給料が安いから転職するのはアリ?仕事を辞める前の見極めポイントを解説!

給料は生活を保つための大切なツールです。

給料が安いという理由で転職することは、自身や家族を守るためには仕方がない面もあるでしょう。

ただし、仕事を辞める前に、本当に給料が上がらないのかどうかは慎重に見極めなくてはなりません。

転職してさらに給料が下がる、仕事内容や労働環境などで後悔するといったことは避けたいですよね。

そこで今回は、給料が安いという理由で転職を考える人の見極めポイントを解説します。

頑張って仕事をしても給料が安いのは何故?企業側の本音

いくら頑張ってもなかなか給料が上がらないと嘆いてる人は昔も今も多いです。

努力の給料が比例しないのには理由があり、そこに企業の本音が隠されています。

人件費を抑えることで利益を出したいから

企業活動には、設備費や光熱費、広告費など、さまざまな経費がかかっています。

いくら売上が伸びても、経費が多くかかれば利益にはなりませんよね。

企業にとって経費をいかに抑えるかが、実際に利益をだすために重要な課題となっているわけです。

特に人件費は残業を減らしたり、若手やアルバイトを活用したりと、費用削減方法が豊富で、コスト削減の対象になりやすい分野です。

人件費を抑えることができれば、同じ売上でも利益が増えるため、できるだけ安い給料にしておきたいのです。

企業側と労働者側の「給料の意味」が違うから

労働者側は、「頑張って仕事をすればその分給料が上がって当然。」と思います。

一方、企業側は、「問題にならない程度の給料を支払ってさえおけば、余分に給料を支払う必要はない。」と考えるケースが多いのです。

企業にとって労働者の給料は頑張ったご褒美ではなく、あくまでも毎月のコストだからです。

そもそも両者の給料の意味が違いますので、労働者側から見て納得できる給料は得られないのです。

他の方法を使って同じ質の業務を提供できるから

労働者側からすると、長く勤めていることで経験値が増え、企業への貢献度が上がっていると感じます。

しかし、企業からすると、さまざまな工夫によって、より低いコストで同じ品質の業務をやってもらうことができます。

今ならIT技術の進歩でこれまでの人が行ってきた仕事がどんどんロボットに置き換えられてますし、単純な仕事でしたら人件費の安い国が請け負ってるケースも非常に多いです。

同じ質の業務を提供されるなら、企業は迷わずコストがかからない方を選択します。

労働者は、これまでと同じレベルの仕事をして給料アップを望むことは難しいというわけのです。

今の会社に居続けて給料は上がるのか。見極める3つのポイント

給料が安いままだと会社を辞めることも検討すると思いますが、安易に辞めるのは危険です。

退職する前に今の会社に居続けることで給料が上がる見込みはあるのか?を見極めてから行動に移しましょう。

具体的な見極めポイントは以下のとおりです。

1.給与規則を確認する

まずは会社の給与規則を確認しましょう。

就業規則の中に給与項目があるケース、給与規則として単独で存在しているケースとがあります。

給与規則によって、昇給幅や回数などが明確に示されている場合は、基本的に毎年昇給していきます。

そのほか、明確な評価制度が存在している場合も、会社の給与テーブルが整っていますので、給料が上がる可能性があるでしょう。

明示されているのに昇給しないとういことは、就業規則違反となりますので、よほどの理由がなければなりません。

給与規則が存在しない、「業績による」など曖昧な文言しか書かれていない場合は、給料が上がる保証はありません。期待しない方がいいでしょう。

2.会社の業績から原資があるかを予測する

会社の業績が悪ければ、給料が上がる可能性は限りなく低いでしょう。

労働者の給料を上げるだけの原資がないからです。

会社の業績とは、単純に今だけのことではなく、今後どうなのかとい視点も忘れてはなりません。

たとえば以下の点が見極めポイントになるでしょう。

  • 勤務先が扱っている商品やサービスの将来性はどうか
  • 業界内のシェアはどのくらいか
  • 競合他社の参入は増えていくのか
  • 経営陣の覚悟と新しい道を切り開く動きはあるのかどうか

現状の経営状況の把握はもちろんですが、上記の視点も踏まえて今後の経営がどう傾くのか把握しておくことが重要です。

3.中堅社員がどれくらいいるか

30代~40代の中堅社員層がどの程度いるかによって、今後給料が上がるのかが見えてきます。

この世代は、子供の教育費や持ち家購入などでもっともお金がかかり、経験が豊富で高い給料をもらうだけの理由もあります。

中堅社員層が少ないということは、経験を積んでも給料アップが見込めず、生活が厳しくなって自ら辞めていった人が多い企業ということを意味しています。

逆に50代以降の人材は、転職チャンスが少ないことと、すでに定年を見据えた働き方をしている人が多いです。

なので、50代以降の人は給料が低くても我慢している可能性も高いため、あまり参考にならないと思います。

給料アップが望めないのであれば、転職したほうがいい

上記の見極めポイントを当てはめたうえで、給料アップが望めないと判断した場合、転職したほうがいいでしょう。

今の会社で給料アップを期待するのは現実的ではありませんからね。

昇給規定があれば多少は上がりますが、よくても毎年5,000円程度が一般的で、1,000円しか上がらない企業もあります。

基本的に企業はコスト意識が強く、頑張ったからと言って給料を大幅に上げる可能性は低いでしょう。

今の会社に居続けるよりも、転職する方が手っ取り早いです。

給与テーブルは企業ごとに異なりますし、同じような仕事でも会社が違うだけで大幅にアップする可能性もあるからです。

現在の企業相手に給料交渉をしても無駄に終わることがほとんどですが、転職の場面では交渉の余地もあるでしょう。

普通に転職活動をしても年収が下がるケースが多いため、転職エージェントの活用は必須

今の会社にいるより給料が上がる可能性が高い転職ですが、普通に転職活動をしても、一般的には年収が下がるケースの方が多いです。

理由は以下のことが考えられます。

  • 応募先を見極める力がなく質の悪い求人に応募してしまうから
  • 企業は転職者の能力をあくまでも入社後に判断したいと考え、入社時点で高い給料を提示できないから
  • 応募者が面接で上手くアピールできず、給与アップの材料を提示できないから
  • 個人での給与交渉は難易度が高く、交渉が失敗に終わるケースが多いから

 

しかし、転職エージェントを活用することで給料を上げることが可能になります。

転職エージェントを利用すると以下のようなメリットがあり、結果的に給料アップにつながりやすくなります。

  • 掲載時には企業審査がおこなわれており、質の高い求人が集まるから
  • 面接での効果的なアピール方法など、転職ノウハウを教えてくれるから
  • 転職エージェントというフィルターを通した応募者に企業は安心感を持つから
  • プロが代わりに給与交渉をおこなってくれるから

上記のメリットを全てクリアしてるのはリクルートエージェントです。

リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営している転職エージェントです。

転職業界の中でも最大手のエージェントですので、転職する際はまずはリクルートエージェントに相談すると失敗せずに済みます。

登録から相談まで全て無料ですので、きちんと活用しましょう。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

まとめ

いつまでも給料が安いことに不満を感じることは無理もありませんが、企業側の本音を知ると、簡単に給料が上がる可能性は低いことが分かります。

給料が安いという理由で転職することも間違っていませんから、今の会社で本当に給料が上がらないのかをしっかり見極めましょう。

転職の際はプロの力を借り、効果的なアピールをすることで、給料アップ転職を成功させましょう。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

 
リクルートエージェント
リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

就職Shop
同じくリクルートグループが運営している20代若手向けの転職エージェント。正社員未経験験でも多数の転職成功者を輩出しています。書類選考は一切ないため、初めて転職する人でも内定を得やすい点も◎。また若手向けでは珍しく営業職以外の求人も多く揃っています。営業職から別の職種へ転職したい人にもうってつけの転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎就職Shopの詳細はこちら

type転職エージェント
年収交渉力に長けた転職エージェント。転職で年収UPを目標にサポートしているため、転職後の年収UP率は70%を超えています。それぞれ業界ごとに担当が就くので、業界に精通したキャリアカウンセラーがあなたを年収UPに導きます。今の年収に不満がある人は相談してみましょう。

▶︎▶︎type転職エージェントの詳細はこちら