五月病は誰もが経験すること?転職を考えるまえにすべきこと

四月に入社した新入社員や新入生が、ゴールデンウィークを終えるころになると、仕事にや学校に行くのが億劫になるのが五月病。

最近では新入社員だけではなく、中堅やベテラン社員にも見られるようです。この時期の乗り越え方はどうしたらいいのでしょう?

五月病は誰もが転職を考える時期

五月病

五月病とは何なのか?

就職や転職を機に、「よし、いっちょ頑張るか!」と気合を入れるのが4月の時期ですが、1か月が過ぎてゴールデンウィークの連休頃になると、思ってた理想と現実の間のギャップを感じ始め、ふとやる気がなくなる瞬間がやってきます。

単に大型連休のために労働意欲が低下するだけではなく、4月に上がっていてテンションが連休中に冷静に戻ります。そすると再び4月のようには、仕事に向かう情熱を持てない自分に気が付いてしまうわけです。

こんな状態を一般的には5月病と呼んでいますが、正式な病名ではなく、一時的なうつ状態のことで、5月に現れやすいというだけで、他の季節にも起こり得ます。

医学的な診断名としては「適応障害」というようで、鬱病に近い症状と言えるでしょう。

五月病になるのは新入社員だけではない

昔は五月病というと、会社に慣れてきた新入社員が、「なんとなく集中力が続かない」「やる気が出ない」ような状態になることを言っていましたが、最近ではベテランや管理職にも見られます。

新年度の四月から異動、一人暮らしなどの環境変化で今までの生活から大きく変化することがあります。そこで環境に適応できない事のストレスにより、理由不明確な心と体の不調に陥ってしまうわけです。

無気力や不安感、焦り、人間関係が憂鬱などの症状が出て、日々の生活に悪影響を与えてしまいます。五月病になるのは、新入社員だけではないので、要注意です。

五月病になりやすい人の特徴

五月病になりやすいのは、うつ病になりやすい人と同じで、責任感が強くてまじめな人や、几帳面な完璧主義者や、高い理想を持っている人忍耐力の高い人が挙げられます。

「自分はこんなものではないのに」「もっと高い次元で仕事がしたいのに」「こんなことも出来ないなんて情けない」とストレスが内へ内へと向かい、吐き出す場所がない人が5月病になりやすいと言えます。

五月病の対処法は?意外と気付かない心のバランス

うつ病診断

五月病は症状が鬱に近いため、目に見えて分かるものではありません。そのため、本人ですら気付いていない所で心と体のバランスが崩れている可能性があるのです。

心の問題なので、第三者から見て理解してもらえない事もありますが、症状が酷いと本人が判断した際には適切な対処が必要な事もあります。

自分一人で解決できないほど症状が悪化してきた場合は、家族や親密な人に相談したり診療内科に通ったりして対処する方が良いでしょう。

会社を辞める前にすべきこと

辞める前に考える

五月病になってしまうと、やる気や意欲がなくなり、何もかもがどうでもよくなってしまいます。

この時期に退職者が増えるのは、そういった理由も一つの要因なのですが、ちょっと待って。一度冷静になってみてください。

安易な決断で退職するのは考えもの

昔、経営者向けのセミナーに参加した時に、有名な脳科学者の先生が、「会議は業績がいい時に短時間やるようにしましょう」と言っていました。

業績が悪い時にああでもないこうでもないと言っても、ろくなアイデアは出てこないし、時間の無駄だという訳です。逆に、仕事がうまくいっている時の会議では、ポジティブで明るいアイデアがポンポンと出てきます。

五月病になった時に、いろいろ考える時にも同じことが言えます。調子が悪い時にあれこれ考えても、どうしてもネガティブな考えばかりが次々に湧いて出てきます。そんな時には少し思考を停止して、目の前の業務を片づけることだけに専心してみましょう。

自分ひとりで解決しようとしない

五月病になっている時には、視野が狭くなっていて大局的な観点から物事を判断できなくなっています。そんな時には冷静な第三者に相談してみるとよいでしょう。

ただし、相談する相手は誰でも良い訳ではありません。もし、相談相手が秘密を守れないような人の場合には、自分の知らないところで不利益が生じる可能性もあります。

まずは、「誰に相談したらいいかを相談する」といいでしょう。仕事の利害関係にない友人や身内に相談するのもいいでしょう。悩みは口に出すことで半分以上は解決しているなんてことも言いますから。

あとは転職エージェントに登録してキャリアコンサルタントに相談するのも一つの手です。転職をごり押しされそうだと心配するかもしれませんが、そんなことはありません。

最近は転職エージェントの質も上がってきており、現職を続けるのも一つの手段であることを前提にアドバイスしてくれます。

いずれにしても、一人で解決しようとせず、周囲に相談することがまず重要です。

五月病が続いたり、どうしても仕事がキツく感じる場合の対処方法

五月病

冷却期間を置く

仕事は生きていく糧をえるための手段の一つです。手段のために人生の目的が阻害されるのであれば本末転倒です。長期休暇をとるなどして、人生における仕事の意味についてゆっくり考えるのもよいでしょう。

睡眠時間を多く取る

ストレスや疲労がたまってくると、人間はろくでもないことを考え始めます。そんな時には、リラックスして寝るのが一番です。

寝られないほどの精神状態に追い込まれているのであれば、ただの五月病ではなく、うつ病の可能性もあります。心療内科を受診しましょう。

リフレッシュする

ゆったりとした気分になれる景色のいいところに旅行したり、温泉宿に泊まったり気分転換をするとよいでしょう。

転職を考える

どうしても今の仕事を続けられそうになければ、転職を考えることも視野に入ってきます。ただし、その場合も「やりたいことがある」のが絶対条件になります。

「なんとなく」の気分を優先して仕事を辞めてしまうだけでは、転職先でも同じことを繰り返す可能性があります。

「最低でも3年」なんて根拠のないことを言うつもりはありませんが、本当にやりたいことがあるのかどうか、じっくり考えるようにしましょう。

五月病で転職は正当な理由になるのか

考えるビジネスマン

前途のように、五月病は鬱の症状に近いものがあります。そのため、五月病なので転職したいと言うと、周囲からは怠慢だという心の声が聞こえてきそうです。

当然、五月病で転職する場合は他の理由を付けて説明するでしょう。ただ、環境が変わった事に適応するストレスは、全ての人が経験することです。

目の前の苦痛から一旦抜け出すためだけに転職で対処しようとするのであれば、一度踏みとどまった方が良いでしょう。

もし、我慢し続ける事で胃が痛くなるなどの体調面に如実に現れるほどであれば、転職理由として正当なものとして見られるでしょう。

しかし、その場合でもきちんと理由を伝える必要がありますので、キャリアコンサルタントと相談して、きちんと納得できる転職理由を説明できるようにしましょう。

五月病は、ほぼ全ての人に訪れ、そしてそれを乗り越えた人こそが社会で活躍できるのです。

環境の変化に感情的に耐えられなくなった時は、周囲の人に力を借りながら乗り越えてみましょう。一度乗り越える努力をしなければ、次の会社でも同じ事が起こります。

感情的な理由は全て排除して乗り越える努力をし、それでも苦しい場合は、逆に早めに転職するべきでしょう。

まとめ

五月病なんて「気のせい」と思っている人も多く、なかなか理解されないことが多いですが、当の本人とってはとても辛い時期です。なんとかうまく乗り越えられることを祈っております。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら