職歴の多さはプラスかマイナスか?気になる転職回数とその実態

終身雇用制度が薄れ、現在は新卒の大学生でも3年以内で転職する時代と言われています。

同じ会社で一生定年まで働けば、自ずと年功序列でキャリアアップできるという保障はもはやありません。

この転職時代において、転職者が気になるのはその回数です。

転職回数が多い人は、採用側にとってプラスかマイナスか?判断基準はどこにあるのか。今回は採用と転職回数の関係についてお伝えします。

 

採用側はなぜ職歴の数を気にするのか。転職が想定させるマイナスポイント

転職で苦戦する中高年。

一般論として転職回数が多いという事は、つまり一つの職場に長く滞在できないということを意味します。

企業側にとって、これは大きなマイナスポイントです。

企業はお金と時間をかけて会社に利益を生み出す戦力となる人材を採用します。しかし、せっかく採用してもすぐに辞められると、損失を被ってしまいます。

そのため、転職回数が多いと企業側がマイナスな印象を受けてしまうのが一般的です。

 

 不利とは言い切れない?企業が求職者に求める事

man-597178_640

転職の場合、中途採用は新卒の大学生とは求められる基準が違います。

初めて社会に出る新卒とは違い、経験がある転職者は社会人としての基礎が出来ていると想定できます。

ある程度即戦力を計算できると同時に、多方面での豊かな経験で職場や組織に新たな視野を持たせることも期待できます。

つまり、企業側にとって必要となる多彩な経験やスキルを身に付けてきた人は、転職が多くてもプラスと扱い、アピールポイントにできるのです。

 

回数よりも重要!転職理由と志望動機の関連性

人事

人が転職する理由は様々ですが、重要なのは転職回数の多さより、その都度の転職理由と自分自身の明確な志望動機が関連しているかどうかであると思います。

職を変える際、ただ仕事が辛い、人間関係が嫌だ、というような目先の理由だけの人は、継続性や計画性の無さから企業の信頼を掴み取る事が難しくなります。

この時点で、転職はただのマイナスポイントでしかなくなります。

今までの職場の経験を基に、転職を通して自分が何をしたいのかという志望動機と転職理由を関連付けて説明できれば、企業側にプラスの印象を与える事ができます。

在職中に転職を考えた際も、転職理由と関連付けた志望動機を作る必要があります。期間や勉強が必要であれば、転職は我慢の時です。

 

最終的に重要なのは、転職回数を気にせず自身を持てるかどうか

人々が転職を考える際は、賃金や労働環境はもちろん、結婚や出産・住居の問題などのプライベートが関わる事も多いです。

ときには心身に異常が出るほど、転職せざるを得ない状況もあるでしょう。

企業側も一概には判断できないので、あまりにも酷い履歴書でなければ面接だけでも対応してくれる企業は増えているそうです。

そこで弱気にならず、今後の将来ベースで話せる転職理由と志望動機を用意できれば、転職回数が多くても企業の印象はプラスに働くケースも多いです。

抽象的なアドバイスに聞こえるかもしれませんが、採用側はなるべくポジティブな人間を雇いたいと考えてます。

職歴の数を引け目に感じてるネガティブな人間と、それでも弱気にならないポジィティブな人間。どちらを採用したいでしょうか?

すごく単純な発想かもしれませんが、意外と重要な部分でもあったりします。

最終的にはマインド面が、最も差が出てくるポイントと言えるでしょう。

 

 

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

年俸制の会社へ入る際の注意点。メリット、デメリットをまとめてみた。

仕事をすぐ辞めてしまった時の処方箋。職歴のキズをどう埋めるか?

転職したいけど、奥さんに反対される人必見!嫁ブロックを回避する方法

「こんなはずじゃなかった」とならないために。転職に失敗する人の特徴と原因

自分の強みがわからない人必見!強みを見つけるための4つの方法

転職するなら若いうち?経験を積んでから?転職のベストなタイミングとは