月収30万越えも?期間工で働く4つのメリットと月収が高い理由とは

製造工場などで期間を決めて働く「期間工」という働き方は、工場での肉体労働や雇用が安定しないことから、デメリットが大きいと感じる方も多いですよね。

実を言うと、期間工はそれなりにメリットが大きい働き方の1つです。

特に、「短期的にバリバリ稼ぎたい!」という方にはおすすめの働き方と言えるでしょう。

月収30万以上稼ぐ方も普通にいる、高収入が目指せる働き方ですよ。

期間工の月収がそれほどまでに高いのは一体なぜなのでしょうか。今回は、期間工で働くことのメリットや月収が高い理由を紹介します。

期間工で働く4つのメリットとは?

工場で働いたことがない人にとって、期間工で働くイメージがなかなか沸かないと思います。

まずは期間工で働くことによる得られるメリットを紹介しますので、ご参考までにどうぞ。

1.月収がいい

期間工で働く最大のメリットは月収がいいことです。

月収20万円以上は当たり前、残業代を含めれば30万円超えも珍しくなく、一般的なサラリーマンと同等かそれ以上稼ぐことも可能なのです。

年収ベースで見ると、手取り300万円以上はごく普通、中には450万円以上稼ぐ方もいます。

そのため、とにかく稼ぎたい!という人が多く期間工を希望されてるわけです。

2.学歴や経験がなくても採用されやすい

求人媒体などで期間工の応募を見ると、学歴や経験を問わない求人が多くあります。

工場勤務なので体力面や健康面は重要ですが、逆に言えば、健康で体力がある人なら採用される可能性がぐっと上がります。

できるだけ早くお金を貯めたいといった方でも、短期的にお金を稼ぐことがしやすい働き方です。

3.煩わしい人間関係に悩む必要がない

働く期間が決まっている期間工は、職場の人間関係を割り切って考えることができます。

期間内に働くことだけに集中すれば、嫌な上司や同僚がいてもさほど気にしないで過ごせるでしょう。

正社員のように将来の出世のために上司に気を遣う、人間関係を良好に保つためにプライベートを犠牲にする必要もありません。

仕事上の付き合いが苦痛な人にとって大きなメリットと言えますね。

4.大手企業で働くことができる

期間工の募集は主に大手自動車メーカーなどでおこなわれているため、大手企業で働けるチャンスです。

大手は福利厚生に恵まれており、期間工も無料や格安で社員寮に入れたり、低価格の社員食堂を利用できたりします。

福利厚生の利用で生活出費自体を抑えることができ、月収もいいため、とにかくお金を貯めたい方にも適しているのです。

なぜ期間工の給料は高額なの?4つの理由を解説

期間工が意外と給料が高額なのは前述した通りですが、なぜここまで高額なのか気になる人も多いでしょう。

下記で期間工の給与が高額の理由につて解説しますね。

1.割増賃金をしっかり受け取れるから

期間工は正社員にありがちなサービス残業がない分、残業、深夜、休日出勤手当などをしっかり受け取ることができます。

割増賃金がつくため積極的に残業や深夜勤務をおこなう期間工の方も多く、月収がいい大きな理由の1つとなっています。

もともとの時給が高めなので、そこでさらに残業手当が充てられることで給料が高くなっていくというわけです。

2.高額でなければ人が集まらないから

期間工に応募してくる人は基本的に稼ぐことを目的としているため、手取りを比較して高月収の求人に応募する傾向にあります。

つまり、給料が高額でなければ期間工が集まらないということです。

企業側にとっては、賞与や退職金などの固定費がかかる正社員を増やすより、期間工を雇う方がトータルでの人件費を抑えることができます。

多少時給が高くても期間工を増やしたいとの企業側の思惑が高月収につながるのです。

3.交代制が基本で不規則だから

期間工は主に24時間稼働の工場において交代制で働きます。

交代制は深夜労働もあり、日勤のみの働き方より不規則になるでしょう。

体力的にきつい面が大きいため、時給が高めに設定され、それなりの月収がもらえるのです。

4.期間が決まっていて安定しないから

期間工はその名の通り期間満了とともに仕事がなくなります。

期間を決めて稼げる反面、満了後の仕事が保証されていません。

雇用リスクがある期間工に対しては、一般的に安定的だと言われる正社員より月収を高くすることはごく自然なことだと言えるでしょう。

期間工希望の方におすすめの求人サイトは?

メリットが大きい期間工として働きたい人は今なら「期間工.jp」を使って仕事探しをするのがベストです。

期間工求人を探す方にとっては利用価値の高い求人サイトです。

主な特徴を下記に挙げますのでご参考までにどうぞ。

全国の期間工、工場求人に絞って探すことができる

期間工.jpは全国の工場や期間工の求人を専門で扱っている求人情報サイトで、全国1400件以上の豊富な求人件数を誇ります。※2017/10現在

一般的な求人媒体で期間工を探すと、求人数が少ない、勤務地が地元に限られているといったデメリットがあります

しかし、期間工.jpなら全国の工場や期間工求人に絞って探せるため、効率のいい仕事探しができるわけです。

希望の条件ごとに検索可能

工場勤務とひとくちに言っても、細かい希望はいろいろあるでしょう。

  • 「自宅から通いやすい工場で働きたい。」
  • 「寮がある工場を希望する。」

などなど、挙げればキリがないほどです。

サイト内の検索機能を使えば、業種や職種、都道府県、駅・路線名、寮完備や期間工、正社員など希望に合わせた探し方ができます

プロに相談することもできる

自分で求人探しをするのが面倒な方や、期間工や工場求人に不安や疑問がある方は、期間工.jpのスタッフから求人紹介を受けることもできます。

親身になって相談に乗ってくれて、意欲の高いスタッフが多いと評判です。

給与前金があるか、準備金はどうすればいいのかといったお金の話から、勤務先での寮の手配までサポートしてくれるなど、丁寧な対応に期待できます。

選考会参加&入社祝金が支給される求人が多い

期間工.jpの求人を見ていると気づくと思いますが、選考会参加費や入社祝い金が支給される求人がかなり多いです。

特に今であれば選考会参加費と入社祝い金を合わせて、最大で55万円支給される求人もあります。※2017/10現在

最近は正社員求人でさえ入社祝い金が出ないケースが多いにおに、この待遇はだいぶ太っ腹と言えるでしょう。

選考会参加費や入社祝い金については求人によって支給条件も細かく違ってくるので、サイトにてしっかり確認しましょう。

▶︎▶︎期間工.jpで求人を見てみる

まとめ

期間工は月収が高く、期間限定の働き方ならではのさまざまなメリットがあります

月収が高い分時間が不規則で体力的な負担はありますが、一時的に稼ぎたい方にぴったりの働き方と言えるでしょう。

夢があってお金を貯めたい方、メリハリをつけた働き方がしたい方は、働き方の選択肢の1つに入れてみてはいかがでしょうか。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら