高卒フリーターに未来はあるのか?学歴と職歴のハンデを乗り越えて就職する方法

弱肉強食の就職市場において、高卒でフリーターの方は一般論として不利な立場にあるといえます。

より優秀な人材を獲得しようする企業側にとって、高卒フリーターという学歴と職歴は足枷となります。

過去の経歴は変えられません。しかし幸ある未来を築けば、高卒フリーターだったという過去の意味を変える事はできます。

今回は、この学歴と職歴のハンデを持った現状からの逆転就職法を考えてみましょう。

 

大卒と比較して高卒はなぜ弱い? 学歴が示す努力の証

学歴差別

学歴や職歴は関係ない、と言いたくなる人もいるでしょう。当然、学歴や職歴関係なく社会で活躍している人は多くいます。

しかし大卒は「大学合格という結果を出した人」という明確な事実があります。

それだけで、壁や困難を努力で乗り越え、継続ができる自己管理能力がある人という事を裏付けています。

あくまで傾向ですが、大卒の方が優秀な人材が多い事は大学卒業までの経緯が証明しているのです。

企業はその大卒と比較すると、経歴が不明確な高卒フリーターを採用する事にリスクを感じます。

優秀な人材を採用するために、企業が大卒から目を向けるのは必然と言えます。

 

高卒フリーターのリスクを踏まえた未来への行動

lifting-24401_640

高卒でフリーターの時点で、書類選考では大きなハンデを背負う事になります。

フリーターは大学に進学するための努力をしたわけでもなく、責任のない単純作業を担うことがほとんどのため実績もありません。

しかし、大卒とは違う方法で明確な事実を持ってアピールできれば、高卒フリーターでも勝負できる幅が広がります。

現状で何もなければ、自らの手でその事実を作る事が逆転の未来への第一歩となるでしょう。

 

高卒フリーターが社会での活躍を証明するために

仕事への情熱

高卒フリーターが社会で活躍できると証明するためには、それを理由付ける事実が必要です。

例えば、継続して勉強が必要な資格の取得や、職業訓練で専門技術を身に付ける事は、書類上最も分かりやすい事実でしょう。

アルバイトや紹介予定派遣から実務をこなし、正社員登用の信用を掴み取る事も一つの方法です。

思い切って期限を決めて語学留学し、英語を身に付けて仕事に活かす事もできます。

高卒フリーターというハンデを負っている以上、いずれにしても努力が必要となります。

自分は「こういう」人間だから、企業で活躍できますという理由のあるアピールポイントの作成が、幸ある人生への逆転に必要不可欠です。

 

伝え方と表現方法で人の価値は変わる

高卒フリーターが正社員を目指して就職活動する上で、経歴について説明を求められる事は多々あるでしょう。

もちろんリスクなのは事実ですが、伝え方と表現方法で物事の価値は変わります。

高卒フリーターの経験があったからこそ今の成功があると言えるような、幸ある逆転人生を送りたいですよね。

そんな人が少しでも増加すれば、社会もまた変わってくるはずです。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら