「転職理由はキャリアアップ」に、面接官はもう聞きあきている。

キャリアアップを目的に転職を考えてる人は多いでしょう。その目的を実現するには「面接」という道を避けて通ることはできません。

しかし、志望動機をきかれた際に「キャリアアップ」とそのまま答えても、面接官にとっては聞き飽きてる回答です。

それだけでは面接をクリアするのは難しいでしょう。目的である「キャリアアップ」を実現するには、もう一歩踏み込んで考える必要があります。

では、キャリアアップが目的で転職する場合、面接官にどうアピールすべきなのでしょうか。

 

同じ業種であれば、今までの経験を絡めてつたえよう。

将来のキャリア像を整理する

これまでのと同じ業種の会社に転職する場合は、今まで経験してきたスキルや能力をそのまま活かす事ができます。

企業側としても、基本的な知識も備わっているので、即戦力としての活躍してほしいと考えるはずです。

そのため、面接官にキャリアアップだけをアピールしても、即戦力として期待されないでしょう。

そこで、自分が入社した際、企業にどう貢献できるかをビジョンとして示しましょう。

具体的にどの分野の質を向上させることができるのかを明確にし、即戦力として人手を埋めると同時に、企業へ与える「成長力」を追加すれば、キャリアアップを絡めて伝えられます。

 

異なる業種への転職を考えてるなら「独自の視点」をもて

man-597178_640

異なる業種へ転職する場合は、今まで経験してきたスキルや能力をそのまま活かせるわけではありません。

完全に戦力となるためには、多少の期間が必要になります。

企業側からすれば、新たな視点や能力を持ちこんで、多彩に活躍できる人材として期待している可能性もあります。

そのため、異業種へ転職する場合は、すぐに戦力となれる事と、そこから今までの経験をどのように応用して貢献するかを説明するようにしましょう。

自分が経験してきたスキルや能力を使用して、自分にしかできない「応用力」を追加で伝えるべきです。

 

キャリアアップをアピールするには『即戦力』+α?

人事が見るポイント

面接官は、転職者にすぐ戦力になってもらう事を期待するのは当然です。

そのため、面接でのアピールポイントが即戦力だけでは、面接官の想定範囲内なのです。

アピールする際は即戦力だけでなく、自分が入社する事で会社に与えるプラスアルファの部分をいかに伝えるかが重要です。

仕事の質を深めるか幅を広げるか、自分の経験を成長させるか応用させるか、応募する企業によって対応を変えていくといいでしょう。

このプラスアルファの充実こそが、他の転職希望者と比べて一つ抜け出す事になるのです。 

 

面接官も真剣にあなたを見ている

転職 エントリーシート

面接官は、採用活動をする際に数多くの人と会っています。その中で採用されるためには、突出した何かをアピールする必要があります。

当然、面接官も人なので相性に左右される部分も出てくるでしょう。

しかし、面接官に良い印象を与えるためには、想定を越えたアピールをする事が有効です。

そのためには、企業と自身のスキルに合わせた、「成長力」と「応用力」というようなプラスアルファのアピールをすべきでしょう。

それらの要素を兼ね備えてから初めて「キャリアアップ」が面接官に伝わります。

少し難しい話かもしれませんが、これまでの経験を棚卸ししていけば、自ずと見えてくるはずです。

 

まとめ

面接官相手に「キャリアップ」だけでは何も伝わりません。

転職理由としてキャリアアップを伝えるのでしたら、相応の理由が必要です。

納得できる理由と、将来会社に貢献できるイメージを相手に与えることで、キャリアップが結びつきます。

聞こえのいい言葉に惑わされず、その背景にある理由を見つめることで初めて面接官に伝わるものです。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら