【究極の選択?】ブラック企業の正社員とホワイト企業の派遣社員、働くならどっち?

ここ数年で派遣社員を雇用する企業が増加し、どこの企業でも派遣社員と正社員が一緒に働いているのは当たり前の光景になっています。

ブラック企業といわれる存在のせいで、派遣社員の増加に歯止めがかからないとする人もいますが、派遣社員でいるより、正社員として働きたいと考えている人も多くいるのは確かです。

そこで質問です。ブラック企業の正社員として働くのとホワイト企業の派遣社員として働く選択肢があった場合、あなたはどちらを選びますか?

 

正社員と派遣社員の待遇はどう違うのか?

救済の道

今さら説明するまでもないかもしれませんが、正社員と派遣社員の待遇の違いについて触れておきます。当然のことながら、正社員と派遣社員では待遇で大きな違いがあります。

最も顕著に現れるのはボーナスの面でしょう。同じ職場で働いていても派遣社員にボーナスが出ることはほとんどありません。

また社会保険の面でも、派遣社員の場合は保証されていることが少ないため、長く勤めている人ほど、派遣社員という待遇に不安を覚える人が多いようです。

しかし、同じ職場でも正社員としての責任と派遣社員としての責任が大きく違うものです。場合によっては派遣社員のままの方が良いということもあります。

 

ブラック企業の正社員の待遇はいいのか?

ブラック企業 社畜

ブラック企業と言われるところで働いている正社員の多くは、長時間に渡り拘束され、残業するのは当たり前、「サービス残業」の名のもとに残業代が支払われるケースが少ないこともあります。

その上、重大な責任を負わされ、失敗は許されないというプレッシャーが非常に強く働き、精神面での健康を害してしまう人も多くいます。

話題になりやすいのは、飲食チェーン店の管理職でしょうか。あらゆる飲食チェーン店では、無理な売上成績を達成するよう押しつけられるのが日常茶飯事です。

まともに休養を取ることができないままに長時間労働し、最後には過労死してしまう、というニュースもいつまで経ってもなくなりません。

また、残業代がほとんど出ないのもブラック企業によくある特徴で、労働時間に対しての給与が著しく低いなんてことはザラです。時給換算するとアルバイト以下・・・という人も多いのでは?

失業保険や年金の面で保証されていても、このようなニュースを聞く度に、「果たして正社員であることにメリットはあるのだろうか」と考えざるを得ません。

 

ホワイト企業の派遣社員の待遇は?

仕事への情熱

ブラック企業と言われる会社が存在する一方で、ホワイト企業と言われる企業も存在します。

福利厚生もしっかりと整え、無理な仕事をさせず、人材のマネジメントが上手な会社が「ホワイト企業」と言われることが多いようです。

そういった企業で働く場合、昇給やボーナスは無くても、残業した場合はしっかりと残業代が支払われ、シフト制であっても、それぞれの事情に応じたシフトを組んでくれることが多いようです。

給与の面で、ホワイト企業の正社員と派遣社員では大きく違いが出てきますが、ブラック企業の正社員と比較した場合、実はホワイト企業の派遣社員と大した差がないというケースも珍しくありません。

とは言え、派遣社員は将来的な不安を抱える要素が多く、年齢を重ねていくと狭き門となるのは確かです。

派遣社員に求められるのは、ある意味アルバイトと大きな違いが無いため、若い年齢層のほうが教育の面で歓迎されやすい傾向にあります。キャリアを積んだ派遣社員ならば、その限りでないこともありますが。

また、正社員に比べれば、自分のための時間を確保しやすいことも大きなメリットです。空いた時間で副業や趣味にあてることもできます。

これらの点を考えると、無理にブラック企業で正社員として働いていくよりは、派遣社員としてでもホワイト企業に勤めたほうが、健康面や報酬面でメリットが多いように思います。

現在、ブラック企業に勤め転職を考えるならば、ホワイト企業の派遣社員も選択肢に入れてはどうでしょうか。

 

まとめ

ホワイト企業とブラック企業、正社員と派遣社員では、待遇や条件など大きく違ってきます。

働き方が多様化している現在では、どの会社を選ぶのが正解かは、一概に言えないのも事実です。

自分がどうしたいか、どうなりたいかを明確にしたうえで後悔しない道を選択して下さい。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら