就職活動中の「クールビズ」はアリか?ナシか?その是非を問う

近年は、6月以降の夏に向けてクールビズを推奨している企業が増えています。

夏はノージャケット・ノーネクタイで過ごし、暑さに配慮するという取り組みです。

これによって、クーラーの設定温度を高めして節電に繋がったり、汗や臭いの予防になったり、仕事に集中しやすいというメリットが生まれています。

しかし、企業に対しての印象が命取りになりえる就活中の人にとって、このクールビズスタイルは対応しても良いものなのか気になりますよね。

そこで今回は、就活活動においてクールビズの是非についてお伝えします。

 

面接時にクールビズはありなのか?

転職 クールビズ

夏場の就活はとにかく暑くて大変ですよね。今すぐジャケットを脱いで半袖シャツに着替えたくなります。

しかし、一般的にクールビズスタイルは相手にラフな印象を与えます。

特に面接時はしっかりとした印象を与えた方が良いので、スーツを着てネクタイを締めていくという風潮が今でも多いです。

実際、面接や説明会ではクールビズスタイルの比率は少なく、就活中の人にはあまり浸透していないように感じます。

仮に採用担当者がスーツを着てネクタイを締めていた場合、クールビズスタイルで面接に挑む事自体がNGと思ったほうがいいです。

当然、企業の社風を事前に調べておく必要はありますが、安全策を取るならば、面接時のクールビズはなしと思った方が無難です。

面接会場についてから後悔しても遅いですからね。

 

もし企業からクールビズでもよいと言われたら?

人事が見るポイント

企業によりますが、6月を越える時期から面接はクールビズスタイルでもOKという指示があることもあります。

これはかなり悩むところですが、その時はクールビズスタイルで面接に行っても問題はないと捉えてOKです。

ただし、服装のマナーはしっかりと守るべきです。ビジネスシーンで半袖シャツは基本NGということに変わりはありませんので、その点は注意が必要です。

また、ジャケットを着ていない分、シャツのしわやサイズ感が目立ちます。しっかりとアイロンをかけてしわを取り、体に合ったシャツを着るのが大前提です。

もし不安なら、ジャケットを着るのがベターです(クールビズにはなりませんが)

クールビズであるなしに関わらず、身だしなみは常に面接官にチェックされるので、TPOに合ったクールビズスタイルを学んでおきましょう。

 

クールビズがOKかNGかは、業界や企業の考え方による

クールビズシャツ

クールビズでの就職活動を認めるかどうかは、最終的に会社の考え方による部分が大きいです。また、業界によって変わる事もあります。

特に高級感のあるハイクラス向けの接客をするような企業の場合は、クールビズスタイルの時点で不採用の可能性もあります。

説明会などで担当者の服装がクールビズであった場合は、まだある程度認められやすいかもしれません。それだけで不合格にはなりにくいでしょう。

ただ、どの企業にでも対応するのであれば、基本的にきっちりとしたスーツスタイルで就職活動をすれば直接合否に関わる事はないと言えます。

クールビズというのは、企業の中で働いている人に向けて配慮された政策です。

そのため、まだ企業の一員になれていない就活中の人はしっかりとしたスーツスタイルで臨むほうが確実でしょう。

 

まとめ

最近はクールビズを推奨している企業が増えましたが、面接の場になると話は別のようです。

就活においては、クールビズが浸透するのはもう少し先になるでしょう。

今は通常のスーツスタイルで面接に臨むのが無難と言えます。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら