どうしても大企業で働きたいのなら、派遣で入社する道も模索しよう。

就職先について、どのような希望を抱くかは人それぞれあることでしょう。中には「絶対正社員で!」と意気込んで就職活動を行なっている人もいるかもしれません。

しかし、現在では正社員雇用への道が非常に険しいものとなっており、大手企業であれば、その門は非常に狭くなっています。

もしブランド意識が強く、大手企業への就職を考えているなら、派遣社員として入社する方法もあります。

正社員だからといって優遇されるわけではない

不遇

大手企業への正社員になれると、確かにある程度の安定性は得ることができるでしょう。しかし採算が取れない部門やプロジェクトはあっさり閉じらますし、畑違いの部署へと配属されたり、不向きな仕事を回される可能性も充分にあります。

また、ミスをしても解雇されにくい傾向がありますが、評価が低いままで職場に留まることができる精神力が無い限り、心身の健康が悪くなる一方でしょう。

その点、派遣社員の場合は、自分のスキルにあった職場に派遣されることが多いので、安定して留まっていられるというメリットがあります。スキルアップを考えている人には魅力的なものではないでしょうか。

正社員として入るより、派遣のほうが入社しやすい

謙虚さ

派遣社員という立場は、待遇面で何かと不利な条件が多いものです。しかし、中小企業で正社員として就職しても、倒産リスクが昔に比べて高くなっている今は、どちらがいいか簡単に比較できるものでもありません。

また、大手企業へ正社員として就職しようにも、エントリーシートの段階ではじかれてしまったり、いくつのもの面接を重ねなければならなかったりと、その道程は非常に長くなっています。それに比べると、人材派遣会社の場合は、スキルさえあれば登録可能ですし、ある程度、要望を融通してくれることもあります。

最初のうちは大手企業への派遣ではなくても、しっかりと目標を定めてスキルを磨いていけば、大手企業へ派遣されることも可能になります。

企業側からしてみても、いきなり正社員として採用するよりも、リスクの少ない派遣社員のほうが受け入れやすいわけです。あえて派遣からスタートする道も考えておいて損はないでしょう。

大手企業に派遣されるからこその待遇もある

中小企業の正社員と大企業の派遣社員を比べた場合、働きやすさが断然に違うという意見が多くあります。

実際、大手企業だと待遇面で正社員と派遣社員であまり変わらないことが多いです。派遣社員とはいえ、戦力の一つとして重要視しているからこそと言えるでしょう。

社員食堂の利用や、厚生施設、有給休暇の取りやすさなどで正社員と同様になっていることが多く見られます。

また、大手企業では優秀な人材が集まりやすいので、効率よく結果を出すための一環として、労働環境をしっかりと整えてくれていることもあります。

正社員と派遣の差別があまりない環境。それが大手企業に派遣される大きなメリットと言えるでしょう。

派遣社員から正社員雇用の可能性はゼロではない

データ

夢のある話として、よく言われるのが派遣社員から正社員への雇用がある、という話です。

様々な所で、一般的な能力しかないなら正社員への雇用はされないと言われていますが、そもそも大企業へ派遣されるるには、ある程度の能力がないと難しいものです。そこで派遣延長を望まれる場合は、それなりに評価してもらっていると考えても良いでしょう。

企業側のコスト面を考えると、派遣社員から正社員雇用となるのは簡単ではありませんが、決してゼロではありません。派遣から正社員になるのは、どのような貢献が求められているのか、正社員雇用がされやすい部署はどこなのかを確認しておく必要があります。

派遣社員として大手企業に勤めつつ情報収集を行ない、正社員の道を目指す道も模索しておくべきです。

本気で派遣から正社員になるのなら紹介予定派遣も考えよう

指摘

とは言え、一度派遣として入社してしまうと、そこから這い上がっていくのは難しいケースが多いのも事実です。派遣から正社員になるには、正社員になることを前提に入社したほうが一番確率が高いでしょう。

そこで最近注目されてきてるのが「紹介予定派遣」という制度です。簡単に言ってしまうと、紹介予定派遣は一定期間派遣として働いた後、企業と派遣労働者が同意すれば正社員として働けます。

大企業での正社員となると、いささかハードルが上がりますが、通常の派遣と比べれば正社員への可能性は高まってくるはずです。

紹介予定派遣を扱ってる派遣会社はいくつかありますが、実績ベースで考えるならレバレジーズ社が運営している「ハタラクティブハケン」がオススメです。

このハタラクティブハケンのすごいところは、派遣からの正社員登用の実績が82%とずば抜けてる点です。大手の派遣会社と違って、きめ細かいサービスを行ってるからこその実績でしょう。

少しでも正社員採用の確率を上げるには、実績の高い派遣会社経由で応募するのがマストです。紹介予定派遣を考えてる人は登録しておいて損はない転職サービスでしょう。

>>ハタラクティブハケンに登録する。

 まとめ

経済情勢が安定しない中、正社員雇用を望む傾向が強く出るのは仕方ないことですが、無い物ねだりをするのも無意味です。

最初から狭いと分かっている正社員雇用の道よりは、派遣社員として大手企業で働くことを目指したほうが、よほど近道です。大手企業を目指すならば、派遣社員などから攻める方法も良いのではないでしょうか。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら