学歴差別を乗り越えろ!Fラン大学生が内定を得るための就活サバイバル術

Fラン大学生の就職活動はもはやサバイバルと言えます。近年は就職に対する企業からのハードルが上がり、良い大学を卒業した学生でも就職活動に苦戦する時代です。

ただ、企業は高学歴で優秀な学生から順番に採用していく傾向は、これからも変わっていないでしょう。

学歴で差別されるFラン大学生の就職活動には何が必要なのでしょうか。

 

そもそもFラン大学生とは?

まず、Fランという言葉は、河合塾が大学をランク付けする際に設定した、順位の下位に値する大学の総称した事が起源です。

不合格者数が少ないか皆無かによって、偏差値を付ける事ができない大学の分類を「Fランク」として設定し、それがネットで拡散していった呼び名なのです。

そのため、現在Fラン学生という言葉は、願書を書くだけで入学できるような下流大学に在籍している人に向けての蔑んだ発言に値します。

言い換えるならば、「偏差値の低い大学生」でしょう。近年では、このFラン大学生は就職市場で非常に不利な立ち位置におり、かなり厳しいと言われています。

 

学歴差別は確かに存在する!

学歴差別

偏差値が低い大学は、厳しい入学試験を設けて生徒を篩いにかける必要がありません。

そもそも定員が割れているような事も多いので、何となく進学するような質の低い生徒を拾い上げて合格させているのです。

生徒の質が低いと、それだけ大学側や教師も高い質を求められません。

学内の施設も、一流大学と比べると貧相なものになることも多いです。そのため、入学してから生徒の質が上がる環境も整備されていません。

企業側からすると「Fラン」という偏差値の低い大学生は、その経歴だけで質が低いと判断されてしまいがちです。

「仕事に学歴は関係ない!」と思われるかもしれませんが、仕事の質においても高学歴の人材のほうが高い傾向にあることを企業側は知っています。

企業としては、優秀な人材を採用するために、それなりのコストをかけています。ですので、優秀な人材が集まりやすい大学、つまり偏差値の高い学生から採用していくのは合理的な考え方なのです。

Fラン大学生が就職市場で不利になりがちなのは、こうした背景が理由としてあるわけです。

 

Fラン大学生が就職で勝つためには

学生

Fラン大学に入学した時点で、偏差値が低い=質が低い というレッテルを貼られる事は覚悟した方が良いでしょう。

しかし、大学である事に間違いはありません。学ぶ意志さえ持てば努力次第で良い就職に繋げることは可能です。

大手企業への就職では高学歴の学生に分があるかもしれませんが、一般の中小企業でしたら充分に可能性はあります。

授業のコマが少ない場合は、目的意識を持ったアルバイトやインターン等を経験する事で実践能力も磨くことができ、アピール材料が増えますね。

有名大学の学生とは異なる方法で、就職時にアピールできる事やスキルを自由に模索する期間にすべきでしょう。

後は、根気よく合格するまで受け続け、自分自身の価値観と合う企業を探すのです。

また公務員試験など、差別のない試験に関しては、学歴差別の影響をあまり受けずに合格することも可能です。

 

まとめ

就職活動において、確かに学歴差別はあります。

しかし、社会に出たら学歴の差別はなくなると言っても良いでしょう。なぜなら、仕事は結果を出した者の勝ちだからです。

実際、Fラン大学卒で成功を収めている人もいます。学力では差が出ますが、ビジネスにおいては有名大学の人も未経験です。

個人の頑張りで学力の差を埋める事は十分可能です。そのためにも自分自身の武器を見つけ、磨き続ける努力が必要と言えるでしょう。

 

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

内定が決まらない新卒就活生が、ハローワークを利用するメリットと注意点

新卒で「入社前とイメージが違う」のは当たり前。

大企業とベンチャー企業、就職するならどっち?後悔しない選択方法

学生時代に帰宅部だった人は就職に不利?その実態を調査してみた。

就活中にオワハラにあった場合の対処方法

【新卒の就活】面接官がとりたくないと思う学生の特徴12個