職歴が多い場合、職務経歴書の書き方を工夫しないとなかなか通らない。

近年転職は当たり前になりつつありますが、転職回数が多いことは残念ながら未だに抵抗感を持つ企業が多くあるのが実状です。

しかし転職回数の多さは必ずしもマイナスに働くばかりではなく、見方を変えれば様々な経験を持つことが強みにもなり得ます。

今回は転職活動で不利になりがちな転職回数の多さを、職務経歴書の書き方でカバーするコツをご紹介します。

職歴が多い場合、職務経歴書はどのように書くか?

ステップ

転職において転職回数の多さがマイナスイメージにつながる理由は様々です。

「適応能力がないのではないか」「逆境に弱いのではないか」「採用してもどうせまたすぐ辞めるにではないか」などなど、企業が応募者にこういった先入観を持ってしまうからです。

そんな不利になりがちな書類選考を突破するために、転職回数の多さをカバーする職務経歴書の書き方をまとめてみました。

最初にスキル、キャリア、実績の要約を書く

書類選考時に応募先企業が最初にチェックするのは、職歴の多少よりも、応募者のスキルと実績、そしてどんな職務内容を何年経験したかということです。

転職回数が多い場合はなおさら、先に時系列に社名を並べるのではなく、最初に持っているスキルと経験職務内容と実績をまとめたものを書きましょう。

ただ書き連ねるのではなく、特に応募求人の職務内容に求められるスキル、関連の深いキャリアを取捨選択し、詳しく書くことが重要です。

まずここで人事担当者に興味を持ってもらい、その後に在籍企業名と職務期間を確認してもらうのが狙いです 。

職歴は必ずすべて記載しよう

職歴の多さが不利につながるといっても、これまでの職歴は誤魔化したり省略したりすることは絶対に避けましょう。

都合よく改ざんして後でバレる転職者を時折見受けます。嘘は自分に返ってきますので、ここは正直にすべて記載しましょう。

退職理由は書くべきか?書かないべきか?

退職理由の記載は意見の分かれるところですが、転職回数が多い場合は書かない方がベターです。

矛盾のないようにポジティブに書いたつもりでも、何度も書いてあると言い訳がましく見えてしまいます。

人事担当者を納得させられるような理由が書ければいいのですが、自信がなければ書かない方がいいでしょう。

ただし業績不振による人員削減など、会社を辞めざるを得ない理由があれば素直に書いてOKです。

なるべく一貫性を持たせる

企業は応募者の一貫した想いや志向を知りたいので、何回もある転職にもなるべく一貫性を待たせるような書き方をしましょう。

そしてそれは今回の応募にもつながる一貫性であることも重要です。これまで転職に至るまでの経緯をもう一度整理して書き出してみましょう。

長く働く意欲を見せる

そしてこれが一番といっていいほど重要なことが、自己PR欄等にて今回の転職は今までと違うということをアピールすることです。

今までいろいろ経験してきたけれど、今回の転職を最後にしようと思っていること、腰を据えて長く働くつもりであるという熱意を伝えることが必要です。 

まとめ

企業は長く自社に貢献し続けてくれる人を求めています。せっかくかけた採用コストや入社後に施した教育コストを無駄にすることはできない為、すぐに辞める可能性の高い人間は採用できないのです。

採用担当者の不安を払拭し、無事採用してもらうためには、自分は即戦力であり、長く貢献できるという説得力が必要になります。

今回の記事を参考にして、ぜひ説得力のある職務経歴書を作成してみてください。 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら