転職回数の多さを「強み」に変え、転職を実現するために必要なこと

一般的に転職市場では、転職回数が多いと不利になるとされています。

これまでの転職回数はどうあがいても変えることはできませんから、これから転職をしようとする人にとって大きな負い目になってしまいますよね。

しかし、実は転職回数の多さを逆手にとって、逆に有利に働かせることも可能なのです。その方法について紹介していきます。

転職にプラスのイメージばかり持っていると、ムダに転職回数が増える

考えるビジネスマン

転職を行なう理由や事情は、人それぞれあることでしょう。そこで考えて頂きたいことがあります。「転職についてどのようなイメージを持っているか」ということです。

やむを得ず転職をすることになった場合を除くと、圧倒的に「現状よりも良くなる」というプラスイメージを持っている人が多くいます。

プラスのイメージを持つのが完全な間違いではありませんが、転職活動を行なう上では持ってはいけないイメージであるとも言うことができます。

事実、多くの場合転職してからの出発点は、前職よりも悪いことの方が普通だからです。このことは、採用者の視点に立って考えれば理解できます。

人事側にとって、採用は賭けであり、失敗した時の損失を抑えたいのが本音

前職がどうあれ、採用者と企業がマッチングするのかというのは、突き詰めて言えば「賭け」になります。その中でどのように損失をマネージメントするか。「採用したときのコストを下げておけば良い」という結論にすぐ至るはずです。

それなのに、なぜか求職者には「現状よりも良くなる」という勝手なプラスイメージが多いのです。転職で現状よりよくなるのは、転職先で評価されてからの話です。

評価されるまでの間は、他の人よりも成果を出し続けることが重要になります。そこで、前職とのキャリア、今の会社での功績などを判断されて待遇や給与に反映されて初めて「現状より良くなる」と言えるでしょう。

なので「転職したら必ず現状が良くなるわけではなく、マイナスになるケースも多い」ということを念頭に置いておきましょう。

転職回数を強みに変えるための基本スタンス

就活

転職活動を行なうときの心構えは理解してもらえたと思います。では転職回数の多さは強みになるのか、という点について話していきましょう。

今の企業風土では、転職回数が多いと不利になるのは確かな事実です。採用側としても「すぐに辞めるのではないか」という不安がつきまとうことになります。

人事部はコスト削減が厳しく監視される中で、最もコストがかかる人件費に係る部署ですから、シビアに評価していくことは当然のことでしょう。

では、転職回数の多さは、どのように強みに変えられるでしょうか。ポイントは大きく分けて以下の3つに分類されます。

  • 謙虚でいること
  • 嘘をつかないこと
  • 論理的であること

転職活動の面接で、必ず「なぜ転職したのか」について質問されます。このときに、論理的に嘘をつかずに説明して面接官を納得させることができれば、転職活動としては半分成功していると見てOKです。

最後に謙虚さを忘れないことです。キャリアはあっても、その会社では「新人と同じ扱い」ということを忘れずにいることが重要になります。

その点を忘れると、誇張表現が激しい自己アピールとなってしまいがちで、失敗のもとになりますし、運良く転職ができたとしても、同僚や先輩たちとコミュケーションが上手く取れずに長続きしません。

転職活動中に得たものを考えよう

転職回数が多いと「こらえ性がない」という意味で不利になりがちですが、前職を通して学んだことをPRできれば、恐れる必要はありません。

仕事に何を求めているのか、前職とは何が合わなかったのか、どのような事情で離職したのか、自分に至らなかった点はないか、などを細かく突き詰めて考えましょう。

自分がどのように成長しているのかを伝えることができると、非常に有利になります。転職回数が多いということは、それだけ多くの職場を見て経験している証でもありますので、見方を変えればプラス材料にもなるのです。

転職回数が多い分、視野が広がっていることなどを具体的かつ論理的に説明していくことが転職活動を成功させるために必要です。その上で、転職先にどのような貢献ができるのかをアピールしていくのがキーとなります。

次の項で具体的なアピールポイントについて述べていきます。

転職回数の多さも、見方を変えることで「強み」に変わる。

グッド転職

そもそも転職回数が多いと不利になるのは、人事側の先入観とも言えます。すぐに辞めてしまうのではないのかとか、キャリアに一貫性がないとか、その辺りを懸念されてることがほとんどです。

しかし逆を言ってしまえば、そんな懸念点を払拭するぐらいの「強み」があれば、企業としては採用する理由になります。まぁ当たり前の話かもしれませんが。

 では、転職回数の多さをどのようにしてアピールポイントへ繋げるのか。転職回数が多いということは、当然ながら複数の企業に勤めたということになります。

例えば、これまでの転職で複数の業界を跨っていた場合、複数の業界と取引をしてる企業でしたら重宝される可能性があります。

こんな感じで今までの転職経験と企業のニーズをマッチングさせるという考えが必要です。具体的な例としては以下のような感じです。

  • 数多くの上司とともに仕事をしてきた → 協調性があり、様々な上司や同僚と上手くコミュニケーションが取れる。
  • 若年、高齢者など対応してきた顧客属性が多い → 様々な顧客層が相手でも柔軟に対応ができる。
  • 大手企業とベンチャー企業の両方を経験してる → 企業の成長ステージに左右されない為適応力がある。
  • BtoB、BtoCとも経験がある → 新規事業を始める商社などが欲しがる。

と、このような感じで、転職回数の多さも見方を変えるだけで隠れたアピールポイントが見つかるものなのです。

一見、需要のなさそうな強みでも、探してみると意外と欲しがる企業があったりします。

転職回数がマイナスになるのなら、今までのキャリアで得てきた「総合力」で勝負するべきです。これまでの転職経験から、アピールできる材料を可能な限り挙げていきましょう。

転職回数が多いと特にですが、強みとなるポイントは多種多様になります。とってつけたような「強み」ですと、今までの経験と繋がらず、チグハグな印象を与えるのでNGです。

これまでの経験と照らし合わせ、自己分析を徹底的に行っていく必要があります。

重要なのは企業とのマッチング

転職エージェントとの交渉

強みとなるアピールポイントを見つけても、まだ安心はできません。その強みをアピールする企業の存在がなくては当然、内定なんて得られませんからね。

しかし、いくら自分の強みを見つけたと言っても、企業側からすると転職回数が多いことに変わりはないのです。普通に応募しただけでは、あなたの強みは伝わりづらく、書類選考の時点で弾かれてしまう可能性が高いでしょう。

闇雲に応募しても、強みを活かしての転職はかなり難しいと思います。なので、ここは素直に転職エージェントの力を借りちゃいましょう。

キャリアコンサルタントがあなたの強みを企業にアピールしてくれますので、自分から応募するよりも書類選考や面接を通過する確率が高まります。

また、自分では強みだと思っていないことでも、企業側からしたら立派なアピール材料になることも珍しくありません。転職回数を強みに変えて、少しでも有利に転職活動を進めすには、転職エージェントの活用は必須でしょう。

まとめ

転職回数が多いと弱気になってしまいがちですが、客観的に自分を省みて、得たもの、未熟だった部分などを分析して、それらを身につけ克服しているならば、それほど気にする必要はありません。

「すでに実践しているが、転職が上手くいっていない」というなら、それは貴方が悪いのではなく、マッチングする企業が見つからないだけ、という話です。

そのようなケースでは、素直に転職エージェントに頼り、焦らず気長に活動を続けていきましょう。転職回数の多さは必ずしも不利になるものではないのですから。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら