転職活動における年収交渉のポイントをシェアするよ。

転職するときに気になる項目の一つには、年収についてでしょう。

転職経験者の半分近くは、転職活動のときに年収交渉をしているという結果もあります。しかし、年収についてどのように交渉していけば良いのか、まったく分からないという人もいることでしょう。

そこで、転職活動でどのように年収交渉をしていけば良いのか、紹介していきます。

 

転職活動時の年収交渉のポイント

将来のキャリア像を整理する

年収にこだわりすぎてはいけない

年収交渉の方法を紹介していくといいながら、年収にこだわるなと言われると戸惑うことでしょう。

しかし、転職活動のときに重視しなければならないのは、「自分がいくらもらえるか」ではなく、「その企業にどのくらい貢献できるのか」ということです。これがアピールできないと、そもそも年収の交渉もできません。

また、年収アップを望むのであれば、入社直後ではなく、「どのくらいの期間、どの程度貢献すると年収が上がるのか」を目的としたほうが、上手くいくケースが多いようです。

面接で年収の話をするタイミングは?

面接の段階で年収の話をするのは、できるだけ面接の後半が良いでしょう。また最終面接で年収の話をするのは嫌がられることが多いようです。

最もいいタイミングは、志望動機や職歴などを確認された後です。このタイミングであれば、自分がどのくらいその企業に貢献できるのかをアピールできるので、交渉がしやすくなるでしょう。

ただし、相場を知らずに、ただ自分の要望の金額を伝えるだけではいけません。自分が希望する職種の平均年収や、キャリアによる増額があるかなどは事前に把握しておきましょう。

なにごとも交渉前には、一通りに情報を調べておくことは最低限行うべきです。交渉の基本とも言えます。

転職エージェントを通じてなら、無難に年収交渉ができる。

年収交渉の手段は、自分だけで行なうものとは限りません。転職エージェントを通じて交渉する方法もあります。

転職エージェントは、企業と深いつながりを持っていることが多いので、内部情報も豊富です。そのため、転職エージェントに自分が希望する年収の最低限度額を伝えておき、交渉は転職エージェントに任せるという手段もあります。

もちろん自分が希望する職種に強い転職エージェントであることが前提なのは言うまでもありません。また転職エージェントを通じて、「自分の市場価値」を知っておくことも交渉の材料となるでしょう。

 

年収交渉の際に気をつけたい点

チェックポイント

年収の交渉をするときに注意したいのは、「勘違い」です。転職の動機はそれぞれでしょうが、入社してすぐに年収があがるということはありません。

もし年収アップを前提に転職をするのであれば、自分がかなり高いパフォーマンスを発揮し続けることが条件となるので、転職後のハードルが上がることになります。そのためにも、自分の市場価値を把握しておくことは重要なポイントになります。

また、多くの場合は前職より少ない年収からのスタートとなることも注意したいポイントです。年収がアップするのは「評価された後」ということを忘れてはなりません。

また、感情に訴えかけるような交渉もご法度です。中途採用で期待されるのは、即戦力としてどのくらい期待できるのかということであって、個人的な事情は無関係だからです。

どんなに経済的に厳しくても、まずは会社の利益を優先して動きましょう。その方が最終的に評価へつながり、年収アップにも貢献できるでしょう。

 

まとめ

年収交渉をすること自体は悪いことではありません。

しかし年収にこだわり過ぎては、選択肢を狭めるだけだということを忘れてはなりません。自分が何を求めて転職するのか、見失わずに活動をしていきましょう。

 

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

転職活動において「スキル不足」という問題をどうクリアするか?

今の会社でスキルが身につかないなら、転職を考える前に独学で学ぶべき理由

地方から東京へ転職する際に気をつける点。適当に活動すると失敗する理由

やっぱり入りたい大企業 中小企業からの逆転転職を決めるには

ソーシャルゲーム業界が盛り上がってるけど、安易に転職するのはオススメでき...

未経験からの転職は何歳までが限界か?転職のベストタイミングを考えてみた。