文系の人は営業以外の仕事に転職はできるのか?

転職希望の方に話を聞くと「自分は文系だから営業しか選択肢がない。」「営業はもうこりごりだけど他の職種に転職は難しい。」と思っている方が多いです。

確かに、文系出身者は営業職に就くことが多いと聞くことはありますが、本当に営業以外の職種に転職する道はないのでしょうか。

今回は、「文系は営業職しかない」の真偽と、文系出身者が転職できる営業以外の職種を紹介します。

「文系は営業職しかない」はホント?

文系出身者だと転職先が営業職に限られると聞いたことはないでしょうか。

営業に向いていない等の理由で、営業職以外への転職を考えている方はがっかりしてしまうでしょう。

この話の根拠としては、下記の点が考えられます。

  • 文系新卒者の多くが営業部に配属されている
  • 理系新卒者の多くが製造業(技術、研究職)に就職する
  • 理系に比べて専門性に欠ける文系は就ける仕事が少ないとのイメージ

確かに文系新卒者の多くが営業部に配属されることは事実です。

しかしそれは新人教育において、自社の商品サービスをよく知り、ビジネスマンとしての基礎を学ぶ職種として営業が適しているからです。

理系新卒者であっても営業部に配属される人は多いため、文系だから営業と一概に言えることではありません。

転職者であれば、すでにビジネスマンとしての基礎が構築されているため、敢えて営業部に配属させなくてもいいでしょう。

また、理系の専門性が高いことも事実ですが、技術職や研究職など就職先の範囲が狭く、結果として営業以外の職種に就いているだけのことです。

文系は理系より専門性で劣る分、職種の範囲は広く、実にさまざまな職種で働いています。

実際に周囲を見渡しても、文系で営業職以外に転職する人は大勢いるのではないでしょうか。

「文系は営業職しかない」という意見はあまり気にする必要がないと言えます。

文系でも転職できる営業以外の仕事とは?

文系出身者が営業以外の仕事に転職したい場合

  • 「経験がなくても転職可能な職種」
  • 「条件つきで転職可能な職種」

この2つに分けて考えるとわかりやすいでしょう。

それぞれ紹介していきます。

経験がなくても転職可能な職種

  • 営業事務、一般事務
  • 総務、人事、経営企画
  • 秘書、アシスタント
  • 生産管理、品質管理
  • サポートデスク、コールセンターSV
  • 接客サービス、店舗管理
  • Webディレクター、メディア仕入れ担当
  • 介護職

主には管理部門での仕事や接客サービス業の中に、文系が転職しやすい経験を問わない職種が多数あります。

理系有利と思われがちなIT系も、Webディレクターのように管理に近い職種であれば、文系や未経験者OKの求人もよく見かけます。

人手不足の介護職も、長い目で見れば経験や資格が必要になりますが、採用段階では未経験からの受け入れを積極的におこなっています。

条件つきで転職可能な職種

  • 経理、財務、法務
  • 広報、宣伝、マーケティング
  • ITエンジニア、プログラマー

文系転職者が多い事務系職種の中でも、経理、財務、法務などは専門性が高く、経験や知識が問われる職種です。

まったくの未経験からでは難しく、資格や知識なども必要になるでしょう。

文系出身者の特性が活かせる職種ですが、転職前の勉強や経験値を上げることが大前提です。

広報、宣伝、マーケティングは、未経験者でも応募できる場合があります。

ただし枠自体が少なく、花形的職種のイメージから人気も高いため、経験者が圧倒的に有利になります。

ITエンジニア、プログラマーは未経験者からスタートする人も多く、文系も多く活躍しています。

ただし、転職前に勉強して資格やスキルを習得してからという人が多いため、転職活動と勉強を同時進行でおこなう必要があります。

営業以外の仕事に就くには転職エージェントの協力が必須

文系出身者でも転職可能な営業以外の仕事はいくらでもありますが、実際に求人検索をおこなうと、やたらと営業職ばかりが目につくかもしれません。

業界を問わず通年募集しており、企業利益に直結する業務の特性上、企業内での営業枠数が多いことなどが要因です。

そのため、やみくもに求人を探していると、営業以外の職種をなかなか見つけることが難しくなります。

専門性をアピールしにくい文系の場合、応募書類や面接でのアピールで一工夫する必要もあり、自力での応募は分が悪いことも事実でしょう。

なので、文系出身者が営業以外の仕事に就くには、転職エージェントの協力が必須です。

転職エージェントを利用すると下記のメリットがあります。

  • あらかじめ希望を伝えておくとプロ目線で求人を探し紹介してくれる
  • 応募書類添削、面接対策を実施してくれる
  • 転職活動中の疑問や不安に対しアドバイスをくれる
  • 面接日程調整を代行してくれる
  • 給与や条件交渉をおこなってくれる

 

営業職以外の仕事に転職したいなら、プロの手を借りるのがもっとも効率的で、適性ある職種に巡り合う可能性が高まります。

近年は多数の有力な転職エージェントが存在していますので、自身との相性を見極めながら比較検討して利用してするのもいい方法です。

まとめ

業務の特性上、営業求人を目にする機会は多いでしょうが、世の中には営業以外の職種も多数あります。

文系出身者の転職先が営業職しかないと思っていた方も、自身の可能性を信じ、柔軟な視点で求人を見つめることで「営業職以外にも多くの選択肢がある!」と気づくはずです。

専門性が低い文系だからと尻込みすることなく、プロの力を借りるなどして自身の強みを整理し、アピールしていきましょう。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

 
リクルートエージェント
リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

就職Shop
同じくリクルートグループが運営している20代若手向けの転職エージェント。正社員未経験験でも多数の転職成功者を輩出しています。書類選考は一切ないため、初めて転職する人でも内定を得やすい点も◎。また若手向けでは珍しく営業職以外の求人も多く揃っています。営業職から別の職種へ転職したい人にもうってつけの転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎就職Shopの詳細はこちら

type転職エージェント
年収交渉力に長けた転職エージェント。転職で年収UPを目標にサポートしているため、転職後の年収UP率は70%を超えています。それぞれ業界ごとに担当が就くので、業界に精通したキャリアカウンセラーがあなたを年収UPに導きます。今の年収に不満がある人は相談してみましょう。

▶︎▶︎type転職エージェントの詳細はこちら