3年未満の転職は不利?在職期間が短い場合の立ち回り方を知ろう!

在籍3年未満で転職する場合、転職で不利に働くのかが気になりますよね。

確かに、企業の人事担当者が求職者を見る目は厳しくなることも考えられます。

では、在籍期間が短い場合には転職自体が難しいのでしょうか?マイナスイメージを払拭する手段はないのでしょうか?

そこで今回は、3年未満での転職について、人事担当者の本音と転職活動中の立ち回り方を解説します。

人事の本音。3年未満の求職者をどう見ている?

3年未満での転職となると気になるのは「人事側の本音」でしょう。

ご想像のとおり、人事は在職3年未満の求職者に対して不安を抱えてるのは事実です。

主に人事が懸念してるのは以下の2点でしょう。

経験やスキル不足への不安

一般的に1つの仕事を理解して問題なくこなせるようになるには、3年が目安とされています。

3年くらい経ってようやく、日常業務や年次業務を覚え、考えられるトラブルにも対処できるようになってくるからです。

在籍期間が3年未満の場合、「この仕事をやってきました!」と言えるには、経験やスキルの点で懸念が残ります。

企業は即戦力を求めることが一般的ですので、これまでの経験を活かすことが基本になります。

しかし、在籍期間が短いことで本当に経験とまで言えるレベルのものなのかが不安になるのです。

すぐに辞めてしまうのではないかと懸念される。

3年未満は「短期間で辞めた」と捉えられることが多いため、忍耐力の点での不安もあります。

途中で仕事を投げ出す「逃げ癖」がついていないか、我慢ができず人間関係のトラブルが多い人ではないかなどが気になるでしょう。

企業が人を雇うときは、採用活動や教育においてコストがかかっています。

採用してもすぐに辞められてしまうことは損失にあたるため、「長く続けてくれる人かどうか。」が重要なのです。

最近では勤続年数の短さを許容する企業も増えている

新卒3年未満退職者数の多さが指摘される中、人事担当者も勤続年数の短さをある程度許容するようになってきました。

できるだけ先入観を抱かず、在籍期間よりも求職者のスキルや人間性を見極めようと意識しています。

3年未満での転職が有利に働くことはないものの、企業によってはマイナスにならないケースもあります。

大切なのは立ち回り方です。

短期間での転職について上手く説明ができれば、3年未満でも採用されることは決して不可能ではありません。

不安な気持ちは分かりますが、これからをどう変えていくかに目を向けていきましょう。

在職期間3年未満で転職する場合の立ち回り方

転職理由をしっかり伝える

人事担当者は、3年未満での転職を必ずしも否定的に捉えているわけではなく、なぜ転職したいと思ったのかを知りたがっています。

3年未満で辞めた理由を述べるだけでなく、「転職して何をしたいのか?」との目的意識が大切です。

避けるべきなのは、今後の方向性が決まっておらず、前職への不満や漠然とした転職理由を口にすることです。

やむを得ず短期間で退職することになった場合でも、3年未満での退職を通じて何を学んだのか、どう成長したのかをしっかりと伝えましょう。

謙虚な姿勢や成長性に期待され採用に繋がるケースが多いです。

「失敗もあったけれど、今度こそ仕事を頑張って続けたい!」との決意を伝えることが重要です。

在籍期間を気にする前に、「なぜ自分は転職するのか?」を明確にしておきましょう。

転職理由に前向きな要素が見られることでプラスのイメージを与えることができます。

キャリアの棚卸が重要

転職において大切なのは、求職者自身が持つスキルを徹底的に洗い出し、企業が求める人材にマッチしているとアピールすることです。

これは、3年未満での転職であっても同じことですし、人事担当者が不安に感じている状況下においては、より重要だと言えるでしょう。

キャリアの棚卸をおこない、自身の経験を踏まえて実際に何ができるのかを把握しておかなくてはなりません。

短期間での転職でも採用される人は、これまでの経験やスキルを明確にし、応募先でできることをアピールできた人です。

転職回数が多ければ、適応力やコミュニケーション能力をアピールすべき

在籍3年未満で退職するということは、転職回数が多い可能性も考えられます。

転職回数の多さは不利になることもありますが、さまざまな場所で適応してきたと具体的に説明すれば、人事担当者にプラスのイメージを与えることができます。

これまでの経験やスキルを自分の言葉で伝え、コミュニケーション能力の高さもアピールしましょう。

3年未満で転職するなら転職エージェントの活用は必須

在籍3年未満での転職活動は、応募書類や面接での伝え方をいかに工夫するかが大切です。

3年未満で辞めるという事実は変わらないため、何も対策しない状態ではやはり不利に働いてしまうでしょう。

転職理由やアピールを効果的におこなうためには、プロの手を借りるのが一番です。

自分1人で考えてしまうと、何をどう伝えればいいのか分からなかったり、人事担当者を納得させるアピールができなかったりするからです。

プロである転職エージェントを活用し、在籍3年未満でも内定獲得につながるようにアドバイスをもらうといいでしょう。

まとめ

在籍3年未満での転職は、経験不足や忍耐力への懸念など、人事担当者にマイナスの印象を与えることも多くあります。

転職成功の鍵は、転職理由を整理し、今後の方向性をしっかり伝えることですよ。

転職エージェントを利用する、アピール方法を工夫するなどして、マイナスイメージを払拭しましょう。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

 
リクルートエージェント
リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

就職Shop
同じくリクルートグループが運営している20代若手向けの転職エージェント。正社員未経験験でも多数の転職成功者を輩出しています。書類選考は一切ないため、初めて転職する人でも内定を得やすい点も◎。また若手向けでは珍しく営業職以外の求人も多く揃っています。営業職から別の職種へ転職したい人にもうってつけの転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎就職Shopの詳細はこちら

type転職エージェント
年収交渉力に長けた転職エージェント。転職で年収UPを目標にサポートしているため、転職後の年収UP率は70%を超えています。それぞれ業界ごとに担当が就くので、業界に精通したキャリアカウンセラーがあなたを年収UPに導きます。今の年収に不満がある人は相談してみましょう。

▶︎▶︎type転職エージェントの詳細はこちら