派遣社員が正社員よりも優れてる点をまとめてみた

世間では正社員の方が良いという風潮が多く見られますが、それ以外の働き方をしている人でも優秀な人は多くいます。

特にクリエイティブ系の仕事をしている場合、正社員という立場が枷になることもあるほどです。

正社員だからといって必ずしも有利な条件ばかりではないように、派遣社員という立場でも正社員より優れているところは多くあります。

今回は派遣社員で働くことのメリットについてまとめてみました。

派遣社員が優れている点

求人

正社員と比べ、派遣社員が優れてる点をいくつかピックアップしてみます。

無駄な人付き合いを避けられる

派遣社員は正社員とは違い、社内で仕事上のコミュニケーションが取れていれば問題ないケースが多いです。

そのため、正社員では断りきれない上司からの飲み会などを断りやすいという利点があります。

社会にでる以上、最低限のマナーを持って人と接することは必須スキルと言えますが、中には人付き合い自体を非常にストレスに感じる人もいますよね。

無駄な人付き合いを避けたい人や、人間関係が苦手な人にとっては魅力的なポイントです。

勤務時間がきっちりとしている

派遣社員の場合、勤務時間が派遣会社との契約もあって、基本的に定時で終わることが前提になります。

もちろん残業することも少なくありませんが、残業をするのかしないのかは、派遣されている当人の判断によるところが大きいです。

なのでプライベートの時間を大切にしたい人にとって、時間の都合をつけやすい点で人気があります。

さまざまな職場に派遣されるので、見識が広がる

派遣社員は契約の更新がない限りは、違う職場へ向かうことになります。

さまざま職場を経験することで見識を広げ、スキルを上げていくことができるメリットがあります。

職場が変われば、同じ職種であってもやり方が全く違いますし、任される内容も違います。

そのおかげで、広い視野を身につけ、キャリアアップに成功した人が多くいます。

ただし、派遣会社や派遣先によって、契約更新が前提かそうでないかによっても違ってきます。

契約更新が前提である場合、基本的に何かない限りは同じ職場に通うことになりますので、このあたりは入社前に確認する必要があるでしょう。

正社員より年収がアップすることがある

正社員で雇用されると、企業によっては残業代が非常に少ないこともあり、時間給で換算すると1,000円を下回っていることもあります。残業代が全く出ない会社ですと、時給換算すると悲惨なことになります。

一方で派遣社員の場合は、時給制であることが多いため、勤務した時間の分、必ず報酬が得られます。

労働時間や条件によっては、年収が正社員より上回る人もいるくらいです。

残業が多めな人にとっては大きな利点となるでしょう。

専門の仕事に集中できる

基本的に派遣社員の場合、契約によって仕事内容があらかじめ決まっています。

正社員ですと、会社や人事の都合によって専門外の仕事を振り当てられるケースも少なくありません。

専門以外の仕事をしたくない人にとっては、仕事内容があらかじめ決まってる派遣社員のほうがやりやすいでしょう。

万が一、回されそうになっても「契約外ですから」と言って断ることもできますしね。

ただし、デメリットも当然あるので注意しよう

指摘

派遣社員という立場は、企業側にとって非常に都合よく動かせる人材でもあります。そのため派遣社員として働いていくためには、長いスパンでの計画や目標が必要です。

とくに一定の年齢を過ぎてしまうと、なかなか仕事を紹介されなくなるケースが少なくありません。

スキルがないと、年をとった際に収入源が断たれてしまう可能性もあるので、その辺はシビアに見ておくべきです。

基本的に派遣社員は正社員よりも自由な時間を手に入れやすい環境と言えます。

働き方を工夫することで、スキルアップも年収アップもできる立場でもありますので、このメリットを最大限活かせなければジリ貧になるケースも少なくありません。

派遣社員として成功している人は、必ず何かしらの目標をもって働いています。

それを達成するために何が必要か、どのように実践していくのかを常に考えているので、着実にキャリアアップしてるというわけです。

これから派遣社員として働こうと考えているならば、しっかりと目標を設定しておくようにしましょう。

まとめ

 一般的に正社員よりも不遇なイメージのある派遣社員ですが、メリットもそれなりにあります。

ただし、しっかりとキャリアを考えておかないと、将来路頭に迷う可能性もあるので注意が必要です。

派遣社員のメリット、デメリットを踏まえ、後悔のない道を選択してください。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら