トラブルも有りえる?転職エージェントとのうまい付き合いかたとは

現在、転職者が多い市場の中で、そのニーズを満たすために転職エージェント会社が充実してきています。

転職エージェントとは、求職者と企業を繋げる仲介人のような役割です。

そのため、本来であれば直接行うやりとりを、一人間を通して行うので、関わる人間が増えます。

しかも、双方が直接やりとりをするわけではないため、間接的な立場の就職エージェントが元になるトラブルもあります。

 

転職エージェントの利点とは?

分析

転職者が活動をする際、離職中でない限りはなかなか仕事と同時並行で進められないものです。

その忙しい転職希望者に代わって活動をするのが転職エージェントです。

転職者はあらかじめ希望条件を伝えておけば、その条件に合う企業をエージェントが選定して、しかも面接まで取り付けてもらえます。

また、身内以外の第三者目線で、冷静かつ適切なアドバイスがあり、自分の固定観念を外す事も期待できます。

自分で企業を探す手間が省けるので、在職中の転職者にとっては利点となるでしょう。

 

起こり得るトラブル? 転職エージェントも仕事でやっている

学歴差別

転職エージェントはもちろんビジネスであり、転職者と企業を結びつける事が仕事です。

転職者は希望の企業に採用され、企業は良い人材を採用することで、転職エージェントは企業から報酬を得る仕組みになっています。

つまり、本来は転職者と企業が同意して決定する採用活動の間に、営利目的を持った人間が入ってくるという事になります。

そのため、転職エージェント会社に利が出ると思えば、転職者の意向とは多少異なる企業でも提案するケースもあります。

もちろん、トラブルがあった際のペナルティーやリスクがあるため、むやみやたらに紹介をする訳ではありません。

しかし、転職エージェントも人間ですので、第三者の営利目的の意向が裏で働いてしまうと、思わぬトラブルが発生することもあるのです。

 

転職エージェントはどう使うのが正解?

グッド転職

先にも説明した通り、転職エージェントは求職者が採用されることで企業から報酬をいただくシステムになっています。

求職者はこの構図を理解した上で、自分が採用された事で転職エージェント側にも報酬を与えるつもりで有効活用するのがベストです。

「しっかり転職して報酬を与えるので、良い企業を探して私を売り込んでください」くらいのスタンスでいきましょう。

全てを任せず、自分の足りない部分を転職エージェントに補って支えてもらうかたちで進めるのが理想です。

お互いに良い結果となれば、トラブルどころか感謝の対象となるでしょう。自分から積極的に働きかけることが重要です。

 

まとめ

転職はその人の人生を左右する重大なアクションです。

そして、そこでビジネスを行う転職エージェント会社は、重い仕事と言えるでしょう。

人対人なので相性もありますが、転職エージェントを利用する際は、お互いの希望を叶えるためにエージェントと協力し、転職をというプロジェクトを達成するくらいの気持ちで利用していきましょう。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

 
リクルートエージェント
リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

就職Shop
同じくリクルートグループが運営している20代若手向けの転職エージェント。正社員未経験験でも多数の転職成功者を輩出しています。書類選考は一切ないため、初めて転職する人でも内定を得やすい点も◎。また若手向けでは珍しく営業職以外の求人も多く揃っています。営業職から別の職種へ転職したい人にもうってつけの転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎就職Shopの詳細はこちら

type転職エージェント
年収交渉力に長けた転職エージェント。転職で年収UPを目標にサポートしているため、転職後の年収UP率は70%を超えています。それぞれ業界ごとに担当が就くので、業界に精通したキャリアカウンセラーがあなたを年収UPに導きます。今の年収に不満がある人は相談してみましょう。

▶︎▶︎type転職エージェントの詳細はこちら