自分に合った仕事って何?と思ったときに考えるべきこと

就職活動中や転職活動中、今の仕事に惰性や疑問を感じたときなどに、「自分に合った仕事ってなんだろう?」「今の仕事は自分に合っているんだろうか?」と自問自答したことはないでしょうか?

今回は、そんな「自分に合った仕事」についてまとめてみました。

自分に合った仕事と何なのか。

考えるビジネスマン

そもそも「自分に合った仕事」とはなんでしょうか?

やりたいことを仕事にすること?自分のペースで進められる仕事?得たいスキルを得られる仕事?それとも自分の能力を活かして効率よく結果が出せる仕事でしょうか?

そう、「自分に合った仕事」には、決まった基準も定義もないものなのです。

100%満足いく、自分にぴったり合った不満のない仕事を見つけるのは至難の業です。実際に見つけられた人はかなり幸運と言えます。

現状に満足できるパーソナリティを持っているかどうかにも大きく左右されるでしょう。

物事のマイナス面にばかり目が行くタイプの人は、今どんな仕事をしていても、永遠に「他にもっと自分に合った仕事がある」と思えてしまうのです。

自分に合った仕事を見つけるために意識すべきこと

異業種の転職

それでもやはり仕事には向き不向きがあるのも事実です。

できるだけ自分が満足できる、理想的な仕事を見つけるためには、まずは自己分析をして自己理解を深めることは欠かせません。

自分のこれまでの判断基準や、得意なこと、苦手なこと、楽しいと思うこと、大事にしてきたことなど、自分の価値観を把握することが「自分に合った仕事」探しの第一歩です。

自分にとって仕事の満足度を左右するものが、やりがいなのか、報酬なのか、自己成長感なのかなどを知らずして、「自分に合った仕事」を見つけることはできません。

自分の価値観を知り、自分のものごとの優先順位を把握しましょう。

自分に合った仕事を見つけるには「目標」が欠かせない

自己分析

自己分析ができたら、次は目標をはっきりさせる必要があります。

5年後、10年後の理想像を考えてみて、目指すものが決まっていれば今選択すべきものが見えてくるはずです。

目標が決まったら、「自分に合った仕事」について考えてみましょう。

もしかしたら、今の仕事もよく考えれば思ったよりも「自分に合った仕事」なのかも知れません。意外と今の仕事が自分に合ってるというケースは多いものです。

自分のものごとの優先順位を知っていれば、今感じている不満が自分にとってそれがどれほど重要なことなのかが分かります。

今の仕事のメリットとデメリットを考えてみて、自分の目標と価値観と照らし合わせてみましょう。

メリットが大きいと思ったら今の職に留まればいいですし、デメリットが大きいと思ったら転職を考えるいい機会になります。

コツとしては頭の中で考えるだけでなく、神やノートなどに思いつくまま書き出してみることです。頭の中を掃き出す、いわゆるブレインダンプのことですね。

あとは転職のプロである転職エージェントや、自分のことをよく理解してくれている人に相談するのも重要になります。自分では気づけなかった適性に合った仕事が見つかる可能性が高まるからです。

自分に合った仕事を探すのは根気が必要となります。周囲の協力を得ながら地道に探していく必要があるでしょう。

まとめ

「自分に合った仕事」の答えは、自分の中にあるのです。

今の仕事が自分に合っているか分からなくなったり、仕事探しの基準が分からなくなったときは、一度立ち止まって自分の中の答えを探してみましょう。

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

転職で年収が下がる人の共通点をあげていく。

旦那がブラック企業に勤めてるときの対処法。転職するには奥さんの協力が不可欠...

未経験からの転職は何歳までが限界か?転職のベストタイミングを考えてみた。

アルバイトからの正社員登用は難しい?フリーターを脱したい人が選択すべき道とは

非正規から正社員になるのは難しい?ハードルの高い正規雇用の壁をどう突破するか

今の会社でスキルが身につかないなら、転職を考える前に独学で学ぶべき理由