転職活動における年収交渉のポイントをシェアするよ。

転職するときに気になる項目の一つには、年収についてでしょう。

転職経験者の半分近くは、転職活動のときに年収交渉をしているという結果もあります。しかし、年収についてどのように交渉していけば良いのか、まったく分からないという人もいることでしょう。

そこで、転職活動でどのように年収交渉をしていけば良いのか、紹介していきます。

 

転職活動時の年収交渉のポイント

将来のキャリア像を整理する

年収にこだわりすぎてはいけない

年収交渉の方法を紹介していくといいながら、年収にこだわるなと言われると戸惑うことでしょう。

しかし、転職活動のときに重視しなければならないのは、「自分がいくらもらえるか」ではなく、「その企業にどのくらい貢献できるのか」ということです。これがアピールできないと、そもそも年収の交渉もできません。

また、年収アップを望むのであれば、入社直後ではなく、「どのくらいの期間、どの程度貢献すると年収が上がるのか」を目的としたほうが、上手くいくケースが多いようです。

面接で年収の話をするタイミングは?

面接の段階で年収の話をするのは、できるだけ面接の後半が良いでしょう。また最終面接で年収の話をするのは嫌がられることが多いようです。

最もいいタイミングは、志望動機や職歴などを確認された後です。このタイミングであれば、自分がどのくらいその企業に貢献できるのかをアピールできるので、交渉がしやすくなるでしょう。

ただし、相場を知らずに、ただ自分の要望の金額を伝えるだけではいけません。自分が希望する職種の平均年収や、キャリアによる増額があるかなどは事前に把握しておきましょう。

なにごとも交渉前には、一通りに情報を調べておくことは最低限行うべきです。交渉の基本とも言えます。

転職エージェントを通じてなら、無難に年収交渉ができる。

年収交渉の手段は、自分だけで行なうものとは限りません。転職エージェントを通じて交渉する方法もあります。

転職エージェントは、企業と深いつながりを持っていることが多いので、内部情報も豊富です。そのため、転職エージェントに自分が希望する年収の最低限度額を伝えておき、交渉は転職エージェントに任せるという手段もあります。

もちろん自分が希望する職種に強い転職エージェントであることが前提なのは言うまでもありません。また転職エージェントを通じて、「自分の市場価値」を知っておくことも交渉の材料となるでしょう。

 

年収交渉の際に気をつけたい点

チェックポイント

年収の交渉をするときに注意したいのは、「勘違い」です。転職の動機はそれぞれでしょうが、入社してすぐに年収があがるということはありません。

もし年収アップを前提に転職をするのであれば、自分がかなり高いパフォーマンスを発揮し続けることが条件となるので、転職後のハードルが上がることになります。そのためにも、自分の市場価値を把握しておくことは重要なポイントになります。

また、多くの場合は前職より少ない年収からのスタートとなることも注意したいポイントです。年収がアップするのは「評価された後」ということを忘れてはなりません。

また、感情に訴えかけるような交渉もご法度です。中途採用で期待されるのは、即戦力としてどのくらい期待できるのかということであって、個人的な事情は無関係だからです。

どんなに経済的に厳しくても、まずは会社の利益を優先して動きましょう。その方が最終的に評価へつながり、年収アップにも貢献できるでしょう。

 

まとめ

年収交渉をすること自体は悪いことではありません。

しかし年収にこだわり過ぎては、選択肢を狭めるだけだということを忘れてはなりません。自分が何を求めて転職するのか、見失わずに活動をしていきましょう。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら