フリーターが許されるのは何歳まで?正規雇用のタイムリミットと年代別対処法

若い人でフリーターをされている人は多いと思います。フリーターはそれはそれで楽しいものですが、将来のことを考えて正社員への転職を考えることもあるでしょう。

ご存知のとおり、企業が採用活動を行う上で就職希望者の年齢に注目することが多いです。

募集要項に年齢制限を設ける事も多く、採用活動の中で非常に大きな判断ポイントになります。

その中でフリーターから正社員を目指す際、何歳までに動くべきなのかは気になるところだと思います。

今回はフリーターから正社員を目指すにあたってのタイムリミットについて触れていきます。

 

なぜ企業は年齢を重視するのか

大企業への面接

そもそも、なぜ企業は採用活動の際、年齢に注目するのでしょうか。

大きな理由としては、年齢によっておおよそ能力が予想できる事と、採用した際に自社で担ってもらう役割や将来像を判断するためでしょう。

また、給料などの条件面も、年齢によって変わってきます。

企業の希望として、長い目を見て育成を前提とした採用を考える場合、若年層の20代を求めるのが一般的です。

逆に、ある程度即戦力ですぐに役職者として採用を考えるのであれば、30代近くでキャリアを積んだ人を求める傾向にあります。

フリーターからの転職の場合、キャリア的には0ベースから始めることが殆どですから、長期キャリア育成を前提とした枠を狙っていくのが基本と言えます。

30代以降であれば、即戦力枠として採用を考える企業が多いので、キャリアありきの活動が求められます。

 

このように、年齢は企業にとって採用の大きな判断基準となるのです。

ですので、できることなら20代のうちに転職しておくのがベターと言えるでしょう。

 

フリーターが許される年齢

高卒フリーター

一般的にフリーターの定義とは、「15~34歳の若年層(学生・主婦除く)で、パート・アルバイト雇用者もしくはそれを希望している者」となっています。

つまり、定義でいうと34歳までが年齢制限である事になります。

しかし、30歳を越えると就職の幅が狭くなるとよく言われており、実際その通りであることが多いです。

もちろん企業によって差はありますが、この30歳という年齢が、就職活動において一つの壁と言えるでしょう。

最近は中高年のビジネスパーソンが転職するケースも増えていますが、それはあくまで相応のキャリアを築いてきた場合の話です。

フリーターである時点で、企業側にあまりいい印象を与えません。

サラリーマンと違い、フリーターは期間を重ねる程に不利になっていくので、年齢制限と言っている場合ではなくなってくることも多いです。

正社員への道を考えているのなら、早めの決断と行動が必要でしょう。

 

30を越えると就職が難しくなる?

将来のキャリア像を整理する

フリーターでも、年齢によって就職活動の内容が異なってきます。

20代の前半~中盤であれば、まだ企業としても育成すれば戦力として期待できる人材と判断できるでしょう。

そのため、ある程度企業の幅を広げ、意欲と将来性のアピールによって採用を掴み取る事も可能ではあります。

 

ただ、30代以降でフリーターの場合は、条件が厳しくなってくることは間違いありません。

前項でも説明しましたが、30代以降の転職になると、ある程度キャリアが形成されていることが前提になります。

これといったキャリアのない30代フリーターになると、企業の目も厳しくなるのは必至です。

特に有名人気企業の内定はなかなか難しく、最初はなにかと苦労することが多いかと思います。

しかしフリーターとして少なからず働いてきたことは間違いありません。

これまでの経験から就職にアピールポイントを探すなど、工夫しながら根気良く探していきましょう。

また、今まで携わってきた業種に近い企業から攻めていったり、人柄を理解している知人を頼るなど、若手より長い人生経験を活かして道を探っていきましょう。

 

まとめ

フリーターから正社員になるための行動は早ければ早いほど有利になることは間違いありません。

20代までならある程度幅を利かせて動くこともできますが、30代以降になると戦略的に活動する必要が出てきます。

しかし、何歳までであれば大丈夫といった根拠もないので、手遅れになる前に行動しておくことが大切です。

 

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら