賛否両論?「逃げ」で転職することの是非を問う

仕事があるときの朝、起きるのが辛くなってはいませんか?

人間、嫌なことがあると分かっているときは、もろに体に拒否反応が出てしまうものです。そのまま無理して続けていても、良いことが起こることは、まずありません。

ならば、思い切って環境を変えたほうがいいと思いますが、中には「逃げ」目的で会社を辞めたり転職したりすることに罪悪感を感じる人もいるでしょう。

そこで今回は「逃げ」で転職することの是非について考えてみます。

 

「逃げ」で仕事を辞めるのは「悪」なのか?

キャリアアップ失敗

逃げるというと、あまり良いイメージを持っていない人が多いでしょう。世間的にも、評判を落としてしまうケースが多く見られますし、いろいろと批判してくる人もいます。

しかし、嫌な仕事を我慢しつづけて体を壊してしまっては、その後の人生において深刻な後遺症を残してしまうこともあります。一度体を壊すと復帰が難しい場合も多く、損失としてはかなり大きいです。しかも、その損失は誰も埋めてはくれません。結局、自分の身は自分で守るしかないわけです。

状況が切迫しているならば、火事場のクソ力ともいう馬力で動き続けることはできます。しかし、そうでない状況下で、多大なストレスを抱えながら体を壊してまで働くことに意味はあるのでしょうか。

やむを得ない事情でもない限りは、無理な労働はお勧めできませんし、何よりそのような事を強いるような企業は、超ブラック企業でしかあり得ません。

新社会人の場合、隠れた障害が露呈することも

また社会に出始めの頃というのは、隠れた適応障害などが表面化しやすい時期でもあります。

学生時代と違い、チームワークで物事を進めていくことが中心で、さまざまな世代の人とコミュニケーションと取っていくことで、初めて表面化するものがあります。

適応障害についての詳しい内容は省きますが、本人にとっては精神的にツラい状況です。そんな状況で「逃げ」で会社を辞めることは悪と言えるでしょうか?

どうあっても自分の力で状況を打ち破ることができないことはあります。そのときに逃げの手段として転職する方法もあって良いのではないかと思います。

仕事は好きでも、続けられないこともある

例えば、このような話があります。仕事自体には問題ありませんでしたが、ある日、人間関係で躓いてしまい、職場にいることが非常に息苦しくなっていました。

仕事は好きでしたので、勤務を続けていましたが、問題を起こした人物と顔を合わせるだけで体が震えるようになり、まともに動くことさえできなくなってしまったのです。

このような状況になってしまっては、最早、その職場にいるより、違うところへ行ったほうが良いのは誰の目にも明らかでしょう。事実、その人は同業他社へ転職することで、体調を取り戻し、バリバリ働いています。

一概に逃げで転職することを批判することは難しいのではないでしょうか。

 

ツラい状況の打破として「転職」もあり

Rookie and Veteran

精神的、肉体的に辛い状況が続いた時に、一番怖いのは、視野がものすごく狭くなってしまうことです。自分が置かれている状況を冷静に判断することができなくなってしまうことが、往々にしてあります。

そうなってしまった場合、単純な休息では快方に向かっていきません。環境そのものを変えて、今までの自分の行動を振り返り、客観的に評価できるようにならなければ、改善の見込みが立てられないのです。

三十六計逃げるに如かずという諺もあるように、ときには逃げてしまったほうが、状況を良くしていくことができます。その手段として、転職を選択肢に入れても良いのではないでしょうか。

会社での問題を個人で解決するのは無理がある。

逃げで会社を辞めたり、転職する理由は人それぞれです。仕事内容だったり、人間関係だったり様々でしょう。

しかし、そのどれもが個人で解決するにはあまりにも大きすぎる問題です。何故なら、会社はそれなりの人数が集まった組織だからです。

自分ひとりの問題を解決することすら難しいのに、組織での問題を解決するのはそう簡単ではありません。今の状況がどうしてもツラいなら、無理に解決しようとしないで「転職」を考えてもいいはずです。

「逃げ」で転職しても上手くいくから大丈夫

会社から逃げるように辞めた人はその後、うまくいかないというイメージがあるかもしれません。結果から申し上げると、逃げで会社辞めても、その後転職してうまくいく人は普通にいます。

結局のところ、会社でうまくいくか、いかないかについては、相性の部分にも大きく左右されます。今の会社でうまくいかないからと言って、次の会社でもうまくいかないという根拠はどこにもないわけです。

いいんですよ、逃げたって。逃げたら悪みたいな発想で自分の可能性を縮めるほうがよっぽど悪です。勝手な思い込みはもう捨てましょう。

幸い、今の日本では転職を支援する環境が整っています。まずは転職エージェントに登録して相談して次の道を模索するのもアリです。

 

まとめ

日本では未だに会社を辞める行為を「逃げ」として扱い、認めない空気があります。しかし、今のご時世だと「逃げ」で会社を辞める人は普通にいます。

そして「逃げ」で転職して、その後うまくいった人も普通にいます。「逃げ=悪」という考えは、ただの思い込みに過ぎません。

ジリ貧の環境から抜け出したいのなら、凝り固まった思い込みを捨てて行動する必要があるでしょう。

 

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

仕事が辛くてうつ病になりそうなら、早めに逃げ道を確保しておくことが重要

仕事がキツいから転職したい!はアリか、ナシか?

正社員でも年収300万以下のワーキングプア。転職すべきか?続けるべきか?

今さら聞けない「退職願」の正しい書き方と「辞表」との違い。

営業が辛い!違う職種へ転職するか、営業を続けるかの判断基準について考察。

正社員で手取り15万はすぐに転職すべき!あなたがどれだけ機会損失してるかを教えま...