コミュニケーション能力が高くても、面接で評価されない大きな理由

就職希望者が採用活動をする際、最も気を使う事は面接ではないでしょうか。

そして、近年企業が求める人材の重要項目として「コミュニケーション能力」が挙げられています。

就職希望者は、この最も気を使う面接において、いかにコミュニケーション能力が優れているかを面接官にアピールする必要があると言えます。

コミュニケーション能力に自信のある人は多いかと思いますが、大半の人はそれが評価されずに撃沈しています。

なぜ、そのようなことが起きるのでしょうか?

 

明るく社交的だけでは不十分?他者を満足させるコミュニケーションを意識しよう

転職 面接官

まず、コミュニケーション能力がある人と言えば、どのような人間像をイメージするでしょうか。

一般的には、ハキハキとした発言と笑顔で、明朗活発な性格で、誰とでも変わらず友好的に関わる事ができる、といった人を想像すると思います。

交友関係が広く、会話を切らす事なく他者とコミュニケーションできる能力は、自分自身にとって大きなメリットになります。

そのため、面接においては接客業のアルバイトやクラブ・サークル活動において、多くの人と関わってきた事をアピールする人は多いでしょう。

ただ、ビジネスマンとして共に仕事をする仲間を選ぶ面接においては、明るく社交的である事だけでコミュニケーション能力があるとは到底言えません。

もちろん、プラスポイントではありますが、お客様や取引先、従業員などの多岐に渡る人と接するビジネスにおいては、いくら明るく社交的でも相手と意思疎通ができなければ成り立たないのです。

ビジネスで求められるコミュニケーション能力は、相手のペースに同調し、他者の意図を汲み取れるスキルと言えます。

「この人にまた合いたい」と思ってもらえるような気遣いや心配りができるかどうかが鍵です。

 

企業が必要とするコミュニケーション能力とは

グッド転職

コミュニケーション能力を備えているアピールをするためには、面接でどうするべきなのでしょうか。

一番のポイントとしては、面接官の質問に対して自分の意見がすぐに分かるよう答える事が大切です。

なるべく結論から簡潔明瞭に答え、補足や理由を述べる際は論理立てて説明するべきでしょう。

また、面接官の声の大きさや会話ペースに合わせる事で親近感を与える事もできます。

会話や物事を組み立てて考え、相手に合わせた対応をする事で、頭を使ったコミュニケーションをしているとアピールしましょう。

コミュニケーション能力のスキルは奥深いもので、話す・聞く・非言語コミュニケーションなど、更に細分化できます。

その中でビジネスにおいてのコミュニケーションは、結果的に相手を良い気分にさせる事が重要になります。

そうすると、笑顔で威圧しないようにはっきりと会話する事は最低限必要でしょう。

その上で、頭を使った話の組み立てや対応ができる人材が、企業が必要とする「コミュニケーション能力」なのです。

 

まとめ

明るく、社交的なだけではアドバンテージにはなりません。

企業が評価する「コミュニケーション能力」は、論理的かつ相手を惹きつける要素なども求められます。

素のコミュニケーション力だけに頼ってると、思った以上に苦労するでしょう。

ビジネスの現場で必要とされるコミュニケーション能力を今一度よく考え、適切なアプローチで面接に臨みましょう。

 

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら