経歴に一貫性がない場合の立ち回り方。面接官を納得させるアピール法とは

さまざまな職業を経験し、色々な仕事をしてきて、気付いたら自分の経歴に一貫性がなかったという方は少なくないのではないでしょうか?

経歴に一貫性がないと、書類選考の段階で落とされてしまうことや、なんとか面接まで行けたとしても面接官から一貫性のなさを指摘されて落とされてしまうこともあります。

そんな時、どのように立ち回ればよいのか、面接官を納得させるアピール法はあるのかについて考えていきたいと思います。

一貫性がない事をマイナスに捉えないこと

悩む

これまでに経験してきた職種に一貫性がない場合、面接官にスキル不足や経験不足を疑われたり、自社でも同じように長く続かずに辞めてしまったりするのではないかと思われてしまいがちです。

ですが、ここで自分の経歴をマイナスに捉えないようにしましょう。

一貫性がないというのは、逆の見方をすれば多くの職種、業種についてきたということです。幅広い範囲で活躍することが可能であるというふうに、プラスに捉えることで一貫性のなさをカバーすることが出来ます。

あとは転職活動において、それをどう見せるかだけの問題なので、あまり深刻に考えすぎないようにしましょう。

一貫性がない経歴をどうアピールするか

考えるビジネスマン

一貫性のない経歴の場合、特に工夫して伝えることが必要になります。たとえば書類選考の段階で落ちてしまう場合だと、職務経歴書を工夫する必要があります。

転職を繰り返して経歴が多い場合、全てを記載するのではなく、中でも自分の売りになる職務に焦点を当てて記載することがポイントです。

情報量の多い職務経歴書は、それだけで最初から敬遠されてしまうことがあります。

ですので、これまでに勤めてきた職務をすべて箇条書きで記載するのではなく、希望する仕事につながるような、アピールできる職務をピックアップして、そこを強調して書くようにしましょう。

また、就いてきた職種がバラバラだった場合、時系列や会社単位で職務経歴書を作成しないようにしましょう。

採用担当者が知りたいのは、これまでの経験を通して、どのようなスキルを得たのか、自分の強みはなんなのか、会社に対してどのように貢献してくれるか、といったことです。

それをしっかり見てもらえるように、業務内容や職務内容ごとに経歴書を作成するようにしましょう。

経歴に一貫性がなくとも、アピールポイントは必ずある

グッド転職

転職をするときは、応募した企業へ就職したい、そこで活躍してみせるといった強い熱意が大切になります。

さらに、一つでもいいので、何か自分を売り出すためのキャリアを探してみましょう。テクニカルスキルを持っていなくても、ヒューマンスキルも十分立派な能力としてアピールすることが出来ます。

自分には人に誇れるようなアピールポイントはないと思っている人にも、どこかに必ずアピールポイントが存在しています。

ですので、まずは「自分ができること」を探す必要があります。紙に自分のできることを書き出して、アピール材料になりそうなものをピックアップしてみましょう。

例えば「淡々と業務をこなすことが出来る」という人であれば、「コツコツと正確な仕事ができる」というふうに言い換えることが出来ます。

自分にとっては当たり前であることも、他人から見れば当たり前ではない場合が多いのです。

とは言え、これまでのキャリアがバラバラの場合、どうアピールすべきか判断材料に悩むと思います。そんな時は転職エージェントに登録してキャリアコンサルタントに相談することをオススメします。

転職エージェントはピンからキリまであるので、どれがいいのかわからないかもしれません。現時点で転職エージェントに登録していないのであれば、DODAがオススメです。

転職業界の中でもDODAは最大手ですので、担当するキャリアコンサルタントのノウハウやスキルもその分長けてます。一人で悩むよりかは間違いなく近道になるので、まずは軽い気持ちで相談してみましょう。

>>DODAの詳細を確認する

まとめ

応募する職種に合わせて自分の能力や経験をアピールするのは大事なことです。

ですが、無理やりこじつけてしまうと逆効果になってしまいます。

また、今まで自分が経験してきたすべての職務経歴をアピールしてしまうと、アピールポイントがなんなのか焦点が合わなくなってしまうのです。

そうなってしまわないように、就きたい職種に合わせて自分の売り出せる職務を選んでアピールするようにしましょう。

たとえ経歴に一貫性がなくても、熱意を伝えて応募した企業で活かせる経歴をピックアップし、今後のビジョンを面接官に示し伝えることで、一貫性があると評価されることもあるのです。

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

失業保険を受給しながら転職活動をする方法とコツ

難易度はベリーハード?10回以上転職を繰り返してる人が内定を得るために必要なこと

転職活動において「スキル不足」という問題をどうクリアするか?

ハローワークと転職サイトどっちで探す?それぞれのメッリト、デメリットをまとめてみ...

未経験の仕事へ転職する前に確認しておくべきこと

仕事をクビになった!一刻も早く転職するために必要なこと