年俸制の会社へ入る際の注意点。メリット、デメリットをまとめてみた。

日本ではプロ野球選手などが年俸制の契約をしていますが、欧米の企業でも年俸制が一般的になりつつあります。

まだまだ日本のサラリーマンにはなじみの薄い制度ですが、そこにはどんなメリットとデメリットがあるのでしょう?また、注意点もご紹介します。

年俸制とは

給料

年俸制とは労使間で1年間の給与総額をあらかじめ設定して契約する制度です。ただ、一括で支払われるわけではなく「毎月1回以上の支払い」が労働基準法で定められています。

年俸を12分割して月に一度支給する、もしくは14分割して月々のほかに半期に一度支給するのが一般的です。つまり、年俸制は、年間に入ってくる給料額が契約で決まっているということです。

月給制との違い

12分割して支払われる点が月給制と違いに思われますが、それだけではありません。

たとえば賞与は、会社や個人の業績によって金額に差が出ますが、年俸制の場合は賞与自体が存在しないのでそういったことがありません。つまり、年俸制にボーナスがないことも、月給制との大きな違いです。

ただし、会社によっては一部ボーナスを支給してる会社もあるようなので、入社する前に確認することを勧めます。

年俸制のメリット

グッド転職

年俸制の説明を簡単にしました。続けて年俸制のメリットについてピックアップします。意外と知られてないのですが、年俸制ならではのメリットが結構あるのです。

1.計画が立てやすい

年俸制の一番のメリットは1年間に入ってくるお金が明確なことです。そのため、ローンや年金保険料、その他出費の計画が立てやすいです。

月給制の場合、毎月の給料に変動はなかったとしても、ボーナス面で大きく変動する可能性が高いので、その点は不安になりますよね。

2.給与額が保障されている

たとえばプロ野球選手を例に取ると、契約の方が先にあるので、仮に怪我をしてシーズンを棒に振ったとしても、年俸は満額払われます。

会社組織でも同様で、期待されただけの成果を残せなかったからといって、年俸から引かれることはなく満額きちんと支給されます。(ただし、翌年以降には響く可能性有)

3.企業側も計画が立てやすい

企業側にとって見ても年俸制は1年間に支払うべき金額が決まっているため、経営の青写真を描きやすいと言うメリットがあります。

経営の見通しが立てやすい為、月給制のように急な支給額減のリスクも低めです。結果的に従業員にとってもメリットになるというわけです。

4.月々の平均支給額が多め

月給制の賞与分が毎月均等に割り振られるので、月々にもらえる額が多くなることになります。なので、月々の生活も余裕を持って過ごすことができます。

年俸制のデメリット

辛い

年俸制にももちろんデメリットがあります。良くも悪くも振り幅が少ない為、その変動性のなさから生まれるデメリットが多いです。

具体的な内容は以下の通りです。

1.評価が上がっても基本的に収入は上がらない

期待された成績が残せない場合とは逆に、期待以上の成果を出しても、年俸制の場合はその分給与が上がることはなく、あらかじめ合意した金額しか支払われません。

プロ野球では出来高制を採用するケースが出てきていて、年俸のほかにクリアする基準を満たした場合は上乗せするような場合がありますが、サラリーの世界で出来高を採用してる会社はほんの一部です。

2.モチベーションの維持が困難

上記の評価面に通じる部分でもありますが、会社にとってエポック・メイキングな業績を残しても別に賞与が上がるわけではありません。

ガツガツ昇級を狙っている人にとっては、モチベーションを保つのが難しいでしょう。出世欲の強い人は年俸制の会社は避けたほうが無難だと思います。

3.給与が下がるリスク

月給制の場合は勤続年数に応じて給与が上がっていくところが多いですが、年俸制の場合は、期待された成績を残せなかった場合、年数を追うごとに給与が下がることがあります。

期待以上の仕事をしても給料が上がることは少ないですが、期待以下だった場合は給料が下がるというわけです。何だか腑に落ちないですよね。

4.各種手当てが遅れる

たとえば昇格したり、子供が生まれた場合などに払われる手当てなどが、月給制の場合は翌月から支払われるのに対し、年俸制の場合は翌年以降になってしまいます。

つまり、給料面で変動があっても、それが反映されるのが翌年以降になってしまうというわけです。この反映の遅さも年俸制の大きなデメリットと言えるでしょう。

年俸制の会社へ入る前に、これだけはチェックしておこう

将来のキャリア像を整理する

年俸制のメリット・デメリットを踏まえた上で年俸制を採用してる会社へ入社する場合、最低でも以下の項目は確認しておきましょう。基本的なことですが大事な事です。

1.ブラック企業でないか

年俸制の会社へ入る際の一番の注意点が、ブラック企業でないかの見極めです。特に1番ネックになるのが残業代です。

基本的に残業代は年俸とは別に発生する類のものです。しかし、企業によっては「みなし残業」として、残業を想定した上で給与に上乗せしているところが増えています。

残業が少なければその分得をするように思いますが、実際はその様なケースはほとんどないと言ってもよく、サービス残業を強いられることになりがちです。

入社前に残業の扱い方について確認しておくようにしましょう。

2.モチベーションを維持できそうか、もう一度確認しよう

例えばクリエイティビティがウリの業種の場合、いかに斬新なアイデアを出したり成果を残しても、反映されるのは翌年以降です。これではモチベーションの低下にもつながりかねません。

特に新進気鋭のベンチャーなどの場合は、会社の業績が一気に上がるケースがあるので、年俸制の場合、その反映となる賞与がないのは大きなデメリットとなります。

年俸制は良くも悪くも年間の給与がほぼ固定されます。そんな環境下で自分がベストを尽くせるのかは、重要な項目です。結果がすぐに反映されないと気が済まない人は、別の会社へ入社すること検討したほうがいいでしょう。

まとめ

年俸制のメリットとデメリットについてみてきましたが、成果主義同様、日本の企業ではまだまだ制度として未熟な段階と言えます。

企業側のメリットだけを押し付けられることのないように、被雇用者側もしっかり制度について勉強して、企業側と対等に話し合えるような成熟した社会になると良いですね。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら