転職の口コミサイト「キャリコネ」「転職会議」「VORKERS」の信憑性を徹底調査してみた

転職を考えているときに、どのような方法で転職先を探しますか? 

ハローワークや転職情報誌などを活用する人もいるでしょうし、中にはインターネットを活用して転職活動をしている人もいると思います。

インターネットを活用して転職活動をしているならば、「転職口コミサイト」を利用している人もいるのではないでしょうか。

口コミサイト利用者にとって、気になるのは、口コミにどのくらいの信憑性があるか、という点だと思います。

今回、転職サイトでもよく名前を聞く「キャリコネ」「転職会議」「VORKERS」について評判をまとめてみました。

「キャリコネ」は口コミ調査、転職サポートの両面で利用できる

キャリコネ

「キャリコネ」は、最大級の転職口コミサイトの一つとして有名です。

他の口コミサイトと異なるのは、会員になるまでの手続きが面倒である点です。

800字以上の職務経歴書などを書いて登録する必要があるので、中途半端な気持ちで登録している人は非常に少ないと言えます。

また、投稿の内容も審査されてから公開されるという手続きをとっているので、デタラメな内容を書いて投稿すると、退会処置も行なわれることがあるようです。

口コミの評判についてどうなのかという点では、会員登録までの道筋が遠いためか、かなり悪い点も良い点も非常に参考になる情報が多く掲載されています。

他のサイトと違って社内恋愛事情なども投稿されているので、とくに人間関係が気になる人には非常に参考になる口コミが多く掲載されています。

キャリコネの情報を元に実際に転職して上手くいったという話もよく聞きくらいです。

そしてキャリコネの場合、口コミ情報よりも実際の転職活動のサポートがかなり評価が高くなっています。

口コミの投稿内容もキャリコネに所属している転職エージェントが審査をしているということですから、信憑性は高いと言えるでしょう。

転職を考えてるなら、口コミ調査と転職サポートの両面から考えても登録しておいて損はないはずです。

▶︎▶︎キャリコネで企業の口コミを確認する

「転職会議」は、ポイント制度を利用して信憑性を高めている

転職会議

転職会議は、口コミ数、会員数ともに最大級の転職口コミサイトで、会員登録をすることで口コミの内容を閲覧することができます。

ただし、口コミを見るには、月額料金を支払うか、口コミを投稿してポイントをもらう必要があります。

このようなシステムにすることで、少しでも口コミの信憑性をあげようとする、運営側の工夫と言えるでしょう。

実際の口コミは、年齢や性別が適当に書かれていることがあり、それが信憑性を低くさせてしまっているのが残念です。

基本的には、転職を本気で考えている人たちが投稿しているので、悪い点についての信憑性は高いといえます。

では、良い点について信憑性がないのか、というとそういったわけでもありませんが、利用者の層を考えると、何らかの不満をもってその企業を辞めたということが大半です。

そう考えると、良い評価よりは悪い評価のほうがリアルな実情を示してるケースが多くなるのが自然でしょう。

実際の利用者も、良い評判と悪い評判の両方を見て、参考情報にしていることが多いようです。

▶︎▶︎転職会議で口コミを確認する。

「VORKERS」はレビュー形式で信憑性が高まる

VORKERS

先に紹介した転職口コミサイトよりも多少知名度は落ちるかもしれませんが、企業の多角的評価は、このサイトが一番参考になるのではないでしょうか。

社風から経営者への提言、倫理観はどうか、など細部にわたって評価をつけているので、非常に参考になることでしょう。

また、口コミの内容は、レビュー形式になっているので、口コミサイトというよりもレビューサイトと呼んだほうが良いのではないかとさえ思います。

レビュー形式になると、単純な口コミよりもロジックが必要になることから、ウソ情報も見極めやすくなります。

社員でないと評価もできない仕組みが情報の信憑性を高めているのでしょうね。

ただし先述したとおり、規模や知名度的には転職会議やキャリコネに比べるとやや落ちるので、投稿されてる口コミが少ない傾向にあります。

有名な企業はもちろん網羅されてますが、中小企業だとレビューがそもそも投稿されていない、ということも普通にありますので注意が必要です。

▶︎▶︎VORKERSで口コミを確認する。

転職口コミサイトの上手な利用方法

不安

以上、三大口コミサイトということで3つのサイトを紹介しましたが、最後に注意点があります。

インターネットの宿命として、匿名性が強く出ている以上、「なりすまし」を完全に防ぐことは不可能であるということです。

特に口コミ系のサイトでは、投稿者に対して何らかの特典を与えることが多く、その特典を目当てに、あることないことを投稿する人もいるからです。

今回紹介した口コミサイトでは、比較的そのような心配は少ないので、転職を本気で考えているなら、どんどん活用していくようにしましょう。

また、企業の評価を見るときは、良い点と悪い点を必ず確認するようにしましょう。そうすることでより客観的な判断もできるようになります。

そして口コミサイトの弱点として、複数人による投稿のため、真逆の内容の口コミも存在します。

それらの投稿に目を通して、最終判断をするのは自分ですから、少しでも後悔のないように情報を集めていくようにしましょう。

できれば口コミサイトは一つだけでなく、複数登録しておくことを勧めます。

複数登録することで同じ企業の口コミを複数のサイトから口コミを確認できますので、より多角的に判断できるからです。

まとめ

転職は人生でそう何度も経験しないものです。だからこそ転職する際は、事前になるべく多くの情報を集めておく必要があります。

転職の口コミサイトの信憑性については色々と言われてる部分がありますが、えり好みせず、まずは登録して確認してみましょう。

判断材料を多く揃えることで転職の失敗率は大きく下がります。事前のリサーチがものを言うので、面倒くさがらずにやってみましょう。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

 
リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

ハタラクティブ
第二新卒、20代フリーターに特化した転職エージェント。サポート力に定評があり、正社員経験のない人でも多くの人が転職に成功してます。書類選考通過率90%内定率80%越えと圧倒的な実績を誇ります。未経験OKの求人が多い点も◎。厚生労働省の認定サービスですので安心して利用できます。

▶︎▶︎ハタラクティブの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら