転職でキャリアアップできる人の特徴は○○。明暗を分けるポイントはどこにあるのか

社会で活躍するビジネスマンのほとんどが、仕事でキャリアアップしてさらに良い収入を得たいと考えています。

たしかに最初に入社した企業に不満もなく、そのままスキルや能力を磨いて役職に就く事が理想的ではあるでしょう。

しかし、今は転職することが当たり前になりつつあり、一つの企業に留まらず会社を変えてキャリアアップする人が増えています。

では、転職でキャリアアップするためには何が必要なのでしょうか。

 

キャリアアップできる人の特徴

仕事でキャリアアップするという事は、収入が増えると同時に責任や仕事量も増えるという事です。

責任や仕事量が増えるという事は、企業からしても給料に見合った職務を任せる核の人材として期待されます。直接的に企業の利益にも関わるので、利益を生み出す能力も求められてくるでしょう。

転職する、しないに関わらず、その担う仕事に必要な能力・経験・スキルが全て備わって初めて、キャリアアップできるということです。

長年勤めたから、会社を変えたからといってキャリアップするというわけではありません。

 

将来のキャリア像を整理しよう

将来のキャリア像を整理する

キャリアアップするためには、何かでスキルアップする必要があります。

ただ自分自身がどのようにキャリアを積むかを考えなければ、方向性と努力を間違えてしまう可能性があるので注意が必要です。

今有る能力を極めるか、経験を活かして他の職種に繋げるかによって、選ぶ企業も行動もだいぶ変わってきます。

自分がどこの分野でどういうスキルを磨いて、どのようなキャリアを築いていくかをよく考え、整理する事が大切です。

まとまった時間をつくって整理することも重要ですが、日頃から自分がなりたいキャリア像を意識しなが業務を行うと、より良いキャリアを築けるかと思います。

 

自分を採用するメリットを具現化し、転職活動でアピールを!

企業内でのキャリアアップの場合は、上司や役職者等の決定権を持った人が直接自分の能力を見て判断します。

しかし、転職の場合は見ず知らずの面接官にアピールする必要があります。自分自身がどれだけ収入アップを望んでも、企業側が支払う給料に見合う人材と判断しなければ当然成立はしません。

キャリアアップを求める転職者は、希望の収入で採用するメリットがある事を企業側に売り込む必要がでてきます。

そのためには、自分の能力・経験・スキルを活かしてどのように企業に貢献し、どれだけ利益を生み出すかという自己PRの具現化が必要不可欠です。

自分の能力を数値化して説明できれば、他の求職者と一気に差がつき転職活動に拍車がかかるはずです。

 

まとめ

転職でキャリアアップを成功させる事は、収入や待遇の向上が期待できる半面、リスクもあります。

職場自体を変えるので、想像と違った働き方や評価制度が待ち受けている可能性があるということです。

応募企業の社風・規模・評価制度等をしっかりと確認し、自分のスキルや能力、そして将来像に合致するかを踏まえて準備する事こそが、希望のキャリアアップに最も近づけるでしょう。

 

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

転職資金には600万が必要?仕事を辞める前に残しておきたい貯金額と退職後にかかる...

フリーターが許されるのは何歳まで?正規雇用のタイムリミットと年代別対処法

ソルジャー採用されないために、就活で注意すべきポイントをシェアするよ!

資格なしだと転職に不利は本当か?企業が注目しているポイントとは

高学歴の人がワーキングプアになる理由とその後の転職方法

派遣社員から正社員になることを前提で入社する場合の注意点