「学生時代に頑張ったこと」がなくても、就活でうまくアピールする方法はいくらでもある。

新卒や第2新卒の就活において、エントリーシートや面接でかなり高い確率で質問される「学生時代に頑張ったこと」この質問に答えることは、自分がどんな人間であるかを説明することであり、自己PRでもあります。

自信満々に答えられることがあればいいのですが、自分は何も頑張ってこなかった・・・そんな学生も多くいます。今回は、「頑張ったこと」が見つからない人でも、うまく就活でアピールする為のヒントをご紹介します。 

よく聞かれる「学生時代に頑張ったこと」面接官はどう見ているか?

転職 面接官

そもそもなぜ就活において「学生時代頑張ったこと」が問われるかというと、この質問によって、その学生がどんな志向と目的意識を持っているのかを大まかに確認するためです。

どのような性質と能力を持っているのか、目標のためにどのような工夫や取り組みをしたか、その結果何を学び得たのかを面接官は見ています。

そしてその学生が入社後にどのように仕事に取り組むのか、会社にどんな貢献をしてくれるのかを測るのが目的です。

つまり、人事担当者や面接官が知りたいのは頑張った内容ではなく、学生の人柄と志向、困難に立ち向かう姿勢や解決能力になります。

「留学した」「優勝した」などの華々しい事実や結果はアピールしやすいのですが、中身の伴わないアピールだけでは、会社側からしてみれば実はどうでもいい自慢話にしか聞こえないので要注意です。

学生時代に「頑張った経験」がない人は、どうアピールするべきか?

学生

何も頑張ったことがない・・・という学生にも、実は2パターンいるのです。

ただ見落としているだけのパターン

ほとんどの学生には、実は「頑張ったこと」のひとつやふたつはあるはずなのです。しかし学生自身が「ありきたりだし、特筆すべきことじゃない」と除外してしまう傾向にあります。

「頑張ったこと」=「人とは違うすごいこと」、「苦しい思いをして勝ち取った結果」だと思い込んでいる学生が多くいます。

でも先ほどお伝えしたように、会社側が知りたいのは「すごいこと」でも「苦しんだ内容」でも「華々しい結果」でもないのです。

企業が知りたいのは「人柄」と「可能性」なので、どんなクラブ、サークル、ゼミ、アルバイト、ボランティアの経験があったかは大して重要ではありません。

一見すごいことに見えない経験でも「人柄」と「可能性」が伝わる内容であれば、それは立派な「学生時代に頑張ったこと」になるというわけです。

普通の経験を立派な自己PRにつなげるためには、以下の手順に沿って話を組み立てていくといいでしょう。

  1. 自分なりに課題、目標を設定したこと
  2. そのために工夫したこと
  3. その経験から学び、今後に活かそうと思えること

この手順でまとめていけば、自分オリジナルの「頑張ったこと」が出来上がるはずです。コツとしては、上記の各項目ごとに、なるべく多くリストアップしていくことです。

やはりリストアップの数が足りないと、少ない選択肢の中から面接官が納得するようなストーリーは生まれにくいと思います。ここは時間をかけてもいいので、一つでも多く挙げていきましょう。 

本当に頑張ったことがないパターン

そうは言われても、本当に頑張ったことがない・・・という学生も、中にはいるでしょう。

ないのであれば、作ればいいのです。就活をしながらでも、目標を作り、工夫し、学ぶことはいくらでもできます。

今まで行ったこともないような場所に飛び込んでみる。スマホ用アプリを作ってみる。バイト先やゼミなどで今から頑張ってみる。短時間でも「自分らしい頑張り」が作れればなんでもいいわけです。

「ないなら作る。」この心がけと、何かに本気で取り組む経験は、就活だけでなくこれから始まる長い社会人生活において必ず役に立ちます。

まとめ

頑張ったことがないと思ったら、まずは先入観を捨てて自分のこれまでを振り返ってみる。それでもないなら今から作る。これさえできれば、「学生時代に頑張ったこと」に悩むことはなくなります。

あなたの学生時代の数年間には、あなたしか経験していないこと、あなたしか経験できないことが詰まっています。ぜひあなたらしい「頑張ったこと」を見つけてください。

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

内定が決まらない新卒就活生が、ハローワークを利用するメリットと注意点

【新卒の就活】面接官がとりたくないと思う学生の特徴12個

新卒で「入社前とイメージが違う」のは当たり前。

就職できない「意識高い系学生」が急増中?意識だけ高くても就活は上手くいかない理由

内定が取れないFラン学生の特徴と具体的な改善策を提示してみる。

就活中にオワハラにあった場合の対処方法