未経験からの転職は何歳までが限界か?転職のベストタイミングを考えてみた。

誰しも一度は、未経験の業界への転職を考えてみたことがあるのではないでしょうか?

ですがいざ転職となると、もう一度新人からやり直しということを意味します。

さらに未経験の業界への転職の場合だと、わからないことだらけで大変厳しいことになってしまいます。

一般的に転職の限界は28~35歳くらいまでと言われていますが、未経験の場合は何歳までが限界になるのでしょうか。

今回は未経験からの転職は何歳までが限界なのかを考えてみたいと思います。

転職のタイミングや年齢のベストはいつか

考えるビジネスマン

先に結論から言うと、未経験の職種に転職できる限界は、26~27歳を目安にしている企業が多くなっています。

中途採用の場合、企業側は応募者に年齢や社会人としての経験年数に応じたスキルを求めるようになります。

そのため、未経験の場合は最大でも30歳までを限界としている企業が多いのです。

やはり20代後半から30までが一つの節目と言えそうです。

若いうちに転職したほうがいい理由

若いうちの転職

また未経験の場合、応募者側にも若いうちに転職したほうが良い理由が何点かあります。一例を紹介します。

1.同期と年齢差が開く

一つは同期との年齢差が開いてしまうということです。

新卒の場合だと同期はほぼ同年齢ですが、転職した場合はそうでありません。

若いうちならそこまで気になりませんが、ある程度年齢がいってしまうと同期とも年が離れてしまうケースは多くあります。

周囲は若者なのに、自分だけ年が離れてる・・・そんなケースも普通にあります。

2.上司が年下

また、新人である自分の方が上司より年上になってしまうケースも普通に起こります。

これも年齢高めで転職するデメリットです。

やはり自分より年下の人にあれこれ偉そうに言われるのは、プライドが傷つくものですよね

人によってはそれが耐えきれなく辞める人もいるくらいです。

3.同年代と比べ、圧倒的に昇進スピードが遅れる

そして、年齢に比べて昇進のスピードが遅くなってしまうというデメリットもあります。

新卒から働いてたら、それなりのポジションや役職に就いてることも珍しくありません。

それが途中で転職をしてしまうと、これまで築いてきたポジションや評価もリセットされて0からスタートになります。

新卒から入社した人と比べ、その分昇進が遅れてしまうというわけです。

業界や職種によってベストな転職時期は異なる?

実現のために考える

未経験で転職するなら若いうちがいいと述べましたが、それはあくまで一般論です。必ずすべての企業が同じというわけではありません。

業界や職種によっては、あまり年齢の関係ない場合もあります。つまり、転職のベストな時期は業界によって異なるケースが多いということになります。

その例をいくつかあげます。

1.あまり年齢が関係ない場合

未経験の転職でも、あまり年齢が関係ない場合もあります。

専門的な知識は必要になりますが、保険関係においては年齢の限界はあまりありません。

逆に保険関係の場合は、人生経験の豊富な30代からがスタートと言われてるくらいです。特に人脈が豊富な人は歓迎されることでしょう。

あとは参入して日の浅い外資系企業も狙い目です。ご存知かもしれませんが、外資は日本と違って実力を重視する風潮があります。

即戦力になれるという前提条件はありますが、実力さえあれば年齢が高めでも転職できる可能性は充分にあります。

2.未経験でより早めの転職が良い場合

当然ですが、より早めの転職が望ましい業界もあります。中でも特に顕著なのがIT系企業や飲食業界です。

IT系の場合、たとえ学校で学んでいたとしても、学んだ内容をそのまま使えるわけではなく、実際に働いてから実務で覚えていくことが非常に多い分野になります。

そのため、30代になってしまうとかなり厳しいものになってしまいます。IT系で未経験の転職は20代前半が限界になるでしょう。

また飲食系の場合は、料理を仕事としたことがない方が転職を考えている場合、30代が限界になります。

飲食系も20代といった若手が多く入ってくる業界のため、できれば20代、遅くても30あたりまでに転職するのが理想的です。

30歳を超えている場合はどうするべきか?

募集年齢 超える

たとえば20代前半までの転職が理想の業界の場合、30代以降だとかなり厳しくなるのは事実です。

人一倍の努力をする必要がありますし、周りに追いつくために時間がかかるという覚悟がいります。

ですが、自分の転職したい業界の限界の年齢を超えている場合でも、必ず不利になるわけではありません。

これまでのキャリアを生かせる職種への転職であれば、自分の持つキャリアやスキルをどのように活かせるか具体的にアピールすることで、年齢の壁を超えることも可能になってきます。

募集年齢を超えてる場合、それなりの苦戦を強いられるのは間違いないので、少しでも確率を高めるために転職エージェントの活用は必須です。

特に利用すべきなのはDODAでしょう。

数ある転職エージェントの中でも老舗でありますし、その分転職ノウハウや成功実績は群を抜いてます。

これまでのキャリアと今後のビジョンを絡めてどうアピールするか。この辺りの戦略を一人で考えるのは無理があります。

だからこそプロのキャリアコンサルタントに相談して一緒に考えてもらう必要があるわけです。

さらに転職エージェント経由で求人に応募した場合、キャリアコンサルタントの口利きで書類選考や面接を有利に進められることも珍しくありません。

年齢を超えているからといって諦める前に、転職エージェントに登録してカウンセリングを受けるべきです。

DODAに登録して相談する。

まとめ

未経験の職種への転職となると、今までに経験してきた分野と違う分野への挑戦になるので、多くの努力を必要とします。

そこに年齢制限がかかってくると、より厳しいものになるでしょう。ですが、自分の本当にやりたい仕事や興味のある仕事に就くためにはそれらを乗り越えていかなければなりません。

今の転職市場から見ると、未経験からの転職は35歳が限界と言えますが、職種によって求められる年齢の限界は変わってきます。

たとえ年齢制限を超えていたとしても、未経験の職種へ転職することは不可能ではありません。最後に必要とされるのは、自分がいかにそこで働きたいかという、やる気を見せられるかどうかです。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

 
リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

ハタラクティブ
第二新卒、20代フリーターに特化した転職エージェント。サポート力に定評があり、正社員経験のない人でも多くの人が転職に成功してます。書類選考通過率90%内定率80%越えと圧倒的な実績を誇ります。未経験OKの求人が多い点も◎。厚生労働省の認定サービスですので安心して利用できます。

▶︎▶︎ハタラクティブの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら