新卒で就活失敗したあなたへ。勢いで辞める前に考えるべきこと

「新卒で就職活動を失敗した。」

社会人になり仕事の厳しさを知った今、そもそも新卒時の会社選びを間違えたと感じる人も多いと思います。

会社を辞めたい気持ちはあるでしょうが、勢いで辞めることだけは避けてください。

本当に今辞めてもいいのか、辞めたあとはどうなるのかをよく考え、今後の職業人生を歩むうえで後悔のないようにしましょう。

今回は、新卒で就活を失敗したと感じる若手人材に向けて、勢いで辞める前に考えておくべきことを解説します。

「就活失敗した」と思う瞬間は誰にでもあること

まず知っておきたいのは、新卒の社会人には「辞めたい。」「就活失敗した。」と感じる瞬間が誰でもあるということです。

新卒時代に一度も辞めたいと思わなかった人の方が少ないくらいですよ。

新卒者が辞めたいと感じやすいのは、たとえばこんな理由があります。

  • 周りについていくのに必死で精神的な余裕がない
  • 基本的な仕事が多くてつまらない
  • 希望と違う部署に配属された
  • 上下関係が厳しい
  • 自由になる時間が少ない
  • ある程度理不尽なこともある

これらは新卒の社会人なら感じやすい「あるある」であり、一定期間を乗り切ることで辞めたい気持ちも薄れていくものです。

深刻に受け止め過ぎず、目の前の仕事をとにかく精一杯こなすことで状況は好転していくことが多いです。

なので就活に失敗した!と安易に考えず、まずは仕事や職場に慣れるまで様子を見たほうがいいでしょう。

仕事は続けていくことで面白みが出てくるもの

単につまらない、やりたい仕事をやらせてもらえないと考えてる人も多いことでしょう。

でもそれはある意味当然のことです。

新卒では基本的なスキルを身につける段階なので、仕事の面白味をすぐに感じられるものではありません。

スキルも経験もないのに重要な仕事を任せてもらえるはずはありません。

1年、2年くらいかけて経験を積んでいき、だんだんと仕事の面白味を感じてくるものですから、もう少し待つことで状況はよくなっていきます。

会社を辞める前に考えるべき3つのこと

どうしても会社を辞めたい気持ちが強い場合でも、勢いだけで辞めることは避けるべきです。

会社を辞める前に一旦冷静になり、自分を分析してみましょう。

1.今できることはやったのか

「自分は悪くないのに周りの環境が悪い。」と感じていないでしょうか。

辞めたいときは自分を客観的に見る余裕がありませんので、現状を何かと人のせいにしがちです。

社会にでると自分の思い通りにならないことが多いですが、まずは今自分ができることをやったのかを考えてみましょう。

スキルや経験不足を補うための努力はしたのか、やりたい仕事や部署に行くためには何が必要なのかを調べたのかなど。

人のせいにばかりして転職しても、転職先でうまくいかないことがあれば、また同じように辞めたくなりますからね。

2.将来のビジョンはあるのか

とにかく辞めることばかりに気を取られてしまうと転職活動で失敗します。

将来のビジョンがない人はどの企業でも求められませんし、辞めた理由と今後やりたいことに一貫性も生まれません。

転職活動が長引いて妥協した企業選びをおこなうことになり、転職回数を重ねて職業人生の選択肢がどんどん狭まっていきます。

今辞めたいというだけでなく、辞めてから5年先、10先にどうなっていたいのか、明確なビジョンを設けることが大切です。

3.やむを得ない理由で辞めたいのか

辞めたい理由もかなり重要です。

理由によっては、第二新卒枠が使える今のうちに辞めた方がいいケースもあります。

主には、やむを得ない理由があって辞めたい場合

例えば体やメンタルに不調をきたしている、パワハラやセクハラ、悪質な労働環境や違法性があるといったケースです。

辞めたい理由は何でしょうか?

やむを得ない理由があるのか、具体的にやりたいことがあるのかを考えてみてください。

転職活動は辞める前にすべきか、辞めた後にすべきか

どうしても仕事を続けるのが難しかったり、やむを得ない理由で転職する場合の話をします。

辞めることを決めたとしても、辞める前に転職活動をし、次が決まってから辞めるのがベストです。

辞めた後の転職活動では、金銭的にも精神的にも苦しくなることが多く、結果的に妥協して転職先を決めてしまい、次の企業でも不満を抱えるリスクが高まるからです。

新卒者は失業保険の受給資格を満たしていないこともありますし、退職金なども少ないでしょう。

ただ、体調不良など退職を優先せざるを得ない理由があるときは別ですので、実家を頼るなどし、まずは心身の健康を優先させる必要があります。

退職前に転職活動を開始するかどうかは、現在の状況をしっかり見極めたうえで判断しましょう。

転職活動をする際の3つの注意事項

新卒者が転職活動をする際には注意したいポイントが3つあります。

1. 転職活動は勢いより計画性が重要

若さゆえに勢いで辞めてしまいがちですが、勢いだけで何ともならないことがあるのが転職です。

辞める前に転職活動を開始させることはもちろん、スムーズに退職できるように準備をしておく、預貯金で転職活動費用がまかなえるかどうかなども確認しておきましょう。

2.新卒で辞めた人の転職活動は厳しいと心得る

新卒ですぐに辞めた場合、転職活動は基本的に厳しいと思っておきましょう。

経験がない求職者は採用メリットを見つけることが難しいですし、就職してすぐに辞めたことを不安視されることもあるからです。

書類選考すら通らないことも多々ありますので、ある程度の覚悟が必要です。

この点も含め、就職活動を失敗したという理由で今辞めるべきなのかはもう一度考えてみましょう。

3.自力での活動は難しいから転職エージェントを活用する

一旦社会にでると、新卒ブランドが利用できない以上、新卒時の就職活動とは状況が異なります。

自力での転職活動は難しい面がありますので、転職エージェントを活用しましょう。

特に、第二新卒やフリーターなど、若手人材の転職に強い転職エージェントがおすすめです。

転職の基本的なノウハウから面接での立ち回り方まで丁寧にサポートしてくれるため、転職成功確率が高まるはずです。

中でも特にオススメなのが就職shopです。

就職shopはリクルートグループが運営している転職支援サービスです。

リクルートと言えば、就活の際にリクナビを利用した経験がある人もいるでしょう。

就職shopは経験の浅い若手の就職、転職に特化しており、求人も若手向けのものが多いです。

新卒入社から転職する際は必ず利用したい転職支援サービスと言えます。

▶︎▶︎就職shopの詳細はこちら

まとめ

新卒で入社した会社を辞めたいと思うのは誰にでもあることですが、勢いで辞めて失敗したケースも散見します。

辞めたい理由と今後の方向性を整理したうえで、本当に今辞めるべきかを慎重に判断しましょう。

辞める場合でも計画性をもって転職活動することで、辞めるという選択が正しかったと思えるはずです。

今回紹介した内容を踏まえ、ぜひ後悔のない転職を目指しましょう。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

 
リクルートエージェント
リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

就職Shop
同じくリクルートグループが運営している20代若手向けの転職エージェント。正社員未経験験でも多数の転職成功者を輩出しています。書類選考は一切ないため、初めて転職する人でも内定を得やすい点も◎。また若手向けでは珍しく営業職以外の求人も多く揃っています。営業職から別の職種へ転職したい人にもうってつけの転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎就職Shopの詳細はこちら

type転職エージェント
年収交渉力に長けた転職エージェント。転職で年収UPを目標にサポートしているため、転職後の年収UP率は70%を超えています。それぞれ業界ごとに担当が就くので、業界に精通したキャリアカウンセラーがあなたを年収UPに導きます。今の年収に不満がある人は相談してみましょう。

▶︎▶︎type転職エージェントの詳細はこちら