大企業とベンチャー企業、就職するならどっち?後悔しない選択方法

現代社会に存在する多数の企業は、大まかに大企業とベンチャー企業に分類することができます。

大企業とベンチャー企業にはそれぞれ特徴があり、就職希望者は企業を選ぶ際の判断基準の一つとしているのではないでしょうか。

大企業には大きな会社なりのメリットがありますし、ベンチャー企業ではスピード感のあるエキサイティングな環境での仕事ができたりと、それぞれに特徴があります。

就職活動をするうえでよく比較される事項ですが、大企業とベンチャー企業、選ぶならどちらが良いのでしょうか。 

大企業で働くメリットは、圧倒的に充実した労働環境

大手企業への転職

大企業は、一番の利点として母体が大きく、企業自体の運営に信頼感がある事でしょう。

会社としての規模が大きいので、安定した給料、労働組合、充実した福利厚生などの労働環境が整っていることが多いです。

そして、ある程度ブランド力や認知度もあるケースが多いので、周囲からの評価も高くなるのも隠れたメリットと言えるでしょう。

大企業とは言え当然、残業や過酷な労働、厳しい規律なども存在します。しかし、競争の耐えない現代社会の中で、所属することに対しての安心感はあるといえます。 

その反面、大企業は従業員数が多く、出世するために多大な努力と期間が必要な傾向があります。

年功序列が根強く残ってるのも大企業によくある特徴で、短期間で出世を狙っている人には厳しい環境かもしれません。

また、採用基準も厳しく、有名大学出身の人であっても不採用になることが多く、入社するのは狭き門と言えます。

選ばれた人間が手にすることができる、充実した労働環境が大企業の特徴と言えるでしょう。 

ベンチャー企業の特徴は「スピード感」

仕事への情熱

ベンチャー企業は、独自の経営法や技術、製品を用いて急成長をしている企業の事であり、基本的には創業して間もない企業が対象となっています。

会社として成長段階であるため、大企業と比べて仕事の自由度が高い傾向があります。

社内の風通しも良く、企業に利が見込める場合には自分の望むように仕事ができる環境とも言えます。

会社への貢献度によっては若手でも重役のポジションに就けることも珍しくなく、この辺は大企業にはない大きなメリットと言えるでしょう。

その反面、会社自体が小さく運営に余裕がないことも多く、結果に対してシビアなことが多いでう。

また、大企業と比べて人数が少ないため、一人で多数の役割を担う事によって膨大な仕事量を任せられるケースもあります。

結果的に残業も慢性的になり、帰れない日々が続くなんてこともザラではありません。ワークライフバランスを気にする人は間違いなく続きません。

結果にこだわり、他者とストイックに勝負できる性格の人には向いていると言えるでしょう。 

後悔しない会社の選び方は、自分の性格と合致するメリットを考えること

自己分析

これまで、大企業とベンチャー企業で働くメリット、デメリットを挙げていきました。

ざっくりまとめると、大企業は地に足を付けてしっかり努力を重ねていくスタイルで、ベンチャー企業は自分から発信して仕事を見つけていくスタイルと言えます。

そのため、重要なのはそれぞれの社風と自分の性格が合致するかどうかです。

基本的に受身でプライベートも両立させたい人はベンチャー企業には向いてないですし、自分のやりたい事を自由にしたい人にとって大企業は息苦しく感じるでしょう。

待遇や労働環境も含めて、自分が何を優先し、どのように働きたいかという希望を叶えられる基準で選ぶべきなのです。

まとめ

現在は生涯学習時代であり、学生を卒業して社会人となっても常に学習が必要といえます。それは大企業でもベンチャー企業でも同じです。

もし自分自身が会社をある程度選べる立場であれば、大企業とベンチャー企業の特徴と自分自身の望むビジネスライフをすり合わせ、どちらが良いかを判断していくべきでしょう。 

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

新卒で「入社前とイメージが違う」のは当たり前。

学歴差別を乗り越えろ!Fラン大学生が内定を得るための就活サバイバル術

【新卒の就活】面接官がとりたくないと思う学生の特徴12個

内定が決まらない新卒就活生が、ハローワークを利用するメリットと注意点

学生時代に帰宅部だった人は就職に不利?その実態を調査してみた。

「学生時代に頑張ったこと」がなくても、就活でうまくアピールする方法はいくらでもあ...