営業辞めたい人必見!営業以外のオススメな仕事を紹介します!

日々の営業活動に疲れて「違う職種につきたいな」なんて思うこと、ありますよね。

営業マンは会社の顔とも言えるポジションなので、いろんな知識や経験といったストロングポイントがあります。その知識や経験を活かせる仕事についてご紹介します。

営業経験が活かせそうな仕事&元営業マンにオススメな仕事

メリット 

営業から違う職種へ転職する場合、なるべく営業の経験を活かせる仕事のほうが捗りやすいですし、転職しやすいはずです。

そこで、営業経験が活かせそうな仕事をいくつかピックアップしてみました。

1.営業事務

外回りや出張はもうコリゴリだけど、電話の応対や見積書の作成は苦にならない、という人におすすめなのがこの仕事。

特に女性の場合には受け入れられやすい職場であるといえます。反対に大手の場合などでは、男性が転職するには少し難しい部門ではあります。

ただ、中小企業の場合だと、女性が結婚や出産によって退社してしまうと、そのポストを埋めるのに苦労することから、むしろ男性の営業事務職を好む会社もあります。

2.経理

経理は事務職よりも専門性が高く、営業から転向すると一から学ぶことも多く、最初は苦労することも多いと思います。

ただ、営業が嫌になるようなタイプは、どちらかというと体育会系出身よりも文系の人のほうが多い傾向があるので、もしかしたらそもそも経理職に向いているかもしれません。

出世していけば経理部長などのポジションにもなれますし、そうするともし転職したいとなった場合にも有利です。男性が働くポストが多いのも魅力ですよね。

3.広報

特にIT企業などで、自社のWebサービスを運営している会社や、ソーシャルゲームなどを開発している会社は、営業をあまり必要としていません。なぜなら、そのサービスが欲しい人が向こうから勝手にやってくるからです。

そういった会社で広報のポストにつくのは一つの手段です。営業で培ったノウハウが活かせますし、こちらから売り込まなくても向こうが買いたいと言ってくる訳ですから、営業職とは比べ物にならないほどストレスが少ないです。

4.ディレクター

やはり上記のようなIT系の企業で、人材を確保して、仕事にマッチングさせる部門です。ベンチャーの場合は若い社員が多いので、営業で経験を積んだキャリアがポジションに活かせます。

また、モノを売る仕事ではないのでノルマはないですし、社内で完結する仕事なので出張はないですし、無駄な接待もないのでおすすめできます。

営業経験を活かして転職するために必要なこと

考えるビジネスマン 

1.転職エージェントを利用する

転職エージェントは、ハローワークと違って、求人と求職者をマッチングさせるプロの集団です。そのためのノウハウも数多く持っていますので、ぜひ相談されることをおすすめします。

エージェントを使うことで、求人を出している会社の社風や雰囲気、業界の動向、就職の難易度、採用されるためのポイント、労働環境などを事前にリサーチすることができます。

実際に就職が決まったあとに「こんなはずじゃなかったのに」という事態を避けることができますので、転職の失敗率を下げる為にもぜひ活用しましょう。

2.目的を明確にする

営業職を経験したことで、自分にはどんなスキルがあるのか、人よりどんなところが優れているのかといった自己分析は絶対に必要です。でないと違う職種への転職は厳しくなってきます。

そして、どんな職種についてどのように働きたいのか、給料はどれくらいで休日はどれくらい欲しいのかといったことも明確にしておきましょう。

目的を明確にすることでエージェントを利用する際、自分にマッチする求人を絞っていくことが可能ですし、実際に企業との面接もスムーズに対応することができます。

まとめ

以上、営業が嫌になった人が転職する際に、経験が活かせる仕事と、そのために必要なことについて述べてきました。

営業経験は基本的にどの業種でも活かせます。職種自体は未経験でも会社組織で得た、基礎的な社会人としての能力はきっと転職するにあたって有利に働くことでしょう。

仕事はあくまでも生活の糧を稼ぐための方便なので、自分が営業に向いていないと思ったら転職すのも一つの手ですよね。いい仕事が見つかることを願ってます。

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

今さら聞けない「退職願」の正しい書き方と「辞表」との違い。

今の会社で給料が上がらないのなら、転職するか副業するかの二択でしょ。

まだクレーム対応で消耗しているの?サービス業を辞めたい人へ送る異業種への転職方法

人間関係で仕事を辞めたくなったら、転職したっていいんだよ

仕事がキツいから転職したい!はアリか、ナシか?

フリーターを卒業して就職する為におさえておくべきポイントとは?