ブラック企業に入ってしまいやすい人の特徴とその回避方法。

「ブラック企業」という言葉は、ネット上で誕生した言葉ですが、いまや社会問題化しています。

あるアンケートでは「自分の勤め先がブラック企業だと思うか」という質問に対し、3割近くの人が「ブラック企業だと思う」と考えており、20代から30代の年齢層になると4割近くが「自分の勤め先がブラック企業だ」と答えています。

せっかくの就職先ですから、誰しも良い条件で働きたいと思うのは当然ですし、転職を考えている人も多くいるでしょう。

そのときに再びブラック企業に入らないための方法を紹介していきます。

 

あせって転職しようとする人ほどブラック企業にハマってしまう

ブラック企業 社畜

ブラック企業につかまってしまう人には、ある傾向があります。「キャリアアップをしたい」、「勤め先が倒産してしまった」「はやく仕事を辞めたい」など、転職する理由はそれぞれあることでしょう。

とくに次の会社を決めぬまま退職した場合は、その後の生活をどうしていくのか、どうやって家族を養っていくのかなど多くの不安から余裕がなくなる傾向にあります。

「ここを逃したら次はないかも」と自分を追い込んでいき、冷静な判断ができなくなってしまうと、ブラック企業にハマってしまう可能性大です。

また、年収アップを求めすぎるがゆえに、求人にある「好待遇」を鵜呑みにしてしまい、ブラック企業に入ってしますケースもよくあるケースです。

いずれの場合も、一種の焦りの気持ちから生まれるものです。目先の生活も大切ですが「今後の生活を左右する」ということを肝に銘じて、冷静な判断をくだせるようにしたいところです。

 

ハローワークを過信すると、ブラック企業入り確定?

ワーキングプア

求職活動を行なうにあたり、ハローワークを思い浮かべる人も多くいるでしょう。自治体が求人情報を紹介している点から、ハローワークの求人を鵜呑みにしてしまう人が多くいます。

自治体にもよるでしょうが、ハローワークの求人情報を信じて面接に行ってみたら、ブラック企業でしたという話はよく聞かれます。

ハローワークでは、求人情報と実態が離れていることがあり、ハローワークの職員もそれを当然のこととして考えている場合があります。

好待遇だからといってすぐに飛びつくのは危険です。ハローワークで見つけた求人情報は、他の転職情報誌や転職サイトに載っていないかなどの確認をすることが大切です。

ブラック企業と言われるような会社では、ハローワークでのみ求人を行なっていることもく、頻繁に求人情報を掲載しているので目安になるでしょう。

 

求職条件に根拠があるのか考えよう。うまい話のは裏があると心得よ

年収の分かれ道

キャッチコピーじみた誘い文句や根拠の無い高給料をうたっている求人情報には要注意です。

いくら給料が高かろうとも、その根拠が見えてこないなら、長時間の残業を疑うべきですし、キャッチコピーじみた誘い文句は、職場環境をごまかしていることが多く見られます。

例えば「和気藹々としたアットホームな職場です」などと書かれている場合、社員の多くが身内であることが多く、その身内以外は冷遇しているケースもあります。

企業側としては言い換え表現を上手く使うことで人員を確保しようという狙いでしょう。そのため、こういったフレーズを使っている求人には、よくよく注意する必要があります。

 

ブラック企業にどうしても入社したくない人は、転職サイトを活用しよう。

UTWO

そして、ブラック企業に入社しない為の方法として、転職エージェントを活用するのも非常に有効な手段です。

株式会社UZUZが運営されているUTWO(ユーツー)は、実際に企業に足を運んで掲載判定をしている為、ブラック企業の求人を載せない転職サイトです。

普通の転職サイトでは、利益重視の為ブラック企業だろうとおかまい無しに求人を載せるところがほとんどです。その中でも「UTWO(ユーツー)」 は、求職者の目線に立って求人企業を選別してますので、安心して転職活動に励めます。

話しによると、掲載基準は高めのようで、求人で悪い評価を受けた企業も掲載はできないそうです。この基準が他の転職サイトでも当たり前になれば、市場もまた変わるのでしょうね。

また、キャリアカウンセラーのサポートにも自信があるのか、3社に1社は内定がもらえると自負しています。さすがに全員に当てはまるわけではないでしょうけど、それだけ徹底してサポート行なってる証でもあります。

とにかく、この先がとても期待できる転職サイトなので、登録しておいて損はないでしょう。

UTWO(ユーツー)

 

まとめ

自分の勤め先がブラック企業だと思いつつも、「今の会社を辞めると次が見つからないのでは」という不安や、膨大な仕事量に埋もれて転職活動の時間が取れないことも多いでしょう。

ブラック企業から抜け出すには、自身の強い意志が必要です。とくに精神的な余裕を作り出すために、一度思い切って休むのもひとつの手ではないでしょうか。

ブラック企業の求人は、心に余裕を持って見ればすぐに怪しい雰囲気に気づくことができます。そのためにも転職活動前には、心身を休めるのも有効です。

慌てず、余裕を持って。この心構えが、ブラック企業から身を守る手段になります。 

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら