転職でキャリアアップできる人の特徴は○○。明暗を分けるポイントはどこにあるのか

社会で活躍するビジネスマンのほとんどが、仕事でキャリアアップしてさらに良い収入を得たいと考えています。

たしかに最初に入社した企業に不満もなく、そのままスキルや能力を磨いて役職に就く事が理想的ではあるでしょう。

しかし、今は転職することが当たり前になりつつあり、一つの企業に留まらず会社を変えてキャリアアップする人が増えています。

では、転職でキャリアアップするためには何が必要なのでしょうか。

 

キャリアアップできる人の特徴

仕事でキャリアアップするという事は、収入が増えると同時に責任や仕事量も増えるという事です。

責任や仕事量が増えるという事は、企業からしても給料に見合った職務を任せる核の人材として期待されます。直接的に企業の利益にも関わるので、利益を生み出す能力も求められてくるでしょう。

転職する、しないに関わらず、その担う仕事に必要な能力・経験・スキルが全て備わって初めて、キャリアアップできるということです。

長年勤めたから、会社を変えたからといってキャリアップするというわけではありません。

 

将来のキャリア像を整理しよう

将来のキャリア像を整理する

キャリアアップするためには、何かでスキルアップする必要があります。

ただ自分自身がどのようにキャリアを積むかを考えなければ、方向性と努力を間違えてしまう可能性があるので注意が必要です。

今有る能力を極めるか、経験を活かして他の職種に繋げるかによって、選ぶ企業も行動もだいぶ変わってきます。

自分がどこの分野でどういうスキルを磨いて、どのようなキャリアを築いていくかをよく考え、整理する事が大切です。

まとまった時間をつくって整理することも重要ですが、日頃から自分がなりたいキャリア像を意識しなが業務を行うと、より良いキャリアを築けるかと思います。

 

自分を採用するメリットを具現化し、転職活動でアピールを!

企業内でのキャリアアップの場合は、上司や役職者等の決定権を持った人が直接自分の能力を見て判断します。

しかし、転職の場合は見ず知らずの面接官にアピールする必要があります。自分自身がどれだけ収入アップを望んでも、企業側が支払う給料に見合う人材と判断しなければ当然成立はしません。

キャリアアップを求める転職者は、希望の収入で採用するメリットがある事を企業側に売り込む必要がでてきます。

そのためには、自分の能力・経験・スキルを活かしてどのように企業に貢献し、どれだけ利益を生み出すかという自己PRの具現化が必要不可欠です。

自分の能力を数値化して説明できれば、他の求職者と一気に差がつき転職活動に拍車がかかるはずです。

 

まとめ

転職でキャリアアップを成功させる事は、収入や待遇の向上が期待できる半面、リスクもあります。

職場自体を変えるので、想像と違った働き方や評価制度が待ち受けている可能性があるということです。

応募企業の社風・規模・評価制度等をしっかりと確認し、自分のスキルや能力、そして将来像に合致するかを踏まえて準備する事こそが、希望のキャリアアップに最も近づけるでしょう。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら