転職活動を行うのにベストな時期はいつ?

転職市場が活発になっているといっても、実は1年間の中にも、求人数や、企業の中途採用者の入社想定時期には波があります。

そこで今回は、その波にうまく乗って効率よく転職を成功させるために、転職活動に力を入れるべき時期についてまとめてみました。

1年を通して企業の中途採用活動が時期とは

年間を通じて見ると、企業の中途採用活動が最も活発な時期は3月と9月です。

これは多くの企業が、新年度開始である4月と、下期の開始である10月の中途社員の入社を見込んだ採用活動をしているからです。

その両期は、年度切り替えに伴う退職者や異動者の後任補充や、新規事業のスタートなどがあり、中途採用のニーズが高まります。

3月、9月に続いて採用活動が活発なのは6月ですね。

四半期開始となる7月の入社を前提とした採用活動に加えて、夏のボーナスをもらった後に転職活動を始める求職者の動きに合わせた採用活動をしていることも要因のひとつです。

また6月は、4月入社の新卒採用が落ち着く時期でもあるので、そのタイミングで中途採用を活発化させる企業もあります。

転職活動に適した時期は、入社時期を見越して逆算しよう

将来のキャリア像を整理する

転職活動の開始から内定、入社までは、平均して2~3カ月程度かかります。

企業の中途採用者の入社想定時期のピークである4月、10月入社を狙うならば、その2~3カ月前が転職活動の開始時期として最適であると言えます。

つまり、4月入社ならば1月か2月、10月入社ならば7月か8月といった感じで、入社時期から逆算して考えるのがオススメです。

例えば4月入社を想定した場合の、余裕を持った理想的なスケジュールはこんな感じになります。

  1. 1月初旬に情報収集開始、転職エージェントに登録
  2. 1月中旬に書類選考開始
  3. 2月初旬に面接開始
  4. 2月下旬までに内定受諾
  5. 退職希望日の1か月前までに現職への退職手続き開始
  6. 4月1日入社。

もちろん想定通りに採用スケジュールが進むとは限らないので、これはあくまで一例にすぎません。

ただしこれらの時期は、応募企業の選択肢が増えるのは好材料ですが、その半面転職活動を行う求職者も増える傾向にあるのも事実です。

当然ライバルも増えることになります。

ライバルとの競争が激しくなることを考えれば、必ずしも有利であるとは言えず、じっくり落ち着いて活動したい人はあえて活発な時期をはずすのも作戦のひとつとも言えます。

求人数は減少傾向になりますが、その分ライバルも減りますので上手くいけばブルーオーシャンを狙うことも可能です。

どっちがいいか悪いかと言うものでもありませんので、自分の状況や性分なども含めて総合的に考えてみてください。

まとめ

企業の中途採用が活発になる決まった時期は確かにありますが、転職に適した時期はひとりひとり違います。

希望する企業や職種の求人がその時期に必ずしもあるとは限らないので、採用が活発な時期の転職がベストというわけではありませんからね。

まずは余裕を持った時期に情報収集からはじめて、自分に必要な準備期間やタイミングを読み、希望入社日から逆算して自分にとってのベストな時期を見つけてみてください。

転職成功率の高い転職エージェントランキング【2017年度版】

DODA
最大手のDODAは求人数が多く、特に非公開求人の数は約12万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなってきます。

▶︎▶︎DODAの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら

関連記事

未経験からの転職は何歳までが限界か?転職のベストタイミングを考えてみた。

仕事とプライベートを両立させるために意識すべき会社の選び方

やっぱり入りたい大企業 中小企業からの逆転転職を決めるには

派遣社員と契約社員の違いは?それぞれのメリットとデメリットをまとめてみた。

今の会社でスキルが身につかないなら、転職を考える前に独学で学ぶべき理由

未経験の仕事へ転職する前に確認しておくべきこと