「こんなはずじゃなかった」とならないために。転職に失敗する人の特徴と原因

人生の大きな転機となる転職。ほとんどの転職者が、前職よりも良くなると確信できたからこそ新しい会社に入社していくはずです。

転職の失敗は、自分も転職先の会社も、誰も幸せにしません。そんな人生の一大事である転職に失敗しないためのコツをご紹介します。

 

転職に失敗する原因は、共通したものが多い

人生でそう何度も経験することではない転職ですので、絶対に失敗したくないはずです。

それでも失敗してしまう人、中には失敗を繰り返してしまう人が数多くいますが、それにはいくつか理由があるのです。

主な原因をいくつか挙げてみます。

 

1:下調べが不十分

自分が十分な情報を持っていないことに気づいていないか、下調べを疎かにした結果、転職に失敗するパターンです。

例えば、以下のようなケースがあります。

・業界や職種の現状を理解できていなかった

・財務基盤の安定性や業界内の地位について十分な注意を払わなかった

・企業文化と自分が合っているかについてよく考えなかった

・募集要件を鵜呑みにしてしまった

下調べを十分に行わなないと、転職先に過剰な期待を抱いてしまい、入社後に失敗に気づいて後悔してしまう可能性が高いです。

 

2:年収や地位を優先・期待しすぎた

「実力次第では年収○万円も可能に」などという謳い文句を鵜呑みにして入社しても、結果を出せなければ収入は上がりません。

失敗すれば降給もあり、最悪の場合辞職を余儀なくされることもあります。

自分の実力を省みず経済的な高望みをすると、想定外の結末が待ち受けています。

また高い年収や高い地位が企業から提示されると、それ以外の肝心な項目を疎かにしてしまう転職者も多くいます。

 

3:現状から逃げるために転職した

仕事が嫌になった、職場の人間関係がうまくいかないなどのネガティブな理由で転職を繰り返す人がいますが、これも高い確率で転職に失敗します。

どんな仕事・職場でもマイナス面はついて回ります。ただ逃げるだけでは対応力が養われないので、失敗を繰り返してしまうのです。

また、現状に満足できずにとにかく会社を辞めたい一心で転職活動をして、自分がやりたい仕事や入りたい会社がどんなものかをよく考えずに転職してしまい、失敗に終わるケースも多くあります。

 

4:自分の中の優先順位を把握していなかった

理想の転職条件を完全に満たす会社は、ないと言っていいでしょう。

仕事内容、年収、評価基準、出世の可能性、福利厚生、ワークライフバランス、人間関係、就業環境など、人によって転職活動において重要視する項目と優先順位は違います。

自分の中の優先順位を把握していないと、一見好待遇に見える企業に就職したとしても、後から失敗したと思うことになるのです。

 

転職を繰り返してしまう人はこんな人

志望動機に悩む

せっかく転職をしても、会社へ不満を感じてすぐにまた転職をしてしまう人もいます。

若いうちはまだいいですが、そう何度も転職をくり返すと職歴にも傷がつき、再起が難しくなるケースもあります。

転職の失敗を繰り返してしまう人には、おおまかに2つの特徴がみられます。

 

1:短絡的な思考を持つ人

短期的な思考を持つ人は、先々のことよりも目前の情報に影響されてしまいます。

自分の明確なキャリアプランがないため、年収などの目先の条件に釣られて軽率な転職をしてしまったり、現状から逃れるための転職をしてしまい、失敗するのです。

 

2:後ろ向きな思考を持つ人

未来志向ではなく後ろ向きで、マイナス面ばかり目についてしまう人は転職に失敗しやすい傾向があります。

現職で恵まれている点に気づけず転職し、転職先でも希望を持てずに失敗したと思い、悪循環に陥ってしまいます。

 

転職を成功させるには意識を変えることが重要

では、最終的に転職で失敗しないためには、どのようなことに気を付けるべきでしょうか。

転職に関する知識を身につけることも重要ですが、意識を変えることも必要です。

 

まずは自己認識を高める

転職活動時に自己分析をする際、これまでのキャリアに関する自分の強みと弱みを理解することだけでは足りません。

自分の志向やキャリアプラン、重要視する点をしっかり把握することが大切です。

自分さえしっかり持てていれば、会社選びで失敗をする可能性は低くなります。

 

転職活動のゴールは内定を得ることではないことを理解しよう

転職活動のゴールは、内定を得て入社することだと思っている方も多くいると思います。

しかし、転職経験のある方ならご存知かと思いますが、本当に大変なのは入社後です。

全く新しい環境で一から始めることは誰だって強いストレスを感じるものです。

入社前に抱いていたイメージと全く違う現実に戸惑ったり、今まで当たり前だと思っていたものが否定されたりします。

それを踏まえ、柔軟に対応できるように心の準備をしておくといいでしょう。

入社前の自分の認識と、入社後の現実のズレを少しでも軽減させたいと思うならば、内定後に面談を申し込み、面接では聞けなかった細かいことを聞いてみるのもひとつの方法です。

 

まとめ

転職で後悔しないために肝心なことは、自分のスタンスを失わず、納得できるまで確かめてから決断することです。

そして入社後も、自分の抱いていたイメージに近づけるためにたゆまぬ努力をしていけば、きっと「この会社に転職できてよかった」と思えるでしょう。

 

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

聞かれることはわかっても答えにくい「あなたの強み」は、自己分析で明確にしておこう

仕事をクビになった!一刻も早く転職するために必要なこと

やっぱり入りたい大企業 中小企業からの逆転転職を決めるには

転職するなら若いうち?経験を積んでから?転職のベストなタイミングとは

転職したいけど、奥さんに反対される人必見!嫁ブロックを回避する方法

ソーシャルゲーム業界が盛り上がってるけど、安易に転職するのはオススメでき...