ブランク期間が長くて書類選考に通らないって奴、ちょっとこい

転職活動が計画通りに進まず、ブランク期間がどんどんと長くなるにつれ、このまま採用してくれる企業はあるのだろうかと不安になる人も多いことでしょう。

中には、やむを得ず離職してブランクが空いてしまったという人もいると思います。転職活動ではブランクが長くなると、どうしても書類選考の段階で不利になりがちです。

ブランク期間が長い場合、どうすれば書類選考を通過することができるのでしょうか?

 

採用担当者がブランクがある人を雇いたがらない理由

面接官

採用担当者の声を聞いてみると、確かにブランクがある人材を雇うのはリスクを考えざるを得ない、という声が大多数を占めています。しかし、そのほとんどは「理由にもよる」としています。

採用担当者にとってブランクがあることで不安に思うのは、おもに「待遇条件を選り好みしすぎていないか」、「長い間、現場から離れていることで仕事勘やスキルが鈍っていないか」という点です。

経験がある人も多いと思いますが、お盆休みや正月休みなどの長期休暇明けで仕事をすると、少し鈍っているように感じることがあります。

それと同様に、ブランクが長くなると、どうしても仕事勘は鈍るものです。専門職であれば単発で仕事を入れることで、そういったデメリットを無くすことができる職種もあるでしょうが、一般職では難しいでしょう。

だからといって、そこでウソを並べ立てるのは禁じ手です。例えそれで書類審査を通過したとしても面接の段階ですぐにボロが出ますから。

 

ブランクがあるなら、納得できる理由が説明できればOK

グッド転職

とは言え、ブランクがあるからといって卑屈になる必要はありまん。ブランクが空いてしまったのは、どうしようもない事実ですが、「なぜブランクがあるのか」が納得できる理由があれば問題ありません。

病気療養で活動することができなかった、介護などで時間を取ることができなかったなど、人によっては、やむを得ずブランクが空いてしまうケースもあります。

また、応募先の職種が専門性の高いものであるため、必要な資格を取るために勉強しながら転職活動をしている人もいるでしょう。

転職をするときは、履歴書とともに職務経歴書を提出する場合がほとんどです。ブランク期間中にどのような活動を行なっていたのかを職務経歴書に記載することで、不利を緩和することができます。

ブランクがあると、どうしても不安に思ってしまいます。しかし、正当な理由があるなら卑屈になることはありません。むしろ正直に書いたほうが後々有利にはたらきます。

転職マニュアルの中には「ウソでも資格取得のために勉強をしていたと書けば良い」と記載されているものがあると聞きますが、応募先に関係している資格ならばともかく、無関係な資格の勉強していましたと書いても無意味ですし、勉強していないならば、かえって自分を追い込むことになります。

表現さえ工夫すれば、ブランクがあることは必ずしも不利にはなりません。

ちなみに、書類選考の段階で不採用となるのは、読みにくい書類を提出している人がダントツでトップのようです。提出する書類は、読み手のことを考え、読みやすい工夫を心がけましょう。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら