フリーターの末路はどうなる?悲惨な将来と年齢別の抜け出す方法を解説

「フリーター 末路」と検索される人が多いようです。

薄々気付いてると思いますがフリーター生活は気楽で時間的な自由もある反面、将来待ち受けているのは悲惨な結末です。

現実から目を背けず、今こそフリーターからの脱却を図りましょう。

今回は、本当に怖いフリーターの末路と、20代、30代別にフリーターからの脱却方法を解説します。

フリーターの恐ろしい末路は?現実を見よ!

まずはフリーターで居続けることのリスクを知っておきましょう。

フリーターという立場の恐ろしさはすぐにわかるものではなく、長年続けることでようやく気づくというケースが大半です。

気付いたらもう手遅れ・・・なんて事にならない為にもフリーターのリスクを把握しておきましょう。

ずっと正社員になれない

フリーター期間が長ければ長いほど、正社員になるのは難しくなります。

フリーター期間は経歴とみなされず、評価の対象にならないことが多いからです。

一刻も早くフリーターをやめないと、30代、40代を迎え、ますます正社員就職が厳しくなるでしょう。

アルバイトや派遣で働くのも難しくなってくる

フリーターが主に就いている接客業や重労働は若い人が有利ですから、将来的には10代、20代前半のアルバイトにとって代わられます。

20代後半になると職場での居心地も悪くなり、30代、40代には仕事自体がなくなってきます。

派遣も同様で、年齢が高いほど紹介を受けにくくなるでしょう。

いくらフリーターと言えども今の立場が今後も続くとは限らないというわけです。

親の年金でみじめな生活を送る

ろくにアルバイトに入ることもできず、派遣紹介も受けられない、困ったときに頼るのは親でしょう。

近年は、親の年金で生活している中高年フリーターの存在が深刻な社会問題となっていますよね。

年老いた親のわずかな年金を食いつぶし、親からの小言や周囲からの白い目に耐え続ける生活は相当辛いものですよ。

自分自身への嫌悪感を持つようになり、精神的にも荒んでいくでしょう。

貯金や自身の年金がなく生活が困窮する

普通に行けば親の方が先に亡くなるため、その頃には親の年金をあてにすることもできません。

不安定なフリーターと結婚したがる人は多くないため、結婚して配偶者を頼ることも難しいでしょう。

長期のフリーター生活で貯金もなく、厚生年金に加入できなかったどころか、国民年金滞納によって自身の年金もほとんどない可能性も充分にあります。

頼れるのは生活保護だけとなりますが、その頃に現在のような生活保護が受けられる保障はどこにもなく、路頭に迷ってしまう可能性もあります。

フリーターから抜け出すには今から行動することが何より重要

フリーターを続けることのリスクは先述した通りですが、フリーターから脱却するにはいち早く就職活動を始めるのが大切です。

就職は若いうちのほうが成功する確率が高いからです。

一般の転職と違ってフリーターですと、これまでのキャリアを活かしての就職は厳しいので、就職するタイミング(年齢)が最重要項目になるでしょう。

その為、年齢ごとに立ち回り方も少し変わってきます。

下記で年代別にフリーターから抜け出す方法を解説します。

フリーターから抜け出す方法(20代編)

アルバイト先での正社員雇用を目指す

現在のアルバイト先で正社員雇用を目指すことが1つです。

20代でアルバイトとしての貢献度が高い人材なら、新しい人を雇うよりも採用リスクが低くなるため、企業側にとってのメリットもあります。

アルバイト先の上司に正社員への意欲を伝え、正社員登用制度の有無などを確認しましょう。

必要なスキルを磨く

フリーターでしたらアルバイトをしながら資格の学校に通ったり、独学で学んだりして必要なスキルや知識を習得することもできます。

記憶力やモチベーション維持の点でまだ若い20代は有利でしょう。

ただし、やみくもに資格を取得するのではなく、「何の仕事に就きたいのか。」を明確にしてから、仕事に活かせるスキルを磨くことが大切です。

若年者向け就職支援サービスを利用する

20代なら、若年者向けの就職支援サービスを利用できます。

主に20代のフリーターや第二新卒を対象としたサービスで、社会人としての基礎を学びながら、求人紹介や応募対策などを受けることができます。

20代は就職知識が少なく、具体的な活動方法が分からない方も多いため、プロの手を借りることがもっとも効率的で成功確率も高い方法となります。

フリーターから抜け出す方法(30代編)

ビジネスマナーとスキルを磨く

30代はビジネスマナーや仕事上のスキルがなければ話になりません。

努力なくてはフリーターからの脱却は難しいと覚悟しておきましょう。

ビジネスマナーやスキルは、資格取得のほか、書籍やインターネットで学ぶこともできます。

30代の場合は、20代のような時間的猶予が一切ありませんので、就職活動と並行しておこなうことが必要となります。

転職エージェントを利用する

30代のフリーターが自己流で就職活動を行うのは自殺行為に等しいです。

一般の転職と違って30代のフリーターはかなり条件的にハンデがあります。

転職エージェントを利用し、プロのアドバイスやサポートを受けながら就活したほうが無難でしょう。

ただし、経歴によっては求人紹介が受けられない転職エージェントもありますので、1社だけでなく複数のエージェントに登録して見極める必要があります。

転職サイトでの自力応募も併用することで、応募の選択肢が増え、フリーター脱却に近づくでしょう。

「わかものハローワーク」を利用する

学校卒業以降一度も正社員になったことがない30代フリーターは、転職エージェントで求人紹介が受けらない可能性も出てきます。

その場合、「わかものハローワーク」を利用するのも手です

正社員雇用を目指す、おおむね45歳未満の若年者を対象としている公共サービスですから、実は30代でも利用できます。

通常のハローワークに比べ、書類作成アドバイスや面接対策などの個人支援がおこなわれるため、選考通過確率がアップするでしょう。

必要に応じて職業訓練の相談もできます。

自らも企業情報を収集すること

掲載料が無料であることから、ハローワークには資金力がなく労働環境も悪いブラック企業が存在すると言われています。

ただ、すべての企業がブラック企業というわけではなく、ハローワークにも優良企業はきちんと掲載されており、求職者自身の求人知識や見極め方の問題もあります。

ハローワークを利用する際は、自らがしっかりと企業情報や口コミなどを確認し、慎重な姿勢で応募することが求められるでしょう。

まとめ

フリーターの末路は悲惨ですが、今なら脱却できるチャンスが残っています。

転職市場は現在売り手有利になっており、フリーターに注目している企業もあるからです。

年齢によって適切な方法が異なりますので、早急に現状把握をおこない、具体的な活動を開始しましょう。

将来の自分を決めるのは今の行動です。

道を切り開けるのは自分自身だと心に留め、前向きに動きだしましょう。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

 
リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

ハタラクティブ
第二新卒、20代フリーターに特化した転職エージェント。サポート力に定評があり、正社員経験のない人でも多くの人が転職に成功してます。書類選考通過率90%内定率80%越えと圧倒的な実績を誇ります。未経験OKの求人が多い点も◎。厚生労働省の認定サービスですので安心して利用できます。

▶︎▶︎ハタラクティブの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら