仕事がキツいから転職したい!はアリか、ナシか?

朝早くから仕事に行き、帰ってくるのは夜中、休みのはずなのに休日出勤、など、仕事がキツいと思ったことはありますか?

そんな時にはすぐに転職を考える人もいると思います。ですが、仕事がキツいからという理由で転職してもいいのか、もう少し頑張ってみるべきなのか、悩んでしまう人もたくさんいるのではないでしょうか?

そこで、仕事がキツいから転職したいと思うのはアリなのか考えてみたいと思います。

仕事がキツい理由をまず考えよう

なぜ

まずは仕事がキツいと思う理由をいくつか考えてみましょう。その理由によって、本当に転職すべきかどうかが見えてきます。

大まかにケースごとに分けて解説します。

1.仕事内容の一部に苦手な業務がある

たとえば営業職で、「接客は得意だけどその他の計算など事務的な仕事が苦手」といった、仕事の内容で不得意な業務がある場合

この場合、仕事を辞める前に苦手な分野の仕事を減らせないか考えてみましょう。他の人に任せられないか、そもそもその仕事を自分がやる必要があるのか。

必要な場合は上司に相談して仕事内容について相談しましょう。それでもどうしても改善が見られない際は転職を考えてみてもよいでしょう。

2.業界の変化が早い

次に衣料などの小売販売やIT企業などで、「人の入れ替わりや技術の進歩が速くて、年を重ねるほど若い人に比べて不利になる」といった変化の激しい業界で働いている場合

これはもう会社うんぬんの問題ではなく業界全体の話ですので、社内であなたができることは少ないかもしれません。

この場合、転職するのは大いにありですが、同じ業界で転職をしても問題は解決しない場合がほとんどです。なので必然的に別の業界への転職することになりますが、全く経験のない業界へ転職するのは少々骨が折れます。

なので、転職を考える前に今の業界で本当にダメなのか、年を重ねると本当に不利になるのか。自分のなかでもう一度確認しましょう。それでも答えが変わらないのであれば、転職を考えてみましょう。

3.残業が多い、有給が取れない

残業が多い、労働日数に対して休日が少ないなどの労働条件での問題で転職を考えるケースですね。

ブラック企業が横行してる現在では、多分一番多いケースなのではないかと思います。

「残業が多い」といった理由であれば、持ち越さないように仕事の量を減らして調整するなど、自分で改善できる範囲のものであれば、考え方を変えて解決することもできます。

しかし、自分の許容範囲をはるかに超えてどうにもならないケースも多いと思います。また、有給に関しては社員に極力取得させないように仕向けてる会社も珍しくありません。

この場合、会社にその旨を相談するのも一つの手ですが、労働条件については会社内で決まってたり、そういう空気になってることがほとんどです。なので、会社に相談しても解決しないことが多いでしょう。

結論から言うと、このような理由に対して、転職したいと思うのはアリだと思います。ただし、焦って転職するとブラック企業にハマってしまい、また鬱き目にあうことも予想されますので注意が必要です。

転職を考える前にすべきこと

年収ダウン

そして転職を考える前にすべきことを考えましょう。

当たり前ですが、転職をするということは、今の仕事を退職するということです。つまり、次の仕事が決まるまでの収入を失うことになります。

収入を失い、生活が出来なくなってしまっては、しっかりした転職活動を行うこともできません。

転職をするということはメリットだけではありません。収入を失うデメリットもありますし、転職をしたからといって今より必ずいい条件になるとは限りません。

転職を考える前に、退職して転職活動をする間、生活を賄う貯蓄があるかどうかを考えることが必要になります。

参照:転職資金には600万が必要?仕事を辞める前に残しておきたい貯金額と退職後にかかる費用

転職活動をする際の注意点

転職 検討

では、いざ転職をするとなった時に気をつけなければならないことがあります。

転職面接の時に、残業が多い事や休日が少ない事、仕事の業務内容で不得意なものがあった、などのネガティブな理由を退職理由として挙げないようにしましょう。

ネガティブな理由を挙げてしまうと、採用側の面接官は、自社でも同じ理由で退職してしまうのではないかと考えてしまいます。

もしネガティブな退職理由であったとしても、そのままを伝えず、志望動機へつながるような退職理由を回答するようにしましょう。

転職の際に転職エージェントを利用すると、キャリアコンサルタントに相談しながら転職活動を行うこともできます。志望動機や退職理由の説明方法についてもアドバイスをもらえるでしょう。

転職エージェントで一番オススメなのはDODAです。数ある転職サービスの中でも老舗に分類されますし、その分転職ノウハウも蓄積されてます。

どこに登録すればいいか迷う場合はDODAに登録しておけば、まず間違いないでしょう。

>>DODAの詳細を確認する

まとめ

仕事がキツいからという理由で転職するのはアリだと思います。キツい仕事を続けていても精神的にも辛いだけですし、いつか身体を壊してしまうかもしれません。

ですので、体を壊してしまう前に転職をして環境を変えるのも大事なことだと思います。

社会人になれば、生活の大半を占めるのは仕事になります。ですがその仕事がキツいと、毎日の生活も辛く、面白味の欠けたものになってしまいます。

そうならないように、自分が満足できる仕事を見つけて転職するのは悪い事ではないと思います。

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

一つの会社を定年まで続けなきゃいけないとか昭和の発想。会社にしがみ続けることのリ...

転職資金には600万が必要?仕事を辞める前に残しておきたい貯金額と退職後にかかる...

クビなのに自己都合扱いされそうな時の交渉方法

「頑張っても報われない仕事」は辞めるべきか?今の仕事を冷静に見極める方法

「やりたい仕事」は会社や職種を変えていかないと見つからない

仕事が辛いなら無理して続けることはないけど、次の展望だけは決めておこう