勢いで仕事を辞めた人が一刻も早く転職するために必要なこと

次の転職先が決まっているわけでもないのに、勢いで仕事を辞めてしまった!ブラック企業などの場合、こういうケースって意外と多いんですよ。

それでも生活していくためには仕事を探す必要があります。退職から求職までにやっておくべきことをご紹介します。

勢いで仕事を辞めた時、真っ先に行うべきこと

途方にくれる

仕事を辞めた場合、次の仕事を探す前に色々と手続きをしなくてはなりません。特に勢いで辞めた場合、そうでない場合と比べると手続きがしっかりできてないケースが多いです。

一刻も早く仕事を探したい気持ちはわかりますが、今後の転職活動を円滑に行うためにもしっかりと手続きは済ましておきましょう。

1,失業保険の手続き

退職してから次の就職先が決まるまでに、要件を満たせば失業給付金を受け取ることができます。転職期間中は無収入になりますし、転職活動も意外とお金がかかりますので、手当ては必ずもらえるようにしましょう。

参照:転職資金には600万が必要?仕事を辞める前に残しておきたい貯金額と退職後にかかる費用

2.会社から受け取るものを確認する

年金手帳、健康保険被保険者喪失証明書、退職証明書、離職票、源泉徴収票、厚生年金基金加入員証など、各種の手続きに必要なものを受け取るようにしましょう。

勢いで仕事を辞めてしまった場合は、これらを受け取っていないと思いますし、会社の方が郵送してくれるとも限りません(きちんとした会社なら郵送してくれるはずですが)。

今の世の中にはインターネットという便利なものがあるので、メールで請求するとよいでしょう。

3.会社に返すものを確認する

健康保険証、会社の身分証明書、制服(あれば)、通勤定期券、会社の名刺、会社の経費で購入した備品などを返しましょう。

勢いで辞めた場合だと、実際に会社に行くのが気まずいでしょう。その時は内容証明郵便などで郵送しましょう。

4.国民保険の加入手続き

国民にはなんらかの公的保険に入る義務があるので、国民保険への加入手続きをするか、任意の保険を継続する必要があります。

また、勢いで仕事を辞めるような場合、少なからず体調不良やうつ状態を抱えているケースがあります。そんなときに病院にかかるにも全額負担だと出費が負担になるので、そういった意味でも保険への加入が大事になります。

5.家族や友人に相談する

仕事を辞めたことをいつまでも隠しておくのは精神衛生上よくありません。特に家族や親しい友人には正直に話して、相談に乗ってもらうなどすれば、心のモヤモヤも晴れることでしょう。

少しでも早く転職するために必要なこと

考えるビジネスマン

転職にかかる期間は早い人でも1か月、長い人だと1年、平均すると5ヶ月はかかるといわれています。

半年近くも収入がないのはつらいですよね。そこで、少しでも早く就職先が見つかるためにやっておくべきことを紹介したいと思います。

1.転職サイトに登録する

転職活動にすぐに出かけられないような状態でも、転職サイトに登録しておけば、条件に見合った仕事の紹介をしてもらえます。家にいながら転職活動ができるので、登録しておくことをおすすめします。

2.ハローワークに行く

「雇用と労働のマッチング」を至上命題としている国の公的機関がハローワークです。初めての転職で分からないことだらけの場合は、無料で相談できますので行ってみましょう。

また、退職後の各種手続きでもお世話になる機関でもありますので、ついでに転職相談もしてみましょう。

3.民間の転職エージェントを利用する

転職エージェントはハローワークと違って、転職のプロがあなたの転職活動をサポートしてくれます(ハローワークの職員は非正規雇用者が多いです)。

また、レスポンスも非常に早いので、その分、次の仕事を始めるまでの期間を短縮することができます。転職エージェントは企業からの成果報酬で成り立ってるので、その分結果にコミットしてる組織とも言えるでしょう。

4.自己分析を行なう

前職をなぜ辞めることになったのか、また、次の職場に求めるものは何か。給与、待遇、勤務地、勤務時間の希望はもちろんのこと、自分にはどんなスキルや経験といったウリがあるのかを冷静に考えておきましょう。

事前にそういった情報を整理しておくことで、ハローワークや転職エージェント、もしくは企業の面接がスムーズにいくことにつながります。

まとめ

勢いで仕事を辞めてしまった場合にやっておくことや、早く転職するために必要なことをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

なにごとも計画的に、なんて人生そんなに上手くいかないものですよね。勢いで仕事を辞めてしまったあなたの判断が、後になって正解だったと思えるよう、いい転職先が見つかることを祈っております。

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

未経験の仕事へ転職する前に確認しておくべきこと

アルバイトからの正社員登用は難しい?フリーターを脱したい人が選択すべき道とは

転職で年収が下がる人の共通点をあげていく。

経歴に一貫性がない場合の立ち回り方。面接官を納得させるアピール法とは

ハローワークと転職サイトどっちで探す?それぞれのメッリト、デメリットをまとめてみ...

転職活動において「スキル不足」という問題をどうクリアするか?