女性の転職は目的ごとに会社選びのポイントが異なる オススメの3パターンを紹介するよ。

女性が一生働くことも少しずつスタンダードになってきているとはいえ、まだまだ男性中心と言わざるを得ない日本の仕事環境。

女性管理職の比率は諸先進国に比べてまだ少ない状況です。

また女性にしか経験できない出産や、女性の負担が大きくなりがちな育児など、男性の転職とは気を付けるべきポイントが大きく異なります。

今回は複雑な女性の転職について考えてみましょう。 

女性の転職は、目的をハッキリさせることが重要

男性でも女性でも、転職活動の基本は同じです。ですが女性の場合は男性と違って、出産、育児、家庭などの事情が絡むことが多いです。

そのため、転職する目的をハッキリさせることが、キャリアにとっても家庭にとっても重要になってきます。

キャリアアップをしたいのか。

もっと自分に合った場所で、自分の才能を活かせる場所で働きたいのか。

出産・育児の為に、制度の整った会社に移りたいのか。

仕事と家庭、プライベートとのバランスを取るために働きやすい会社で働きたいのか。

目的によって会社選びの基準は大きく異なります。

まずは大まかでも構いませんから、転職する目的を決めるのが先決です。

目的別、会社選びの3パターン

 目的が決まったら、次はいよいよ会社選びに入ります。女性の転職は目的ごとに会社選びのポイントは大きく異なります。

今回は大まかにパターンを分け、それぞれのポイントを記していきます。

パターン1:キャリアアップを目指す

boss-454867_640

出産・育児は今のところ予定がなく、立身出世を目指す女性の場合、転職先を探すときにチェックすべき点は女性管理職の比率です。

男尊女卑まではいかずとも、女性の起用に積極的でない会社の場合、たとえ同じ能力を持っていたとしても男性の方が出世します。

事前に調べられればいいのですが、難しい場合は面接時に思い切って聞いてみたり、女性管理職に会いたいと申し出てみるのも手です。

パターン2:出産・育児がしやすい会社を選ぶ

 https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-YOU86_ninpusan-thumb-1000xauto-16106

出産・育児のしやすい会社を選ぶのに、まず確認するのは「制度が整っているか」です。

しかし、厚生労働省に定められた「制度」はどこの会社にもあります。チェックすべきはその制度の実績と、周囲の理解があるかどうかです。

制度の実績から考えると、成功例も多い大企業の方が一見良く見えますが、育休・産休明けに以前と同じ職場に戻れる保障はなく、育休明けの女性ばかりが集められたような部署に配属されることもあります。

面接時に制度のみを確認するのではなく、育休・産休後の女性がどんな仕事をしていて、周囲の理解がどれくらいあり、どんなサポートを受けているか等、具体的に聞くことが大切です。

実際に復帰後の女性に話を聞くことができたらベストです

パターン3:子供がいても出世を目指す

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-BL008-cyottomatteyo120140810-thumb-1000xauto-17688 最後は育児しながらキャリアも追い続けるパターンです。

この場合一番確認するべきなのはやはり、子供のいる女性管理職の人数です。

どうしても時間の制約を受けすい育児しながらの仕事で、どのような工夫や周囲の理解と協力がされてきて、どのような点が評価されるのか、実際に聞けたら当事者に聞くべきでしょう。

 いばらの道と思うかもしれませんが、ひと昔前にくらべ、ビジネスにおいて女性の注目度は格段に上がっています。

職種によっては、男性よりも女性の方が向いてる仕事もあります。その場合、必然的に女性の割合は増え、女性管理職も多くなる傾向にあります。

まずは職種からリサーチしてみるのも、一つの手です。

まとめ

男性に比べて配慮すべき点の多い女性の転職。妥協せず自分にとってベストだと思える会社で働くことが、自分と家族の未来の幸せを左右すると言っても過言ではありません。

転職は時間も体力も消耗しますが、人生の先輩や、ときには転職エージェントの力を借りて、納得のできる会社を見つけましょう。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら