転職活動での経歴詐称は絶対NG!人事によっては裏取りまですることも

転職活動をしているときに、自分の実績に自信がなく「この程度なら盛って書いても大丈夫」と安易に職務を偽る人がいます。しかすそれは絶対にしてはなりません。

安易な経歴詐称は面接の段階で化けの皮が剥がれることになり、結局は失敗につながってしまうからです。人事によっては莫大なコストを掛けて裏取りをすることもありますので、経歴詐称はマイナス点でしかありません。

経歴詐称しても思うほどのメリットはない

経歴詐称にニヤリ

営業マンとしてのサガなのでしょうか、経歴詐称する人の中で営業マンの割合が多いようで、転職活動のときに職務経歴を偽るケースが後を絶ちません。

例えば「前職ではプロジェクトの中心となってリーダーシップを発揮し、これだけの貢献をしてきました」などと延々と自分の実績をPRする人がいます。

一見、まともな回答に見えますよね。しかし、面接官は数多くの人材を見てきたスペシャリストです。ちょっとした質問などで矛盾点を暴くのはお手のものですし、そもそも職務経歴書を見ただけで、その為人を判断できてしまう人もいます。

ちょっと大げさに話す程度であれば、まだ可愛げがあると言えます。しかし、まるまる職務経歴を偽ってしまうと、書類選考の段階で弾かれますし、書類を取り繕っても面接で弾かれてしまう可能性が高いため、そもそもあまり意味をなさないケースも多いのです。

また、転職回数が多い場合、数をごまかして応募するのも経歴詐称です。どの会社に在籍していたかについては、しっかりと記録されてるため、職歴をごまかす意味は全くありません。

いずれの場合もあまり有利にならないうえ、バレたときのリスクを考えると、経歴詐称するメリットはほとんどないと思っていいでしょう。

会社のコアな部署に配属するときは前職の上司と連絡することも

あぶり出し

応募する職種によっては、前職の上司に連絡がいき、どのような仕事をしていたのかを裏取りされることがあります。

そこで、仕事上は問題なくても、人間的に問題アリという判断がなされれば、転職活動は失敗します。経歴詐称をしている場合は、どのような結果になるか明らかです。

たとえば経理に関する部署の場合、どうしても会社のコアな情報に触れることになりますから、採用者からすると、仕事をこなすことよりも信用ができる人物なのかを重視します。

その上で、仕事を任せられるスキルがあるのか、募集しているポジションに相応しいのかを判断しますので、嘘を付いている場合、デメリットしか発生しません。

幹部級になれば、探偵や興信所も使って調査

調査

幹部クラスの中途採用ともなれば、探偵や興信所などを使って応募者が信用に足る人物か判断される場合もあります。

こちらの場合は、交友関係に問題がないか、反社会性はないかなどの社会的信用性を厳しく評価されることになります。

幹部クラスに応募しようとする人が、あからさまな嘘を付くことは無いでしょうが、募集条件によっては書類選考、面接選考以外も選考基準として判断される場合があることを念頭に置いておきましょう。

どの企業でも重役なポジションであればあるほど、入社前の調査が念入りに行われるとみて間違いありません。もちろん、重役以外のポジションでも調査はしっかり行われるはずです。

前職に連絡取られることはあまり想像したくないものですが、そのぐらいの調査は行われることを前提に経歴をPRするべきです。

経歴詐称はバレるので、絶対にやめるべし

指摘

経歴詐称をして転職活動を行なっても、いずれかの段階で嘘を付いていることがバレてしまいます。また、自分の職歴に箔をつけるために、ある程度大げさに書いても良いだろうというのは間違った判断です。

即戦力を求める側としては、コストに見合った能力を発揮してもらうことが重要ですので、自分の売り込みでウソを付くような人物を採用しようとは思わないものです。

職種によっては、信用性が最重要項目になることもありますので、転職活動中に嘘の履歴を書くようなことは止めておきましょう。

経歴詐称がバレてしまうと懲戒解雇になってしまって経歴に傷がつくだけでなく、場合によっては罪に問われる可能性もあります。

いずれにしても経歴詐称にメリットはほとんどなく、デメリットばかりが目立つ行為です。まさに百害あって一利なしなので、止めるべきですね。

まとめ

企業による応募者の調査は、思ってる以上に念密に行われます。経歴に傷がついてしまうだけでなく、あなたの信用も失ってしまうため死活問題になります。

安易に経歴詐称することは絶対にやめましょう。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら