転職時に重要な退職理由の説明方法。言いづらい部分をどう伝えるか?

転職をする経緯の中には、仕事を変えたいという理由があります。そして、その理由は必ずどこかで誰かに説明しなくてはなりません。

退職の理由は様々ですが、現職で足りない何かを新たな職場で手に入れるという目的は同一なはずです。この転職で果たす目的をより良いものにするためには、退職理由の説明法が重要になってきます。

特に退職理由がマイナスのもである場合、どう説明するかは慎重に考えなくてはなりません。今回は言いにくい退職理由の説明方法について話します。 

企業が転職理由に着目するのはなぜ?

面接 

転職をする際の理由がプラスかマイナスかという事で、その人自身の性格を推測することができます。

単純な傾向ですが、プラスの理由で退職した人は性格も前向きな事が多く、実際に企業で職務に従事した際も良い影響を与えることが想定できます。

しかし、マイナスの理由で退職した人は性格も後ろ向きで、愚痴や不平不満を職場に充満させる恐れがあります。

そのため、面接官は転職者に様々な質問を繰り返し、マイナスな理由が根本に潜んでいないかどうか確認しているということです。 

 マイナスの理由はプラスに変える。話し方で面接官にアピールする方法

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-YOTA82_sorehabatu15123856-thumb-1000xauto-14198

前向きな理由で、そのまま説明できる転職者は問題ありません。

しかし、不満がなければ転職はないので、転職をする際にはマイナスの理由があることの方が多いです。ということは、転職者の理由の多くはマイナスから始まっています。

そこで、マイナスの理由は正直に話し、かつプラスの理由を付け足して帳消しにしてしまえば良いのです。

「人間関係が大変だったが、おかげで色んな性格の人に対応できるようになった。だから御社で対人関係の職務にて活躍できます」というように、プラスの理由を付けて採用に繋がる根拠ができれば、面接官も納得しやすいアピール方法となります。

 マイナスな出来事を、自分の糧にできたかどうかを企業は見ています。そういった部分から志願者の資質を見極めているということです。 

時には嘘もあり?嘘を本当にしてしまう方法

転職 嘘

基本は、マイナスの理由を正直に話してプラスの理由を付け加えた方が人柄も売りやすいです。無難に面接官へアピールするには、最良の方法であると思います。

ただ、面接官に嘘がばれないという確信と話術、そして裏で努力する自信があれば、嘘をついてアピールすることも一つの方法です。

本当は前職が嫌で辞めたとしても、あたかも自分は前向きに転職を決意したように振舞い通すことができれば、面接官にマイナスの部分すら見せません。

言葉に詰まってしまうと危険と隣り合わせですが、対人関係に優れた実践型の人にとっては一番のアピール法ではないでしょうか。

ただし、この方法で内定した場合、企業はいろんな意味で自分を誤解したまま採用することになります。そのため、入社後にアンマッチが起こりやすくなりますので注意が必要です。 

転職理由は、自分自身の性格を言い換えたもの

転職理由は、転職者が物事の決断を下す際の判断基準になります。

転職理由の背景には、価値観や優先順位など転職者の性格が垣間見えます。その転職者の性格が、面接官や企業の社風と一致すれば、採用に繋がります。

最終的にはこの人と働きたいと思ってもらえるような人柄を表現するために、マイナスな転職理由をどう使用するべきかをしっかりと考えましょう。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら