飲食店のバイトに向いていないフリーターは、正社員になって別の仕事をするのもアリだよ。

飲食店のバイトは誰でも最初のうちは慣れないものです。

しかし、そもそも「飲食店のバイトに向いていないのでは?」と思うような資質の方もいるため、向き不向きを自分自身でチェックされることも大切ですよ。

正社員になって全く別の仕事をする方が、適性があるかもしれません。

そこで今回は、飲食店のバイトに向いていないフリーターが正社員になるメリットや、おすすめ職種を紹介します。

飲食店のバイトに向いていない人の特徴4つ

まず始めに飲食店バイトに向いていない人の主な特徴を上げていきます。

2つ以上当てはまる人は別の仕事へ転職することをオススメします。

1.笑顔がなく声も小さい

飲食店の接客における基本中の基本は笑顔と声出しです。

笑顔もなく声が小さい店員ではお客さまの満足度が低く、店舗運営に悪い影響を与えてしまうでしょう。

笑顔や声だしがどうしてもできない方は、やはり飲食店のバイトには向いていないと言えます。

2.感情がすぐ顔にでる

飲食店は時間帯によって目が回るほど忙しいときがあったり、お客さまからのクレームで嫌な思いをしたりと、感情を一定に保ち淡々と取り組むことが難しい仕事です。

それでも、飲食店で働くプロやバイトたちは、どんな感情になっても顔に出さず感じのいい対応をおこなうのが基本でしょう。

ちょっとしたことですぐに顔にでてしまう人は、感情コントロールが下手なので飲食店には向いていません。

3.自分のペースでやらないと混乱する

飲食店のバイトはお客さまの要望を聞き、それに沿ったサービスを提供するのが基本ですよね。

忙しいときはスピードも求められるし、暇な時間帯は普段はできない丁寧なサービスをする心使いも必要です。

そのときどきで柔軟に対応できる力が必要なので、自分のペースでコツコツやりたい人や、ペースを乱されることでイライラしてしまう人には向いていないでしょう。

4.体力がない

飲食店のバイトは立ちっぱなしで、1日中動き回る体力のいる仕事です。

発注した食材を運ぶ、高い場所を掃除するなど肉体的な負荷がかかる業務もあるでしょう。

体力がなくて疲れやすい人は、時間と共に接客態度にも影響しやすく、テキパキ働けなくなるため向いていません。

飲食に向いていない人が正社員になって会社勤めをする4つのメリット

自分が飲食店に向いていないと思ったのであれば、なるべく早めに別の仕事に変えたほうがベターです。

転職する際は正社員になって会社勤めをするのがオススメです。飲食点よりも会社勤めのほうが合っているという人は意外と多いですからね。

飲食店に向いていない人が会社勤めをするメリットを紹介します。

1.自分のペースで業務を進めることができる

飲食店はお客さまを常に待たせている状態なので、時間に追われることがストレスになる方もいるでしょう。

正社員はバイトと異なり時間単位で動くわけではありませんので、与えられた業務を自分のペースに合わせて進めていくことも可能になります。

周りのペースに振り回されず、徐々にやりやすいペースを掴めば大丈夫ですよ。

2.接遇スキルが求められない仕事も豊富にある

特別な資格や技能がなくても取り組むことができるため、バイトの選択肢として大きな割合を占めるのが接客の仕事ですよね。

飲食店のバイトが向いていないとなると、できるバイトが制限されてしまいます。

その点、正社員として会社勤めをする場合、接客業以外の仕事も多くあります。

仕事の選択肢が広がるため、自分に向いている仕事も見つけることができるでしょう。

3.丁寧な研修を受けることができる

飲食店のバイトに本格的な研修はないことが多いですが、正社員になると社員研修が設けられていることもあります。

数日~数週間かけて社会人としての基礎から仕事のやり方まで丁寧な研修が受けられるのは正社員のメリットでしょう。

見よう見まねで業務を覚えるしかなかった飲食店のバイトとは違いますね。

4.収入が格段にアップする

バイトから正社員になることの最大のメリットは、収入の大幅アップでしょう。

時給から月給になることで毎月安定した収入を得ることができ、昇給があれば段階的に年収も上がっていきます

賞与や退職金もあり、バイト時代と比べて生活が一気に楽になりますよ。

飲食店のバイトからどんな仕事へ転身できるか

これまで飲食店の仕事しかやったことのない人からしたら、自分が正社員になってどんな仕事ができるのかわからないですよね。

そこで飲食店からでも転身できる職業をいくつか紹介します。

1.事務職

飲食店のようにスピードが要求される接客業に向いていない方は、反対に事務職のようなコツコツ丁寧に取り組む仕事が向いている傾向にあります。

事務職は慎重な仕事ぶりでミスなくおこなうことが評価されやすいため、丁寧過ぎることで飲食店のバイトが不向きだった方におすすめです。

一定の接遇スキルは必要ですが、飲食店のように元気よく大きな声をだすことまでは求められないのもポイントですね。

2.工場の軽作業

飲食店での接客が向いていない方は、人と接することなく黙々と作業に没頭できる工場での仕事ならストレスなくできるのではないでしょうか。

代表的な仕事が工場ですが、女性や体力がない人には続けられにくい可能性があります。

体力に不安があるなら、軽作業がおすすめです。工場の正社員でも軽作業がメインの仕事は比較的見つけることができますよ。

3.ITエンジニア

ITエンジニアは技術力がモノを言う職種なので、飲食店のバイトのように接遇スキルが求められるわけではありません。

コミュニケーションスキルは必要ですが、接客業とは異なる点が多いため、飲食店バイトが苦手な方でも乗り越えることが可能でしょう。

スキル習得のための努力は必須になるものの、パソコンが得意な方はのめりこめる仕事ではないでしょうか。

飲食店から就職する際は転職エージェントを利用しよう

飲食店のバイトから正社員としての就職を目指すなら、転職エージェントの利用が必須です。

正社員になるときはバイト経験を活かすことが基本ですが、飲食バイトが不向きとなると、接遇スキルを活かせる接客業への転職が難しくなるからです。

一体何をアピールすればいいのか、本当に正社員になれるのか不安でいっぱいになるでしょう。

転職エージェントを利用すれば自分に向いている仕事を一緒に考えてくれ、ビジネスマナーや転職ノウハウを指導してくれるため安心です。

特に、フリーターや正社員経験がない人材の転職支援に強みを持つ転職エージェントを選ぶことで、正社員としての就職が一歩近づくでしょう。

フリーターにオススメの転職エージェントについては下記の記事で紹介してるのでご参考までにどうぞ。

まとめ

飲食店のバイトには向き不向きがありますから、向いていないと落ち込む必要はありません。

フリーターをやめて正社員になれば飲食店以外の仕事が多数ありますから、自身に向いている仕事を見つけることもできるでしょう。

フリーターから自力で転職するのは難しいので、転職エージェントを徹底活用して転職活動をおこなうことも大切ですよ。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

 
リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

ハタラクティブ
第二新卒、20代フリーターに特化した転職エージェント。サポート力に定評があり、正社員経験のない人でも多くの人が転職に成功してます。書類選考通過率90%内定率80%越えと圧倒的な実績を誇ります。未経験OKの求人が多い点も◎。厚生労働省の認定サービスですので安心して利用できます。

▶︎▶︎ハタラクティブの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら