【転職活動】離職期間が長引いてしまった場合の立ち回り方

仕事をしていない離職期間が長くなってくると、企業側としてはその理由がどうしても気になるものです。

なかなか就職できないのは何か人間として問題があるのか、就業意欲が低いのではという懸念を持ち、採用を躊躇ってしまうためです。

それでも離職期間が長引いてしまった場合、どう対処すれば採用まで繋がるのでしょうか。

 

企業が採用の可能性を持つ離職者とは?

通常の転職者と比べて、離職期間が長い人は採用の可能性が低くなります。

しかし、そのような人が全く採用されないかというと、そういう訳ではありません。

ただ、そのためには離職期間が長くなった理由を、ある程度納得できるように説明できなければなりません。

逆に言えば、この離職期間が長い短いに関わらず、企業が納得できる理由を説明できれば、採用の可能性は広がるということです。

 

本人の意思とは異なる理由でやむなく離職していた場合

離職期間がある人の理由の中には、本人の意思とは異なる場合もあります。

親が病気になって自分しか介護できなかったという人や、転職活動中に病気や事故で心身に異常が出た人がこの一例です。

鬱病などもありますが、正直に話すと再発の恐れがあるとも捉えられます。話す際には、現在は安心して職務に従事できる根拠がないと難しくはなります。

企業側に、「このような理由でやむなく離職期間ができたが、これからは問題なく働く事ができるので頑張ります」というように前向きな説明ができれば、ある程度企業も採用の可能性を広げるでしょう。

もちろん、その企業の採用基準や必要スキルを満たしているかどうかを確認される覚悟は必要です。

 

言いにくい理由で離職してしまった場合

納得できる離職理由がないと、企業側の不信感を自分で証明するようなものです。正直、企業を選べる程の市場価値が自分自身にない事を受け入れる必要があります。

相当な資格やスキルが備わっている以外は、人材を駒として扱うようなブラック企業しか相手にしてもらえないでしょう。

ブランクを埋めようとそのような企業に入社しても、過酷な労働環境からすぐに退職し、履歴書をさらに汚す事にもなり得ます。

その際は、資格取得や仕事を始める準備などをしていたなど、離職期間が長引いても納得できる理由が必要です。

資格や新たなスキルを取得すれば、次の仕事で活かせるというアピールにも繋がりますので、プラスな側面が生まれます。

離職してる間でも目的意識を持って過ごしてきたことがアピールできれば、逆に有利になることだってあります。

 

離職期間が長くても突破口はある

一般的に仕事をしていない人は、周囲から見てダメ人間という烙印を押されがちです。

ただ、周囲の環境からそうなってしまった、言わば被害者のような人も中にはいます。

実際、長い離職期間を経験した後、小さな努力の積み重ねと人柄で社会復帰を成し遂げた人もいます。

自分の現状を受け入れ、謙虚で地道な活動を続けることで活路を見いだせるはずです。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら