転職を繰り返してしまうのは、あなたの期待値が高すぎるから。憧れだけで選ぶと失敗する理由

バブル崩壊、サブプライムローン問題など不景気が当たり前の時代に中で、転職するということに対してそれほど忌避感を抱いている人は少ないのではないでしょうか。

また、企業側も終身雇用制度を改め、業績回復のためリストラを断行する時期があったので、転職経験が一度もないという人のほうが珍しい時代であるとも言えますね。

しかし、中にはせっかく転職しても長続きせずに次から次へと転職を繰り返す人もいます。そのような人たちはどのような傾向があるのでしょうか。

 

自らの理想を追い過ぎていませんか?期待値が高すぎると転職に失敗してしまう理由

転職活動

就職活動は、収入を得るために重要な事ですし、自分の成長に重きを置いている人ならば、その目標も高く設定していることでしょう。

しかしながら、世の中には完璧なものが存在しないように、自分の望むことが100%揃っている職場や仕事はありません。どのような仕事であれ、不満な点はあるものです。

自分が譲れない条件は何か、どのようなライフスタイルを望んでいるのか、キャリアアップはどうするかなど、考えねばならないことは多くあります。

しかし、理想を追いかけすぎるあまり、妥協点を見失ってしまう人が、職場に馴染めず、転職を繰り返す傾向にあるようです。

また、自分の目標などにこだわるあまり、現状で不満な点を改善せずにそのまま違うところへ行ってしまい、そこでも同じ問題にぶつかり、再び次の職場へ、というサイクルに陥っているように見えます。

 

転職するにあたって、「こんなはずじゃなかった」は通用しない

転職、失敗

転職活動で狙っている採用枠は新卒枠という人はいないでしょう。間違いなく中途採用枠で転職先を探している人が多数かと思います。では、採用元ではどのような人材を求めているのでしょうか。一言で言えば「即戦力」です。

自分の今までの経験から、どのように転職先の企業で貢献することができるのかを採用担当者に伝えることができなければ、まず採用されることはありません。

また短期で転職を繰り返す人は、充分なスキルを磨くことができず、採用者から見れば、「長続きしない上に、会社への貢献度も低い」と判断されてしまうでしょう。

そうならないためには、転職先の企業風土や待遇条件、必要な資格などを予め調べておき、身につけておく必要があります。

いざ入社してみて「思ったのと違うので辞めます」というのは、転職活動では通用しません。正確に言うならば、ある程度若いうちならば、あきられつつも許されることがありますが、相応の年齢になれば、徐々に採用枠は狭くなっていくのもまた事実です。

 

「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」は転職でも重要

古代中国の軍師、孫子が言っていた「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」のように情報や分析は、就職活動や転職活動においても重要なことです。

優先順位をつけるのであれば、「己を知り」、「敵(就職先、転職先の企業)を知る」という順で活動していくことが転職成功の鍵となります。

また、失敗したことに対して、なぜ上手く行かなかったのかをきちんと把握することも重要です。

転職先で「あれが気に入らないから」、「人間関係でつまずいてしまったから」というのでは、成長は見込めません。どのように解決していくのかを考え、実行していくことがスキルアップやキャリアアップへの道となります。

目標を設定し妥協すること無く進むことも良いですが、自らの適性を把握していないならば、イノシシの突進と変わりありません。

今まで転職を繰り返すことが多い人は、まず自分の適正を知ることから始めてみてはいかがでしょうか。それが成功への第一歩となるでしょう。

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

聞かれることはわかっても答えにくい「あなたの強み」は、自己分析で明確にしておこう

ハローワークと転職サイトどっちで探す?それぞれのメッリト、デメリットをまとめてみ...

自分の強みがわからない人必見!強みを見つけるための4つの方法

転職活動での経歴詐称は絶対NG!人事によっては裏取りまですることも

紹介予定派遣では正社員になれない?紹介予定派遣で必要とされる人材の条件とは

転職時に重要な退職理由の説明方法。言いづらい部分をどう伝えるか?