早期退職はキケン?転職したばかりで仕事を辞めたくなった時はどうするべきか

転職して間もない時期は、新たな生活に順応するために非常に神経を使います。その中で、自分が順応できなかった場合には強いストレスを感じるでしょう。

転職先を事前に調べても、実際の環境はいざ働き出してみないと分からない部分が多いものです。もし、転職したばかりの時に辞めたいと思ってしまった場合、どう対処すれば良いのでしょうか。

 

なぜ転職してすぐに辞めたくなるのか

疲弊したサラリーマン

転職したばかりで辞めたいと感じる一番の理由は、一言でいうと転職先が自分に合わないと判断する事でしょう。

転職先は、今までとは異なる新たな生活のスタートとなります。そのため、自分が今までの生活で築き上げてきた価値観に対してどこかに相違が出る事は必然と言えます。

社風や雰囲気に馴染めない、上司や同僚と性格が合わない、そもそも事前の募集要項と内容が違う、というような入社して初めて分かるマイナスポイントを体験した時こそが、辞めたくなる瞬間ではないでしょうか。

このときにどう動くかによって、今後の未来を左右するといっても過言ではありません。

 

合わないと思ってすぐに辞めるのはキケン

転職してすぐ辞める

合わないと思って仕事を早期退職した場合でも、次の採用活動の際に離職理由として今回の経緯を説明する必要があります。

そのため、あまりにもすぐ退職していると、対応能力がなく嫌な事からすぐに逃げ出す人と見られます。

前職で問題があって辞めたという事は、採用しても問題を発見するとすぐに辞められると予測できるので、企業は採用を躊躇してしまうでしょう。

入社してすぐに辞めたいと思った時は、そのリスクも踏まえて、一旦冷静に考えるべきです。

 

辞めたいと思った時こそ、現状で改善できる方法を探す

分析

転職してすぐに辞めたいと思ってしまう原因は、実は一時的な事かもしれません。最初は苦手意識があった上司も、時間を重ねる度に尊敬し合える関係となる可能性はあります。

社風や雰囲気が合わなくても、自分が可能な範囲で合わせる事はできます。部署移動や労働契約の改善を会社に確認する事もできます。

辞めたくなった時、自分の方から少し歩み寄った行動ができれば、意外と継続できる環境が整う可能性が潜んでいるかもしれないのです。

自分なりに努力してみたがそれでも合わない、我慢して働いてもメリットがないと思えたら、転職を決断する時でしょう。

 

理想の職場を追い求めるのは悪い事ではない

仕事の充実は人生の充実に直結すると言っても過言ではないくらい、人間の生涯を仕事が占める割合は高いです。

いきなり理想の条件が整った会社に出会う事の方が珍しいので、さらに良い職場を求めて行動を起こす事は決して悪くはありません。

転職してすぐに辞めたいと思った時も、辛い事から逃げるだけでなく、良い職場にめぐり合うために考えた行動であれば正解なのです。

ですが、その場合でもしっかりと会社と自分の筋を通す事は必要不可欠でしょう。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら