このワードには要注意!求人広告からも見極められるブラック企業の特徴

最近では「ブラック企業」という言葉も定着して、その存在が身近なものになってきました。

「有名なあの企業でさえも、実はブラック企業だった」なんてことも珍しくなく、ブラック企業の存在が普遍的なものになりつつあります。

 

それでも自ら進んでブラック企業に勤めたいと思う人はあまりいないでしょう。できることなら、避けたいと思うはずです。

しかし、ブラック企業は求人であの手この手を使って、会社をよく魅せて従業員を募集します。

何も考えずに入社したら、ブラック企業だった・・・と後悔するケースが後を絶ちません。

そうならない為に、今回はブラック企業の求人を見極めるためのコツをご紹介します。

 

求人からブラック企業を見極めるには

情報を集める

就職や転職時に色々な企業の求人を見ることになりますが、できればこの時点でブラック企業を見極め、選択肢から除けたいものです。

その為に、まずは以下のような点に注意しましょう。

全社員数に対し募集人数が多い

ブラック企業は離職率が自然と高くなります。

社員数に対して募集人数が相対的に多い会社は、人が足りていない、離職率が高いと推測できます。

ただし、優良企業でも事業拡大の為に大量募集をかけることがあるので、なぜこの人数が必要なのかを考えましょう。

年中募集している

募集人数と同じように、求人をかける頻度もブラック企業の見極め方のひとつになります。

常に求人を出しているということは、それだけ人がすぐに辞めてしまうことが推測されます。

 

ブラック企業が求人広告でよく使うワードを知っておこう。

ワーキングプア

ブラック企業が求人をかけるときに、求人を無理やり魅力的に見せるために使いがちな言い回しがあります。

以下のワードを見かけたら警戒しましょう。

「熱意」「やる気」「やりがい」「充実」

具体的な業務内容を書いても応募が来ないので、精神論やキャッチーで抽象的な言葉が強調されていることがよくあります。

「入社してすぐ活躍できる!」

一般的な会社では、新人を一人前するのには時間がかかるのが普通です。

入社してすぐ責任の重い仕事を任されるのは、離職率が高いためベテランが少なく、入社して日の浅い社員ばかりという可能性が高いので要注意です。

「残業なし」「ノルマなし」

本当に残業もノルマもない仕事はほんの一握りです。

単に正式の残業がない=サービス残業ということを意味することが多くあります。

きちんとした会社ならば、労働法の基準に則った残業があるはずです。

また、ノルマがない=限界まで働かされるということもありますので注意しましょう。

「実力主義」「能力主義」「成果主義」

時代に合った制度とは聞こえがいいですが、給料の歩合給の割合が大きく、実績を上げられなければ想像以上に低い給料になる可能性もあります。

「幹部候補募集」

会社の中枢に関わる仕事を、本当に新人に任せる会社がどれだけあるでしょうか?管理職には残業代がつきません。

名ばかりの管理職に祀り上げられ、仕事は平社員と全く同じ・・・なんてこともあります。

 

求人内容以外でチェックする項目

ブラック企業 求人 特徴

ブラック企業を見極めるためには、求人票の他にもチェックすべき事項がいくつかあります。

以下の点は可能な範囲で調べてチェックしましょう。

インターネットで企業名を検索する

火のないところに煙は立たないというように、企業名を検索して「ブラック」という単語やネガティブワードが出てくるのは、その企業がブラック企業である可能性が高いことを示しています。

また、転職の口コミサイトなどで評判が悪い場合も要注意です。

面接のステップが少なく、短期間で採用

書類選考後、面接1回で即採用などは、よほど小さな会社でない限りブラック企業である可能性があります。

1回だけでは、企業側を理解するのに不十分なことが多く、またこちらの人物像も伝えきれない=企業側の情報を多く与えるつもりがない、採用できるなら誰でもいいということになります。

つまり、単なる数集めの可能性のあるということです。

社員の平均年齢が若い、平均勤続年数の情報を開示しない

ブラック企業は、離職率が高いためベテランがおらず、平均年齢が若い傾向があります。

また、その高い離職率のため、平均勤続年数を開示しないことも多く見受けられます。

社長が表に出ない、社名を変更している

社長が面接に出てこない、そもそも名前も分からないというような場合は要注意です。

その社長が、過去に会社を倒産させた、自己破産した、罪を犯したなど、表に出てこられない理由がある可能性があるからです。

また、社名が何度も変更されている場合はかなり危険です。評判が悪くなると名前を変え、以前の悪名を誤魔化していることもあります。

深夜に会社の電気がついている

もし行ける範囲であれば、遅い時間に会社の様子を見に行ってみましょう。

毎日深夜まで電気がついているとすれば、激務であり、その時間まで残ることが常態化している可能性が高くなります。

 

まとめ

求人内容やインターネットの力を借りて、ある程度怪しい会社をシャットアウトしたら、最後は自分の目で見て判断しましょう。

やはり自分の目で確かめるのが一番です。

面接官や社員の雰囲気、対応の仕方、職場の様子を見て、少しでも違和感を感じたら、慎重に考えた方がいいかもしれませんね。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら