転職するなら若いうちが有利?それとも経験を積んでから?ベストな転職タイミングとは

転職を考えた際、どのタイミングで転職するのがベストか、けっこう悩みどころでもあります。

若いうちの方が有利という意見もあれば、即戦力が求められるから経験を積んでからのほうがいいなど、様々な意見がありますよね。

どちらの言い分も理にかなってるので結局のところ、どっちがいいのか結論が出ない人も多いことでしょう。

今回は転職のベストなタイミングについて考察します。

若いうちに転職するメリット

転職 若いうち

「転職するなら若いうちのほうがいい」とよく聞きますよね。

まずは若いうちに転職するメリットを紹介していきます。

求人が多い

若いうちに転職するに際しての、最大のセールスポイントは当たり前ですが「若さ」です。

基本的にどの業界も未経験者の場合はまず第一に若い人材を求めています

特にベンチャー企業などは「志はあるけど仕事は過酷」という所が多いので、若いほうが有利です。

事実、ベンチャー企業では平均年齢が若い傾向にあります。

早めにキャリアチェンジできる

現在働いている企業の業界に対しての適性がないと感じた場合には、若いうちに転職した方がよいでしょう。

特定の業界にで長く経験を積んだ後だと、年齢も上がり、あらたな業界にチャレンジするのが難しくなります。

もし本当にチャレンジしたい仕事や業界が見つかったのなら、若いうちに思い切って転職するのもよいでしょう。

未経験へのチャレンジがしやすいのも若いうちのメリットです。

若いうちに転職するデメリットとは?

負い目

若いうちの転職もメリットばかりではありません。デメリットもきちんと把握したうえで転職を考えるべきです。

では、若いうちの転職によるデメリットを挙げていきます。

経験不足を疑われる

転職先の企業でまず確認されるのは、会社の業務全般をこなせる、基礎的な能力があるかどうかです。

自分がいかに「こんなスキルがある」と思っていても相手はそこだけを見ている訳ではありません。

特に中途で入社する場合は、既存の社員とのバランスが考慮されます。

なので若いとまだまだ、社会的にも人間的にも経験不足だと見られてしまいがちです。

ただし、同業他社への転職の場合は、この限りではないこともあります。

再転職への不安を抱かれる

転職先の企業にしても人材の確保は懸案事項です。採用するからにはやはり、できるだけ長期間働いてもらいたいと考えます。

特に若い人の転職の場合は「また転職していなくなるんじゃないか」と考えられてしまいがちです。

人事のこういった不安をどうやって払拭するかがカギです。

社会的な信用が低下する

転職後に住宅ローンや車のローンを組もうとした時に、審査が下りなくなってしまう可能性があります。

ローンの審査では勤続年数が重要なファクターとなっており、最低限の勤続年数に満たない場合には、門前払いをくらってしまうこともあります。

これからローンを組もうと考えてる人は、転職のタイミングを慎重に考えるべきでしょう。

経験を積んでから転職するメリット

グッド転職

お次は経験を積んでから転職する場合についてです。

転職市場では即戦力が求められる傾向にあるので、経験を積んでいればその分有利になる傾向にあります。

経験を積んでから転職するメリットをまとめました。

自分を高く売れる

特定の業界で長くキャリアを積んだ人の場合、そのポストを求めている企業に高待遇で迎えられる可能性が高くなります。

管理職候補の募集でも、経験者が優遇されることがほとんどなので、転職を利用してキャリアップしやすいのも大きなメリットです。

心機一転できる

同じ会社で、同じメンバーで、長いこと同じ仕事をしていると、どうしてもマンネリ化は避けられません

その様な時に転職をすると、新たな気持ちで仕事に臨むことができるでしょう。

マンネリから脱することで仕事の意欲が上がるこtもあるので、転職がいいきっかけになるかもしれません。

本当にやりたい仕事ができる

若い頃には気が付かなかった自分の適性や、本当にやりたいことが、キャリアを積んでいくと分かることがあります。

そういった時に転職をすれば、本当に意義のある仕事ができることでしょう。

キャリアを積んできたことでチャンスが広がり、自分の希望していた仕事に就けたという話は割とよく聞きます。

若いうちにはできなかった仕事ができる可能性があるのも、経験者ならではの特権でしょう。

経験を積んでから転職する場合のデメリットは?

転職で年収が下がるパターン

当然ながら経験を積んでから転職する場合でもデメリットはあります。きちんと把握したうえで転職を検討しましょう。

経験を積んでから転職する場合のデメリットは以下の点です。

年収が下がる可能性が高い

これまで長く勤めていて、それなりのポストに就いていた場合、転職することで年収が下がる恐れがあります。

特に35歳以上の年齢で転職す場合、ヘッドハンティングでもない限りは、多くの場合、年収が下がることを覚悟しなければいけません。

会社によっては一時的に収入が下がっても、努力次第で挽回できる場合もあります。

将来のポテンシャルも踏まえ、判断する必要があるでしょう。

未経験職種へのチャレンジがしにくくなる

ある程度経験を積んでいると、それに合わせて年も取っていることがほとんどでしょう。

未経験の仕事へ転職する場合、年齢の壁が立ちはだかってきます

未経験職種への転職となると若いうちのほうが圧倒的に有利です。

年を取っているほど、新しい仕事を覚えるのが困難になる傾向にありますし、社内メンバーとの統合性を考えると30過ぎの人は敬遠される傾向にあります。

未経験職種のハードルが上がってしまうのも、大きなデメリットの一つでしょう。

退職金や企業年金が不利になる

退職金や企業年金は、勤続年数が長くなるほど、有利になる仕組みになっています。

若いうちの転職ならそれほどダメージもないですが、40歳を過ぎてからの転職の場合は、大卒から同じ企業で働いた場合と比べ、退職金が半分以下になってしまう可能性もあります。

人生のライフプランが大きく崩れる場合もあるので、マネー面も含めて慎重に検討しないといけません。

転職のベストなタイミングは「お金」と「キャリア」の両側面から考えよう

将来のキャリア像を整理する

若い人、キャリアを積んだ人、どちらにも言えることですが、転職のタイミングを考える時に、一番ネックになるのが「お金」の問題です。

転職後の給料の問題だけではなく、たとえば次の会社に入るまでに空白の時間があった場合、その間の給料は入ってきません。

また、自己都合での退職の場合は、失業保険が支給されるまで、退職後3ヶ月を要します。なので、ある程度の貯金が、転職に際して必要不可欠となります。

そして目先のことだけでなく、10年、20年後、自分がどのようになっていたいかのキャリア面も考えていく必要もあります。

今の仕事と同じような方向性でキャリアを積んでいくのか、それとも心機一転、別の道のキャリアを歩んでいくのか。

いずれにしても、キャリアの方向性はしっかり定めてから転職しないと失敗する可能性大です。

転職のベストなタイミングを考える際は「お金」「キャリア」両面からアプローチしていくのがベストでしょう。

転職のベストなタイミングは人それぞれ違います。迷うときは転職のプロである「転職エージェント」を活用するのも一つの手です。

転職エージェントに相談するのであれば、なるべく大手の転職エージェントがいいでしょう。

単純に大手のほうが転職に関するノウハウも多く持ってるので、現状で転職すべきかを客観的に教えてもらえます。

大手の転職エージェントで特にオススメなのはDODAです。

担当するキャリアカウンセラーも経験豊富の人が多いので、的確なアドバイスがもらえるはずです。

また、DODAには非公開求人と呼ばれる表には出てこない魅力的な求人を多数揃えてます。

現状でどういった企業に入社できそうかも、ある程度判断できるでしょう。

まずは登録して早めに相談してみることをオススメします。

▶︎▶︎DODAに登録して相談する(無料)

まとめ

転職には気分を一新して、本当に自分のやりたい仕事をしたり、キャリアアップできるメリットがあります。

その反面、お金や信用の面で苦労することも多いです。

今の仕事や待遇と、転職後に予想されるそれを天秤にかけて比較考量するのが大事ですね。

もちろんお金よりやりがいというのも大いにアリだと思います。

今回の記事がみなさんの転職の一助となったなら嬉しいです。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら