまって、面接に集中できなくなってしまうこともあり得ます。

せっかく希望の企業に就職することが出来たのに、前にいた企業よりも年収が下がってしまったら、非常に残念ですよね。そういったことにならない為にも、転職エージェントを利用して年収交渉をする必要があります。

転職エージェントを利用するのも大切ですが、コンサルタントに頼り切らず、自分のスキルを磨いておくことも重要です。

自分のスキルを磨いておくことで、コンサルタントも年収交渉の時に後押しをしやすくなりますし、何より転職後のキャリアに活かせます。

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

転職エージェントから連絡が来ない場合の対処方法

【転職業界の裏事情】転職エージェントが年収の低い人を相手にしたくない理由がせつな...

転職エージェントの良い担当者の選び方とは?

スカウトメールが届いても、あっさりと不採用になってしまうのは何故か?

転職サイトのスカウト機能はブラック企業ばかり?本物のスカウトを見分ける方法を教え...

転職の口コミサイト「キャリコネ」「転職会議」「VORKERS」の信憑性を徹底調査...