派遣社員から正社員になることを前提で入社する場合の注意点

非正規社員の人数が全人口を占める割合が増加している中で、派遣社員として職務に従事する人は多く存在します。

その中で、後々には正社員として企業が採用する事を前提として、まずは一定期間派遣社員として働くというシステムがあります。

紹介予定派遣という制度を設ける派遣会社もあり、社会的にも高い認知度があります。

一見すばらしい制度に見えますが、うまく機能しないケースが多いのもまた事実です。

果たして安心して入社してよいものなのでしょうか。

 

正社員前提の派遣社員として働く事とは。その実態とメリット

高卒フリーター

この派遣システムは、正社員採用を前提にある一定の期間、派遣社員として職務に従事することになります。

その期間が終了した際に、企業と労働者の合意があって正規採用されるというものです。

メリットとしては、企業側も労働者側も言わば試用期間があるため、正規入社後に「こんなはずではなかった」というギャップを無くす事ができる点です。

企業側の視点で見ると、労働者の仕事ぶりや人間性、スキルを確認し、労働者は企業の社風や労働環境を知ることができます。

厳しく評価される部分は当然ありますが、お互いが相思相愛となればこれほど制度の高いマッチングはないでしょう。

優れた制度ではありますが、もちろん良い点ばかりでなく、注意すべき点もあります。

 

「正社員前提」という言葉には注意が必要?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-YOTA82_sorehabatu15123856-thumb-1000xauto-14198

正社員での採用を希望する労働者にとっては、正社員を前提とした派遣社員として職務に従事する事は大きな魅力となるでしょう。

しかし、全ての正社員希望者が派遣社員から正社員で採用されたとしたら、派遣会社は成り立ちません。

当然、正社員採用が前提の募集要項は案件自体が少なく、また倍率やハードルも高くなります。

また、正社員前提という言葉を使うものの、実際には通常の派遣社員としてしか採用されないというような、人を釣るための道具やダミー案件に利用される場合もあります。

ブラック企業がよく使う手法でもあり、求人の言葉を鵜呑みにして入社する人が後を絶ちません。

結局正社員になれず、派遣期間終了で契約を切られることも多いので、労働者は注意が必要なのです。

 

正社員採用されるためには、企業や案件の事前確認を絶対行おう

中高年の転職

正社員前提の派遣社員の案件があった場合、事前確認は徹底して行うべきです。

正規採用される企業、派遣会社の双方に、正社員として雇用されるまでの明確な流れを確認しておく必要があります。

派遣会社の方には、この正社員前提の募集が何件あって、他に話が進んでいる人がいないかどうかは必ず確認するようにしましょう。

もし期間が終了した際に、すでに他で決まっていたということを避けるためです。

 

また企業側には、派遣期間にどういった仕事ができれば正規雇用されるかという具体的な内容を確認しましょう。

その仕事をこなせるように努力し、企業の求める戦力として評価されるためです。

 

まとめ

正社員前提の派遣社員は魅力的ですが、あくまで前提です。

この前提を確実なものにするために、まず企業と派遣会社の双方に内容の食い違いがないか自分自身で確認する事が重要です。

そして派遣期間に戦力として認めてもらえる事ができれば、正規雇用に近づくでしょう。

 

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

転職資金には600万が必要?仕事を辞める前に残しておきたい貯金額と退職後にかかる...

楽そうなイメージの事務職。実際のところ本当に楽なのか確認してみた

ソルジャー採用されないために、就活で注意すべきポイントをシェアするよ!

転職でキャリアアップできる人の特徴は○○。明暗を分けるポイントはどこにあるのか

ランキングには載っていない隠れホワイト企業の探し方

研修期間で正社員を辞めてしまった人に、次の就職口はあるのか?