新卒の就活と転職活動の大きな違いはどこにあるのか

景気が上向きになってくると、どの企業も人材確保のために躍起になります。

「就職先を求めている」という点で新卒の就職活動も転職者の活動も同じようなものだと考えている人もいるかもしれませんが、企業が新卒にもとめているものと転職者に求めているものは似ているようで大きな違いがあります。

その違いをキチンと抑えていないと、より良い環境を求めて転職しようとしても失敗するのは明らかです。新卒の就職活動と転職活動の違いについて説明していきます。

新卒採用と中途採用(転職)のプロセスの違い

違いを見つける

プロセスの違い

新卒採用と中途採用の違いで最初に思い浮かべるのは、採用に至るプロセスの違いではないでしょうか。

新卒での就活のときには、エントリーシートの登録、SPI試験、面接、内定、入社といったプロセスをたどると思いますが、中途採用枠では、複数回の面接、内定、入社というプロセスになることが多いです。

転職活動を行なうほうが、入社までのプロセスが短いというのが大きな違いになります。

新卒者に求められるもの

企業側が新卒者に求めているものは、「長続きするのか」、「教育コストはどの程度かかるのか」という側面から人材を見て、採用を決定していることがほとんどです。

ここでいうコストは現場に出せるようになるまでの時間や研修などの教育に割く人件費などが含まれます。企業が高学歴者を重視するのは、学習能力が高いだろうと見込むからです。

その上で、チームプレイができるのか、どの程度やる気があるのかなど、書類では分からないことを把握するために面接が行なわれます。企業が新卒者に求めているものは「将来への可能性」とも言えるでしょう。

転職者に求められるもの

その一方で、転職者に求められるものは、ほとんど「即戦力としての人材」です。

転職者の年齢にもよりますが、新卒と違って「将来への可能性」はあまり重視されず、それまでのキャリアや現在のスキルから、入社してできるだけ短期間のうちに会社へと貢献することが求められます。

そのため、転職活動においては履歴書よりも職務経歴書が重視されます。これが新卒者との最大の違いとも言えるでしょう。

新卒者には社会人としての経験はありませんので、将来性への投資をするしかありませんが、転職者にはそれまでの経験、技術などから、どの程度の貢献が期待できるのかが重要視されるということです。

 

転職活動は「就職活動」ではない

書類選考通らない

新たな就職先を求めて活動するなら転職活動も就職活動の一つと考える人もいるかもしれませんが、転職活動は、いわば「自分」という商品を売り込むビジネスです。

自分がどのようなスキルを持ち、どのようなキャリアを積んで、入社した後で、どのように活動して利益をもたらすのかを売り込むことができなければ、望んだ転職はできないでしょう。

そのためには新卒の時のような就職活動の感覚は捨てるべきですし、何より先に触れたように転職者に求められるものと新卒者に求められるものには大きな違いがあります。

転職活動をするときに、よく言われますが転職活動には最低限の営業力が必須となります。なぜなら「自分」という商品を売らなければならないからです。

転職活動を成功させるためにも、「ビジネスをしている」ということをしっかりと自覚して活動を行なっていかないと、なかなか採用までは至らないでしょう。

 

まとめ

新卒の就活と中途採用の転職では、プロセスや考え方がまるっきり違います。

新卒の就活時と同じ心構えでは、苦戦を強いられるでしょう。企業が何のために中途採用を行ってるかをもう一度考えて転職活動に臨むようにしましょう。

 

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

ソーシャルゲーム業界が盛り上がってるけど、安易に転職するのはオススメでき...

転職活動を行うのにベストな時期はいつ?

転職時に重要な退職理由の説明方法。言いづらい部分をどう伝えるか?

年俸制の会社へ入る際の注意点。メリット、デメリットをまとめてみた。

紹介予定派遣では正社員になれない?紹介予定派遣で必要とされる人材の条件とは

どうしても大企業で働きたいのなら、派遣で入社する道も模索しよう。