適当に選ぶと損する?転職エージェントの正しい選び方と活用方法

転職を考えたときに活用する方法のひとつとして、求人サイトやハローワークの他に、転職エージェントに登録をすることも一般的になりました。

しかし一昔前に比べて転職エージェントの数もかなり増えています。

いざ登録をしようと思ってもどこに登録をすればいいか分からないのでは?

今回はご自身にとってベストな転職エージェントの選び方をお伝えします。

そもそも転職エージェントとは何なのか?

そもそも転職エージェントとは何かというと、厚生労働大臣から認可を受けた、職業斡旋を目的とした会社の事をいいます。

キャリアコンサルタントが面談にて聞き取りとアドバイスを行い、転職において様々な面でサポートをしてくれます。

  • 適性や希望に基づいた詳細な求人情報の提供
  • 履歴書や職務経歴書の書き方指導
  • 面接日時の調整
  • 面接指導や対策
  • 内定獲得時の採用条件、年収の交渉

などなど、一連の転職活動を無料でサポートしてくれる頼もしい存在です。

単独で転職活動する場合に比べても、優位に進められることも多いため、今では転職エージェントを活用して行うのが一般的になっています。

転職エージェントは総合型と特化型に大きく分けられる。

考えるビジネスマン

今や転職エージェントの数もかなり多くなっており、その中から自分に合ったエージェントを選ぶのは大変に思えるでしょう。

ですが、一見同じように見える転職エージェントでも、実はそれぞれ得意分野やフィールドが違い、大きく3つに分類されます。

大手総合型

大手総合型エージェントは規模も大きく、広い業界と業種を網羅している、転職界の「デパート」のような存在です。

その知名度や数多くの実績、求人を獲得してくる営業の数から言っても、求人数は断トツで多くなります。

キャリアコンサルタントの質も高く「転職のプロ」なので、迷ったらまずは大手総合型に登録をしておいて損はないでしょう。

専門領域特化型

専門領域特化型エージェントは、特定の業界や職種の転職を専門に支援する転職エージェントです。

総合型のコンサルタントが「ゼネラリスト」ならば、特化型のコンサルタントは「スペシャリスト」といえるでしょう。

「転職のプロ」というよりも、それぞれの「業界・職種のプロ」です。

狙っている分野がある程度決まっているのでしたら、その分野に特化したエージェントを活用すると効率よく活動できます。 

ターゲット特化型

ターゲット特化型エージェントは、得意とする登録者の範囲を絞って特化した転職エージェントです。

よくあるのは女性向け、第二新卒向け、エグゼクティブ向け、特定の地域向け等があります。

もちろんコンサルタントもそのターゲット向けの対応に特化しています。

特定の事情があったり、より親身になって相談に乗ってもらいたい場合、自分が当てはまる得意分野を持ったエージェントに登録してみましょう。

転職エージェントに登録するメリット、デメリット

メリット、デメリット

何事もそうであるように、転職エージェントを利用することにもメリットとデメリットがあります。

それぞれをまとめてみるとこんな感じでしょうか。

転職エージェントに登録するメリット

転職エージェントに登録するメリットは、だいたい以下の点が挙げられます。

  • 自分のキャリアや適性に関して、プロの客観的なアドバイスがもらえる
  • 効率的に転職活動を進めることができる
  • 求人情報誌や転職サイトには掲載されない非公開求人を多く扱っている
  • 選考企業の面接対策をしてもらう事で内定確度を高める事ができる

上記の通り、転職活動全般においてメリットを傍受できます。

転職エージェントに登録するのと、そうでないのに比べると雲泥の差が出るでしょう。

転職エージェントのデメリット

続いて少ないですが、転職エージェントを利用する際に発生するデメリットについても挙げていきます。

  • 担当コンサルタントの都合を押し付けられる可能性がある
  • 応募先企業はエージェントに成功報酬で大きな金額を支払うので、年齢や能力がほぼ同じライバルがいた場合、コスト面から負ける可能性がある

転職エージェントは基本的に成功報酬で動いてます。

なので、場合によってはキャリアコンサルタントの都合で求人を押し付けられることも稀にあります。

まぁ、転職エージェントも慈善事業でやってるわけではないので、この辺は仕方ないでしょう。

時には断固として断る姿勢も必要になります。

メリット、デメリットを踏まえて賢く活用するのがベスト

やはり自分だけでは知り得ない情報や知識を持ってますので、転職活動を有利に進められるのは大きな利点です。

しかし前述したとおり、エージェントも仕事で求職者の転職支援をやっています。

応募者に何としても内定をとってもらう為に、色々と押し付けがましくなってしまう側面も出てきます。

メリット、デメリットを踏まえ、どう転職エージェントを活用するかは自分次第と言えるでしょう。

転職エージェントは複数登録が基本!

将来のキャリア像を整理する

自分に合ったエージェントを上手に使うことによって、転職活動は驚くほど効率的になり、可能性も広がります。

また、一社だけでなく複数社のエージェントに面談を申し込み、自分らしい転職活動を進められるエージェントを見つけることも重要です。

まずは大手総合型の転職エージェントに登録し、自身の状況やステータスに応じて専門領域、ターゲット特化を使い分けるとベストです。

まとめ

今や転職エージェントの数もかなり増えてきましたが、ちょっとしたコツを知っておけば迷わずに利用できます。

上手く活用して転職活動をスムーズに進めて下さい。

それでは。

転職成功率の高い転職エージェントランキング【2017年度版】

DODA
最大手のDODAは求人数が多く、特に非公開求人の数は約12万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなってきます。

▶︎▶︎DODAの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら

関連記事

スカウトメールが届いても、あっさりと不採用になってしまうのは何故か?

転職エージェントの良い担当者の選び方とは?

転職の口コミサイト「キャリコネ」「転職会議」「VORKERS」の信憑性を徹底調査...

【転職業界の裏事情】転職エージェントが年収の低い人を相手にしたくない理由がせつな...

トラブルも有りえる?転職エージェントとのうまい付き合いかたとは

転職エージェントにブラック企業を紹介された!受けるべきか、断るべきか。